ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【共感マーケの落とし穴】春のカマスの美味しいレシピ

あのパクリにぶちカマス

カマスは、干物などで馴染み深い魚ですが、その料理法はだいたい決まっています。しかし、オーソドックスな料理法でも、ひと手間加えることで、味がぐっと上がるのです。

出典:釣り日和

えっへん。ヘタレな合格自慢コントに食傷気味のあなたのために。春らしい学習レシピの紹介です。

共感マーケの落とし穴【春のカマスの美味しいレシピ】

教えよう。支援サークル不人気の理由4点

  1. 中身がない
  2. 成長しない
  3. 共感しない
  4. コンテンツの質がふぞろい

3大支援サークルのブランド評価

  • タキプロ→役に立たない
  • バトン→やる気がない
  • のれん→やる気はあるのに勿体ない

診断士の評価は、合格するしないでなく、登録後の稼ぐ力で決まる。そこで、あんなヘタレにうっかり寄り添われないレシピもな。

時流はなぜ共感マーケ? それは「自分の価値感を大事にしたい」ためですが、その落とし穴にずっぽりハマッたのが支援サークルです。

❶試験の主役はYouTube

YouTube人気~視聴を勉強時間に算入OK
ほらっちチャンネル
きゃっしい様
ねとたす

YouTubeの試験ネタは、講義動画の延長線
TAC通学クラスでは、通信では学べない試験エピソードを講義のつかみで教えてくれる。その代表がほらっちチャンネルで、講義の延長だから学習時間に算入して良く、しかも工夫が凄い。(100字)

❷バトンされるサークル旧弊

のれんがバトンするブログ執筆マイルール

  1. 2週に一度の輪番制で横並び
  2. 先輩の口出し枠で日曜お休み
  3. 回遊性と称して自ら褒め合い
  4. 極彩色+強調表現キラキラ感
  5. ボクのノウハウはパクリ歓迎
  6. 合格者=お友達への批判厳禁
  7. 同友館様への悪口は内部検閲
  8. セミナー誘導して大はしゃぎ
  9. 決め台詞は読みアサリ!

回遊性と言えばきらびやかな熱帯魚、おいしそうなのは金型改めかーな様と舞い踊るタイやヒラメです。

❸満足より、共感と驚き

診断士1,000時間説は、TACが作った嘘八百

  1. 週にTAC講義2.5h×2+予復習=10h
  2. 問題演習をすると+10hで、週20hに
  3. 校舎+講師の通年稼働50週で計1,000h

そして受験技術のデジタルシフトが進むと、「1次」400+「2次」200hがスタンダードになり、学習効率の低いTAC生の合格実績はダダ下がりに。

天に唾する業界ネタに、驚きよりもハラハラします。

教えよう。試験ブログはマーケそのもの

単なるポエムや合格自慢は要らない子。組織的に計画された「きめ細かい対応」「共感や驚きがあるUX(ユーザー体験)」がマストです。

①等身大!をやたら強調し、②共感こそはできるが、③パクリばかりで驚きがないから支持はゼロ以下。それがのれんがハマったトラップです。

今日のまとめ

ほらっち先生、きゃっしい様、ねとたす。共感して支持されるYouTuberに共通するのは?

それは数ある指導実績と人格、または余程一部の出来る君。共感の対象はそのわかりやすさであって、今年受けると8割スベる等身大ではない。

やめときゃ良いのに自ら褒め合うのれん? そりゃ一度取り込めばケツの毛まで毟る、回遊性(読みアサリ)が狙いです。

時流が求める共感マーケは360度計算ずくに。①それにはのれんバトンが叫ぶ等身大=たまたま出会い頭ではなく、本当の地頭。②ブログ支持とは等身大=共感なる勘違いではなく、③きめ細かい対応や驚きがあってこそです。(100字)

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP