これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【経済:②目的語(統計グラフ)】グラフとマンガでマクロ経済

わが国の国債発行額は、どの位ヤバいのか?

わが国の国債発行額はヤバイ水準だったね。萌え絵入りのページで、ほっこり把握を。
画像:カードローンガールズ

例年なら心弾む新緑のGWも、今年は世界中でインドア派。そこで今週は、試験評論歴11年のクソベテが、GWの楽しいインドアの過ごし方を紹介します。

ただ家族がイライラする時に、自分だけニヤニヤするとキモッ。そこは注意が必要です。

かつて最難関だった「経済」も、H25(2013年)の得点調整を最後にすっかり易化
しかも診断士ならマストで押さえたいマクロ経済の動きを、グラフや時にマンガで教われる。GWが始まった、かるーい気持ちで一気にどうぞ。

グラフとマンガでマクロ経済【経済:②目的語(統計グラフ)】

例題①:H27第1問 GDP Cランク

 財務省の資料によれば、わが国の一般会計歳入(決算額)の構成は、税収、公債金収入、その他の収入という3つに区分されている。2013年度のわが国の歳入構成の説明として、最も適切なものはどれか。
×ア 公債金収入が全体の約8割を占めている。
×イ 公債金収入が全体の約2割5分を占めている。
×ウ 税収が全体の約7割を占めている。
○エ 税収と公債金収入はそれぞれ4割強で同程度を占めている。

そう。この問題の答えを知りたい時は、この萌え絵のマンガで一発です。

例題②:H30第2問 GDP Bランク

さっきは簡単過ぎたので、もう1つ例題な。

下図は、1995 年度以降の日本の総需要のうち、消費支出、投資支出、政府支出の変化(対前年度変化率)の推移を示している。図中のa〜cに該当するものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
正解と解説
×ア a:消費支出  b:政府支出  c:投資支出
×イ a:消費支出  b:投資支出  c:政府支出
×ウ a:政府支出  b:消費支出  c:投資支出
○エ a:投資支出  b:消費支出  c:政府支出

消費(C)・政府(G)・投資(I)の3つの支出を、今度は前年比で景気への反応度を見る良問。2008年のリーマンショックで翌年大きく落ち込むaが投資、膨らむcが政府。○エ一択です。

そう。こんな高校生でも解けるサービス問題を、一つ一つ納得して、診断士登録後に役立つ知識に。それが260点まとめのスタイルです。

1⃣GDP

H27第3問 GDP(定義) Cランク
国民経済計算の概念として、最も適切なものはどれか。
×ア 国内純生産=国内総生産+固定資本減耗
×イ 国内総生産=雇用者報酬+営業余剰・混合所得+生産・輸入品に課される税-補助金
○ウ 国内総生産=民間最終消費支出+政府最終消費支出+総固定資本形成+在庫品増加+財貨・サービスの純輸出
×エ 国民総所得=雇用者報酬+海外からの所得の純受取
H29第3問 GDP(定義) Dランク
国内総生産(GDP)に含まれるものとして、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a 株価の上昇
b 警察や消防などの公共サービスの提供
c 農家の自家消費
d 中古住宅の購入
ア aとb
イ aとc
ウ bとc
エ bとd
オ cとd
H30第5問 GDP(定義) Bランク
下記の財政に関わる支出の中で、GDP に含まれるものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×a 移転支出
〇b 公的資本形成
×c 財政投融資
〇d 政府最終消費支出
×ア aとc
×イ aとd
×ウ bとc
〇エ bとd
R1第3問 GDP(定義) Dランク
国民経済計算は、総需要をいくつかの項目に区分している。これらの項目を見ることによって、より詳細に総需要の状況を把握することができる。
国民経済計算における総需要に関わる恒等式として、最も適切なものはどれか。
×ア 公的需要=公的固定資本形成+公的在庫変動
×イ 国内需要=民間需要+公的需要+財貨・サービスの輸入
×ウ 総固定資本形成=民間住宅+民間企業設備
○エ 民間需要=民間最終消費支出+民間住宅+民間企業設備+民間在庫変動

支出面のGDPは、この後の「財市場」分析でY=C+I+G+EX-IMを散々やるので、暗記不要です。×a移転支出、×c財政投融資が含まれないのは、単におカネが動いただけでは、付加価値(GDP)にならないため。

H29第5問 GDP Cランク
需給ギャップ(GDPギャップ)は景気や物価の動向を把握するための有効な指標であり、マクロ経済政策の判断において重要な役割を果たしている。日本では、内閣府や日本銀行などがこれを推計し、公表している。
需給ギャップに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア オークンの法則によれば、需給ギャップがプラスのとき、雇用市場は過少雇用の状態にあると考えられる。
イ 需給ギャップのプラスが拡大しているとき、物価はディスインフレーションの状態にあると考えられる。
ウ 需給ギャップのマイナスが拡大しているとき、景気は後退していると考えられる。
エ 需給ギャップは、(潜在GDP+実際のGDP)/実際のGDPによって計算される。

GDPの定義は1マークは出したい。ここは暗記です。

2⃣国民経済計算

H28第1問 物価指数 Cランク
下図は、日本とアメリカの1990年以降の1人当たり実質GDPとGDPデフレーターの推移を示している。図中のa~dに該当する国の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア a:アメリカ b:日本 c:アメリカ d:日本
〇イ a:アメリカ b:日本 c:日本 d:アメリカ
×ウ a:日本 b:アメリカ c:アメリカ d:日本
×エ a:日本 b:アメリカ c:日本 d:アメリカ

GDPの成長率がアメリカ>日本なのは常識でわかるので、アイの二択に。GDPデフレータやインフレ率は、当問右図のグラフc(右下がり)でイメージすれば、公式の暗記が省けてオトク。

H28第5問 物価指数 Dランク
日本銀行は、2013年1月に「物価安定の目標」として消費者物価の前年比上昇率を2%と定めた。これは消費者物価指数(CPI)によって測られる。消費者物価指数に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×a 消費者物価指数は、家計に直接影響する物価の変動を的確にとらえるために、消費者が購入するすべての商品を対象として価格を調査している。
×b 消費者物価指数は、家計による消費支出を対象とするので、消費税などの間接税を含まない
○c 生鮮食品を除く総合指数による消費者物価指数は、「コアCPI」と呼ばれる。
○d 総務省が作成する消費者物価指数はラスパイレス方式である。
×ア aとb
×イ aとc
×ウ bとc
×エ bとd
○オ cとd

aの×すべての商品を落とせる以外は、bcdのどれにバツをつけるかの難問に。詳細はこちらでどうぞ。

H28第2問 景気動向指数 Aランク
  少子高齢化と経済のグローバル化が進む中で、わが国においても租税制度の体系的な見直しが進められている。下図は、1989年度以降のわが国の所得税、法人税、消費税の各税収額の推移を示したものであるが、税目名はa、b、cという形で伏せられている。これらa、b、cに関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
 
ア aは所得税であり、bは消費税である。
イ aは所得税であり、cは消費税である。
ウ aは法人税であり、bは消費税である。
エ aは法人税であり、cは所得税である。

中学社会科の中間テストレベルでも、c→消費税位はわかる。当試験では一般に「マクロ」が苦手になるため、1~2マークはこの手のサービス問題を出して、点をかさ上げします。

H29第6問 景気動向指数 Bランク
景気動向指数の個別系列は、先行系列、一致系列、遅行系列に分けられる。各系列の具体例の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
先行系列一致系列遅行系列
×ア消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)実質法人企業設備投資(全産業)法人税収入
×イ所定外労働時間指数(調査産業計)耐久消費財出荷指数営業利益(全産業)
×ウ中小企業売上げ見通しDI新規求人数(除学卒)新設住宅着工床面積
○エ東証株価指数有効求人倍率(除学卒)完全失業率

この手のクイズは、どこかで再出題の可能性が。余裕がある方はネットで調べて覚えます。

興味があればネットで調べりゃ大抵わかる。経験者の学び直しに最適な。

3⃣貨幣市場

H27第2問 貨幣供給 Cランク
下図は、日本銀行「資金循環統計」より、各年度末における各主体の資産・負債差額(資産から負債を差し引いた金額)をグラフにしたものである。a~cは、家計、一般政府、非金融法人企業のいずれかにあたる。家計と非金融法人企業にあたるものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
〇ア 家計:a  非金融法人企業:b
×イ 家計:a  非金融法人企業:c
×ウ 家計:b  非金融法人企業:a
×エ 家計:b  非金融法人企業:c

家計は貯蓄超過のイメージで、aを選べる。非金融法人企業がbcどちらかですが、この手の統計グラフは2008年リーマンショックの前後で必ず何かが起きているので、そこから判断すればOKです。

R1第1問 貨幣需要 Cランク
下図は、政府の債務残高(対GDP 比)の国際比較である。
図中のa~cに該当する国の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア a:アメリカ  b:イタリア  c:日本
×イ a:イタリア  b:日本    c:アメリカ
×ウ a:日本    b:アメリカ  c:イタリア
○エ a:日本    b:イタリア  c:アメリカ

財政破綻が囁かれたイタリアより、日本の債務残高比率は高い。ここも2008年のリーマンがカギ。2020年以降の動きも併せて予想しておきます。

診断士なら、政府の借金=国債発行の効果と裏付け位は知っとけ。

4⃣労働と失業

H29第1問 失業 Bランク
下図は、日本、アメリカ、EUの失業率の推移を示している。
 図中のa~cに該当する国・地域の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
〇ア a:EU b:アメリカ c:日本
×イ a:EU b:日本 c:アメリカ
×ウ a:アメリカ b:EU c:日本
×エ a:アメリカ b:日本 c:EU
×オ a:日本 b:アメリカ c:EU

日本の失業率は安定的に低い。2008年リーマンで悪化したけど、好景気に支えられ米国の失業率は安定的に回復に。でもこれ「経済学」の問題?

H30第1問 労働市場 Dランク
以下の2 つの図は、2000 年以降の日本経済について、左図は賃金と労働生産性の推移、右図は労働分配率と営業利益の推移を示している。図中のa〜dに該当するものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし、a、b、cは2000 年の水準を100 とした指数である。
abcd
×ア賃金労働生産性営業利益労働分配率
×イ賃金労働生産性労働分配率営業利益
○ウ労働生産性賃金営業利益労働分配率
×エ労働生産性賃金労働分配率営業利益

労働、失業、AD-ASは診断士に出すには難しく、この程度のグラフ問題の方がラッキーです。

環境激変の2020年は出題しにくい。今年に限り、この1マークは捨ててOK。

5⃣その他マクロ経済(為替・国際収支)

H28第3問 為替 Cランク
グローバルな環境にある日本経済は、為替レートの変動によって大きな影響を受ける。下図は、縦軸の上方(下方)ほど通貨の価値が高くなる(低くなる)ようにして、円(日本)、人民元(中国)、ドル(アメリカ)の実質実効為替レートの推移(2010年=100)を示したものである。図中のa~cに該当する通貨の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア a:円 b:人民元 c:ドル
×イ a:円 b:ドル c:人民元
×ウ a:人民元 b:円 c:ドル
〇エ a:人民元 b:ドル c:円

2010年を基準として、経済成長による元高、じゃぶじゃぶ金融緩和による円安を考えればa=人民元、c=円の○エ一択です。

H29第2問 国際収支 Cランク
下図は、2000 年以降の日本の経常収支の推移を示している。経常収支は、貿易・サービス収支、第1次所得収支、第2次所得収支から構成される。
図中のa〜cのうち、貿易・サービス収支と第1次所得収支に該当するものの組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 貿易・サービス収支:a 第1次所得収支:b
×イ 貿易・サービス収支:a 第1次所得収支:c
〇ウ 貿易・サービス収支:b 第1次所得収支:a
×エ 貿易・サービス収支:c 第1次所得収支:a
×オ 貿易・サービス収支:c 第1次所得収支:b

試験上は、「貿易・サービス収支の赤字転落」で○ウ一択にできます。でもクソ暗記の「中小」と違い、「国際収支に興味ありますか」が出題意図なので、暗記は不要です。

R1第2問 国際収支 Dランク
国際経済に大きな影響を与える国の1 つとして、中国の経済動向は重要である。下図は、中国の貿易相手国・地域のシェア(2017 年)を示している。
図中のa~cに該当する国・地域の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
abc
×アEUアメリカ日本
×イEU日本アメリカ
○ウアメリカEU日本
×エアメリカ日本EU

R1「経済」の隠れた良問。中国の貿易相手がEU>日本である知識はマストです。

過去問の暗記ばかりじゃなく、日頃から経済新聞位は読んどけ。

今日のまとめ

グラフとマンガで「マクロ経済」

もはや国家試験とは呼べず、高校の「公民」「政治経済」レベルの易問が続くグラフ論点。でもその裏には「マクロ経済」理論があるから、時間と興味がある方はそちらへようこそ。

そして突然聞かれると鳩に豆鉄砲な正答率CDランクのグラフ問題も、テキスト代わりにタテ解きすると教育効果の高い良問揃いに。

そうだよ。小難しくウンウン唸るより、グラフとマンガで分かりやすい方が良くね? 試験委員のそんな声が聞こえてきたら、「マクロ」はもうイタダキです。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP