ふぞろいが反面教師で、ノウハウ全面禁止。増枠時代の試験のミライを先取りします。

【先取り経済】「診断士のための経済学入門」活用ガイド

「経済学」を得意にしたい方に。

なんだ、「運営」の暗記なんてコツを掴めば簡単。そう感じ、早くも次の「経済」に焦点を当て始めた方に。今日から3日間は、「先取り経済」の話題です。

 

TAC三枝先生が、「経済学」入門書をご出版。そう聞いて早速入手した感想は。

TACスピテキを超え、「石川の経済」より手軽。

この本、「診断士のための」入門であって、「受験者のため」ではないんです。つまり、1次「経済学」本試験60点レベルをクリアした後、より使いこなす狙いなのですね。でもどっこい。

使い方次第では、来年「経済」を受験する方の強い味方に。

中小企業診断士のための経済学入門 ~活用ガイド

本来は現役診断士向け。でも「得意にしたい方」なら受験用にも。

まず前提ですが、この本、難しいです。もともと「診断士合格済」が前提なので。ところが受験指導の専門家が書いただけあって、試験対策にも役立ちます。

そこで試験対策上の重要性S~Bランクをつけました。
第2部 ミクロ経済学 第3部 マクロ経済学
S 第1章 市場価格の決定
A 第2章 市場価格の変化
S 第3章 余剰分析
A 第4章 規制の効果
A 第5章 課税の効果
A 第6章 自由貿易の効果
A 第7章 市場の失敗
A 第1章 GDPの決まり方
A 第2章 物価
☆ 第3章 マクロ経済学の全体像
S 第4章 財政政策
S 第5章 金融政策
B 第6章 成長政策
A 第7章 開放経済
A 第8章 ミクロ経済学の応用
受験中の方
→ミクロ7日+マクロ8日=計15日のドリルに使う。
現役診断士
→章末「コラム」を先に読み、知りたい所をつまみ食い。

最初にここを読む~P.10「経済学が嫌われるわけ」

当書を入手したら、最初に読むのはこのページ。

経済学が嫌われるわけ (P.10)
経済の動向は私たちの生活に直結するはずなのに、なぜ経済学は敬遠されてしまうのでしょうか。普通の人が経済学を学ぶ意義から考えてみましょう。

まず第一に~(略)。次に考えられるのは~(略)。経済学は文系の主要科目の1つですが、はっきりいって理系科目です。

へぇ、これはいいコト聞いたぞ。この試験は、

得意を伸ばすより、苦手を潰すと最速合格。

自分の思考は、文系⇔理系どっち寄り? はたまた両方使い分け? 次の表で簡易チェックを。

今日のまとめ

みんなが経済学を敬遠するのはわけがある。

そうか、では1次「経済学」を得意にするとどうなる?

うふふ、明日のミクロに、明後日のマクロ。スト合格者「の間だけ」に伝わる口コミとは、案外こんな所にもあるのかも。

ふぞを反面教師にノウハウ全面禁止
1,500人増枠時代が待ったなしです↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP