これまでのアナログをこれからのデジタルに。知識・スピード・当てはめ力を加速します。

文章で、クセと世代はまっる分かり【Slack活用~尋常でない展開の速さ】

デカ長、大変です!パクリの現行犯が現れましたっ。

使い古したテキストを、(中略)欲しいという人がいたので、見ず知らずのその方達にお譲りしました。(中略)そして「バトンを次に繋ぎます」との返信を貰いました。これが今日一番嬉しかった出来事です。

おぅ、今日は流行りの〇〇ポリスごっこか。しかし追い打ちかけてパクリ推奨とは、こりゃのれんのパクリは犯罪級な。

診断士特有の”受験生支援”は、支援団体の活動に限らず、色んな形で行われているんだなぁと感じました。使えると思ったものは、パクってパクりまくってカスタマイズして、良いとこ取りをして使って欲しいです。

こらこら。そりゃ古本の販売に著作権(頒布権)は及ばないとはいえ、仮にも診断士が組織的に仲介したら、受験産業の健全な発展を阻害するだろ?

そうだぞ。人生100年まともな社会人ライフを送りたきゃ、のれんのバトンは死んでもやめとけ。

ではサークル勢を狙い撃つには?

画像:東洋経済ONLINE

「2次」年齢別合格率をグラフにすると、なぜ加齢するほどダダ下がる?

そりゃ真の理由は、①年々頭がカタくなる ②高齢化するほどムキになって受け続ける。でも最近は③尋常でない展開の速さ、④説教臭いオジサン文を狙い撃ちまで加わった。

①受験技術が一巡すると採点基準が採用試験化するため、②牛でも猫を被って人並みの大人しい答案に寄せるのが、③当試験の受かり方に。その時ゆとり国語を押し出してたまたま受かると、のれんバトンの出来上がり。(100字)

文章で、クセと世代はまっる分かり【Slack活用~尋常でない展開の速さ】

いいか野郎共。採点係=あの45名のオトウサン達と仮定してみろ。日頃から学生の論述採点はお手のものだから、世代による国語のクセの違いなどまっる分かりな。

❶書く文章で、クセと世代はまる分かり

そして国語力向上にはtwitterが役立つ一方、採点係のオトウサンを近頃悩ませるのが、あの短文並列列挙のポエム化です。

教えよう。twitterの短文改行ポエムの書き方

コロナで自宅隔離されたゆとりには、twitterが唯一の自己表現の場、かつ情報源に。そして同じ寝言を繰り返します。

1日5回、平均1.5hはお友達になってくれるtwitterに慣れ親しむと、月1~2回のブログ当番も短文改行ポエムで書くのが当然に
そのうち「2次」筆記答案でも、短文改行で空白を残すゆとりが出てきて、採点係が腰を抜かすぞ。(100字)

だが驚け野郎共。新ふぞ14先輩のtwitter記事を、PCでなくスマホで読み直せ。おっそろしいほど伝わりやすいぞ。

そう。本当に240点ボーダーを争うライバルは、もはや長文おじさんポエム連合=のれんではなく、一見ゆとりな新ふぞ先輩
一目見てそこに気づくか否か。それがただの多年度ベテ⇔デジタルシフトの越えられない壁です。(100字)

❷ふっるいノウハウ3年遅れ~合格者様は要らない子

初挑戦組は別とし、試験サークルはもう要らない子。①スクール→合格→セミナーの順を踏むあのノウハウは平均で最新より3年遅く、②ふっるいノウハウを掴めば掴むほど、③そりゃ勿論8割ショボンにまっしぐらです。(100字)

❸試験の最新と先端~サイトは副でカンファが主

200%フォーラム参加で、ヒミツのコツやノウハウを知ろうとする期待は裏切られる。それは誰かが何かを教える「セミナー」と違い、合格者様レスの受験者同士で「これからの指針」を話し合うだけ。その代わり完全無料です。(100字)

2回3回試験にスベるからノウハウはふっるくて、ブログを読み漁るからゆとりポエム化。こりゃ採点係のしかめっ面が目に浮かびやがるな。

今日のまとめ

そうだよ。このクソ試験をさっさと卒業するコツは、世代をまたぐコミュニケーション=語彙を磨くこと
そこでブログともtwitterとも違うビジネスチャット=Slackへようこそ。短文長文織り交ぜた会話を通じて国語力を高めます。(100字)
Slackなんて大変そう? いえいえ、申込さえ済ませたら、最初は眺めているだけでOK
しかも本格再開時期は7月がベストなら、下手に慌てない方が結果は吉に。最初の設定も、わずか2ステップの入力だけです。

えっへん。昨夜時点でメンバーは34名に。まず50名、次に200名に届いたら、いよいよのれんバトン一掃を加速します。

①プロフィールの設定

【ボクシル】法人向けITサービスの比較・検索・資料請求サイト

Slackの使い方を初心者向けに解説します。氏名や表示名の変更やチャンネルの作成など、一からはじめる方でもわかるように説…

リンク先にいろいろありますが、必要なのはプロフィール(名前・メールアドレス・電話番号)だけ。もちろん最初のうちは記入省略で構いません。

②自己紹介&会員番号取得~議論に参加したくなったら

①氏名
②会員番号(自己紹介した方からの連番です)
③お住まいの都道府県
④自己紹介(80字程度)
※ROM専(コメントを読むだけ)の間は、自己紹介は不要です。

では続きはSlackで。努力するほどなぜ落ちるとクヨクヨする前に、①尋常でない速さで展開する最近の事例に対応するには、②まず文章のクセ+世代感を解消すること。③そこさえ越えれば合格期待値は右肩ダダ上がりです。(100字)

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>人物本位の採用面接試験への備え

人物本位の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテを狙い撃つべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「ムキになって勉強するほど受からせない」姿勢を明らかにしてきた採点側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP