合格体験記

【体験価値を体験】共感される体験記の書き方・使い方

ヒトの頭で「×分析」するなどAI全盛の時代はお門違いもイイトコで、そこを見透かし9,000人全員に開示スコアを送り付け、来年の採点基準を再び変えて高笑いするのが主催側。まずみんなでスコアを持ち寄り、今年待ち受ける罠の想定からスタートします。

どうせ来年また変わる開示スコアの「×分析」など、超絶EBA・ふぞ・どこかの間抜けにさせときゃ十分。それと全く違う異次元の大逃げは、2/1~募集開始です。

■■テンプレここまで■■

大量採用時代は体験記を名刺代わりに

①150hの「2次」スピード合格時代にかつての難関資格の名残はないけれど、②コミュ力や要領の上手下手が一目で分かる体験記は良い機会で、③好感共感される文章の書き方が身に着く。(100字)

生涯一度の体験記で、ボクと同じ立場の○○なあなたのために!と騒ぐ間抜けはサークル送り。体験記の役目がどう変わったか教えてやんよ。

この順で書くと業界標準~上手な書き方・使い方

大量採用時代=診断士はもう「難関国家資格」ではない。読み手のニーズはお涙頂戴の苦労談より、いかにスピード&要領良くこの2割ガチャを駆け抜けるかに。

  • 診断士に挑戦した理由・きっかけ
  • 学習開始時の知識・保有資格、得意科目・不得意科目、「1次」スコア
  • 学習スタイルとそのメリット・デメリット
  • 2次合格までの受験回数、学習時間とその作り方
  • 2次合格までの学習法
  • 私の思う当落分岐点 ~試験合格への転機を感じた、あの瞬間~
  • 学習時・試験当日のエピソード
  • これから合格を目指す方へのアドバイス

我が合格体験記には、なぜ業界標準テンプレが存在? そりゃあの100字マス目と同様、同じ条件で見比べると上手下手が一目でわかるため。

オイラは何者?を伝えるヘッダー部
①読み手の最初の興味はコイツ誰?なので、②診断士受験を決めた理由→その時の保有スキル→ド苦学~通学までのチョイスを示し、③ここでは自分を盛ることなく端的に事実を述べる。(100字)
読み手の興味を惹いたら【コンテンツ】
①動画ネタが溢れる時代は長時間学習を不要とし、②時流が求める短期間でスコアを上げる具体的学習手順を示し、③今最大の関心はそのままでは8割落ちる勘違いにいつ気付いたか。(100字)
好感を得るのは掴み、共感を得るには終末効果
①隣と同じ答案に揃えることで受かる試験は没個性になり、②試験の受かり方は猫でも知るので意味がなく、③最後のエピソード~試験へのアドバイスの書き方次第で共感へ。(100字)

世のあらゆることが「好感・共感」で決まる時代は、国語の力が勝負を左右。合格体験記=登録後のフェアな競争の第一歩と気づけば当確ラインです。

今日のまとめ

ちな、試験当落=クジの時代は「不合格体験記」などゴミ以下。悪い方向に記憶を強化するから、間違ってもそんなの書くなよ?

Q
世の中全てがモノ→コトへ。これからの体験記の重点は、そのままでは8割落ちる勘違いにいつ気付いたかに。
A

全てが好感共感の時代に、何この上から目線なガイドライン? それはイマの体験記=マイ自慢をする場所でなく、登録後の競争のスタートラインだからです。

■■ここからテンプレ■■
1,600人の「大採用時代」がいよいよ幕開けへ。欠陥SNSの超絶騒ぎやふぞろい勢とは一線を画して距離を置く、【受験2年目の教科書】シリーズを動画&サイトで連載します。
「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。

-合格体験記

PAGE TOP