この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【合格前からの口述対策(後)】診断士の世界へようこそ~タテが少ないヨコ社会

タテも要るけど、ヨコでつながる。

画像:Bizコンパス

○○政策研究会、××の学校に試験サークルの口述セミナー。ヒヨコに人気の新歓コンパで、まさか試験の話題などしていちゃ周回遅れです。

診断士合格は目的でもゴールでもない、ましてスタートラインですらない。

昨年のたまたま合格先輩にこう説教されて、「うは、こいつらメンド臭っ」。違うよ。試験サークルの人気の理由は同期の対等なヨコのつながりであり、たまたま先輩とのタテ関係なんてクソくらえ。

使えそうな先輩を「1人選び」、尻尾を掴んで離さない。すると最小限のタテ関係で、診断士資格をそれこそ縦横無尽にフル活用。それがこのクソ面白くない国語の試験を「我慢して受かってあげた」メリットです。

そうか、診断士を「確実に受かる」⇔「たまたま受かる」では、スタート地点で彼我の差だな。

はい、だから「2次口述」を200%確実な手応えで通過することが重要です。では昨年取材した「口述試験のリアル」をどうぞ。

【合格前からの口述対策(後)】診断士の世界へようこそ~タテが少ないヨコ社会

昨年の12/17(日)、暖冬の今年からは想像もできないすっかり寒い時期に。口述試験を終えたばかりの最新診断士2名(AさんBさん)に、立教大学そばのカフェで試験直後の感想をお聞きしました。

①「2次口述」ではここが聞かれた座談会

はじめに

司会F:本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。また正式発表前ですが、この度の合格大変おめでとうございます。では自己紹介ををお願いします。
Aさん:私は~。
Bさん:私は~。
正式発表前のため、個人情報割愛。後日公開します。

F:口述試験は、無言でさえなければ全員合格と言われていますね。実際に聞かれた内容や、その回答はどうされましたか?

A:試験官は2人で、5問尋ねられました。4問が標準と聞いていたので、答え方がやや端的すぎたのかもしれません。

B:私も5問でした。「事例Ⅰ」と「Ⅲ」で4問を無難に終えた所で、試験官の1人が、「折角だからもう1問」と仰り、「事例Ⅱ」を急に聞かれたので、少し慌てました。

F:合否というより、「この方なら、これも聞いてみようかな」的な裁量が認められているのでしょうね。具体的な試問はどうでしたか?

A:「事例Ⅱ」から3問、「事例Ⅳ」から2問でした。総じて、事例の出題そのままで、答えやすい内容でした。

「事例Ⅱ」B社について
①B社の競合である大手スーパーの、強み・弱みを教えてください。
②B社の財産である「顧客データベース」をどう活用すると良いですか。
③建築業者と連携するときのターゲットや効果を挙げてください。
「事例Ⅳ」D社について
④D社の収益性が低い原因を教えてください。
⑤D社が子会社と連結決算をする時の、留意点を教えてください。

B:「事例Ⅰ」「Ⅲ」から各2問、そして最後に追加で「Ⅱ」を1つ聞かれました。Aさんのケースと違い、事例の設問そのままよりも、少し捻った変化球であった印象です。

「事例Ⅰ」A社について
①B社の前身であるX社の弱みを教えてください。
②B社が直販店を持たないことの「デメリット」を教えてください。
「事例Ⅲ」C社について
③製造業の現場で、求める人材を確保する施策を教えてください。
④CNC加工機械と関係するCAD・CAMについて説明してください。
「事例Ⅱ」B社について
⑤県庁所在地の百貨店の弱みから、B社の戦略を考えてください。
人により質問内容が異なる。だからここで差はつけない(落とさない)。

F:へぇ、ずいぶん質問内容が違いますね。大手受験校は口述試験の問題を集め、それを分析して翌年の試験対策に役立てるのですが、今年はずいぶん大変そうです。

A:試験官は、手元にあるA4二枚程度の紙を見ながら出題してくれました。あれが想定問答集なのかも知れません。

F:他に資料はありましたか? 「口述では不得意な事例が2つ聞かれる」という噂が昔からあり、すると受験生の個人データが手元にあるのでしょう。

A:さすがにそこまで覗くわけには(笑)。でも私の合格は「Ⅳ」高得点のお蔭と思っていますが、「Ⅳ」を聞かれました。

B:印象ですが、受験者1人につき一枚の紙が手元にあるのでは。中身はわかりませんが。

F:1人あたり10分で次々に受験者を捌く以上、口頭質疑中に採点や寸評を済ませるのでしょうね。「落とすための試験」でなく、何か別の狙いがあってやっている。そう捉えるのが自然でしょう。

②「事例Ⅰ~Ⅲ」の試験傾向が変化した?最新合格者の準備と実際

最新合格者の「2次」準備と結果。

F:「2次口述」は何を狙ってあの手間暇をかけるのか。その議論はまた別として、来年受験する方の関心が高い、「2次への準備と本番の対応」を教えてください。

A:個人的な事情があり、「2次」対策は9月上旬からやっと始めました。完全独学なので、TAC2次模試やふぞろいなど、一般的な「2次」対策を試すのですが、そこにある模範解答に違和感があり、少し悩みました。

F:それでどう対処したのですか?

A:受験参考書にある「2次」の一般的な勉強法や解き方をなぞるより、「1次」7科目の知識を適切に使えば勝てる。そちらに切り替えました。過去問は3年分しかできなかったのですが、過去問の傾向や出題形式だけに囚われない効果はあったようです。

出題傾向の変化としては、「字数の増加」の影響が大きいでしょう。わずか80分で、(それらしい)妥当な回答を書いて提出する。それには自分なりの「解答の型」が必要ですが、字数が増えると大変です。他の方はどうしているのでしょうね。

初学者でもできる事例の答え方

B:事例の回答で、「結論先出し」は欠かせないでしょう。採点者に冒頭の1文で「おや、コイツは分かっているな」「では続きも読んでやるか」。そう思ってもらうことが大切なはずです。

F:ネットで見かけたあるスクールの「事例Ⅰ」解説動画では、第5問の長文160字マス目に苦労した方が多いとの指摘がありました。必要なコトは書いたのにマス目が余る。そこに何かトラップがあった様です。

A:私は30~40字を1文で書くので、160字なら4~5センテンス必要と考えて回答を作る様にしました。

F:はい、そのやり方はだいぶ定着していますね。そうやって周囲の書き方が揃ってくるほど、より読みやすく、採点しやすい。市販の参考書でこの辺りの研究は進んでいます。ではBさんの「2次」対策はいかがでしたか?

独学か通学か。通学先を正しく選ぶと正しい形を学べる。

B:「2次」は一発合格ですが、「1次」は「情報」「法務」の難化年にあたり3回受けたので、「2次」対策も十分な時間を掛けました。

F:独学ですか?通学ですか?

B:「1次」は独学ですが、「2次」は2016年にTBC通学、2017年は独学です。過去問は10年分使って対策しました。試験が問う本質は変わりませんが、上位20%を振り分けるため、表面上の変化はあると思います。

F:「2次」で上位20%に入る条件や目安は何でしょうか?

B:私は模試の点数(TACやTBC)を目安にしました。模試の得点では、安定して上位1ケタは取っていますが、ここ最近の本試験はどうにでも書けてしまう「類推度」が上がっている印象です。

F:Aさんが指摘した「文字数の増加」と関係する。つまり特定の正解でなく、自由になんでも書けてしまうのでしょうか?

B:いえ、違います。試験委員が予め用意した題意に沿った回答は欠かせません。でも単なる与件の切り貼りコピペでなく、「足りない何かを自分で補う」。その類推力が点差になるような印象です。

③「2次」の傾向変化について

最新診断士2名が語る。「2次」ってどんな試験?

F:「2次」対策の最新情報ありがとうございます。この後、具体的な内容や現場対応の話に進みますが、ここで一旦「2次試験とは何か」「どう対応すべきか」のご意見をいただけますか?

A:「医者」の認定に近い。私はそう考えます。企業経営に対するアドバイスは様々な内容があって良い。ただし必要最低限の標準はクリア済。「2次」合格とは、そのお墨付きを中小企業庁に与えてもらえたと言うことですよね。

B:それに加え「適性検査」の意味があると思います。

A:具体的には、試験委員が「聞きたいコト」を正確に捉えられるか。ここが最初のポイントですね。ただ某所の「口述対策セミナー」に参加したのですが、案外的外れの回答をする方が多い。あれ、これで合格させるの?少し不安になりますね。

F:これは手厳しいですね。補足しますと、「2次」は筆記なので、既にビジネス経験が豊かな方を除けば、口頭試問の対応力は「合格後の実戦で磨く」もの。実際に合格した方を見ると、相談したり・されたりを通じ、メキメキ実力を上げる。ここはすぐ実感されると思います。

B:80分間では解けない量の試験ですね。もっと長文の資格試験を受けたことがあり、個人的にはこの程度の文章量は苦労しませんが、不慣れな方は大変でしょう。

80分では解けない試験。さらにその傾向は毎年変化。

F:「事例Ⅰ~Ⅲ」で問われる内容がクロスオーバーする傾向が強まり、類推が求められる上に、一見なんでも書けてしまう。この点はどう対応するのでしょうか。

A:受験指導にある「解答の一貫性」というのはアリと思います。ただそれもそうですが、7科目の「1次」知識を体系的に押さえておく。そうすれば2次「事例」の回答方向性がブレることはないでしょう。

F:おや、いよいよ話題が核心に向いてきました。さて今日のお二人の話を伺っていると、難化・変化する「2次」筆記を一回で合格する方には、「ある共通点」がある印象があります。では続きをどうぞ。

今日のまとめ

診断士試験は、なぜ技術が毎年イノベーション?

A:タテ型社会の旧弊がなく、緩やかなヨコの連携が広いから。

クッソ、昨年学んだ「戦略論」「組織論」の知識をこんな所でも使いやがって。でもでも、技術は毎年イノベーション。口述想定問答とは、セミナー参加特典で貰ってヒャッハーより、自分で作ってスラスラ回答する時代です。

それをネットで無償公開すると、続く【2019年合格目標】の方々の学習効率が向上し、試験がますますイノベーション。この試験、「あぁ、やはり今年で合格しておいて良かった」なのです。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP