これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【コスパで経済学】グラフ解法×3通り

とあるオトナの効率学習【コストパフォーマンス経済学】

前提1⃣受験経験者のリカレント「経済学」~学び直しで高コスパ
R2「経済」超難化を想定し、足切り40点を回避するには?
最低5マークを当て、残り20マークを4択コロコロすれば、合計期待値10マーク40点で足切りクリア
【高コスパ学習法】
4択の鉛筆コロコロに注目すると、学習範囲をぐっと減らせる
【方程式で求める】確実に当てるマーク数をx、4択でコロコロする数を(25-x)とする。
x+1/4(25-x)=10
4x+25-x=40
3x=15
x=5

難化が予想される年ほど、DEランクに手を出さず、基本のA~Cに集中しろって話な。

そう。難化予想に怯えて学習範囲を増やすのでなく、昨年までの過去問を確実に解く。それが高コスパ学習の最初のコツです。

前提2⃣「経済学」の学び直し~経済合理性と生身の人間

「経済学」を例えると、他人を気持ちよく「騙せる」テクニック

主流派経済学は自分の利益追求を最大限に追求する「ホモエコノミクス(経済人)」を前提とする。経済人はとにかく合理的で、あらゆる情報を収集して瞬時に計算し、感情を交えずに正しい判断を下す。(中略)しかし、実際に経済活動を行う普通の人間は、中途半端な情報で判断したり、理性よりも感情が先立ったりする。行動経済学は、こうした合理的な人間像では説明できない現象を探して類型化する。
出典:エコノミスト「すぐに使える経済学」

「経済学」の前提は、全て合理的に理詰めな。

ところが生身の人間には感情や勘違いが介在し、しばしば判断を誤ります。

ここで「2次」に話が飛ぶと、あの試験委員のオトウサン達は、わざと判断を誤るようなトラップを用意。そこで感情や勘違いが介在しない「合理的なロジカル力」を磨いて、「2次」に備えます

前提3⃣テキストレベルの例題×3問
論点別タテ解きの一歩先、グラフ3兄弟で解く「経済学」
うは、いつもの調子に戻って来たねっ。では「1次」合格済のあなたのために、高コスパな「経済学」学び直しのコツをどうぞ。

パターン①傾き:供給、需要関数などの最初の一歩

H29第14問 供給関数 Bランク
図には、総費用曲線が描かれている。生産が行われないときの費用は点A で示されている。この図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
○ア AFを1とすると、BF が平均可変費用を表している。
×イ 原点と点C を結ぶ直線の傾きが限界費用を表している。
×ウ 産出量Q0 における可変費用はFGに等しい。
×エ 産出量Q1における固定費用は、Q0における固定費用にHI を加えたものである。
×オ 点C における総費用曲線の接線の傾きが平均費用を表している。

パターン②シフト:ミクロ市場均衡、マクロIS-LMなど施策の影響

H29第18問 市場均衡 Bランク
商品には、新しく登場するものや、市場から姿を消すものがある。その過程を説明する図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
×a 右図では、当初、この商品の限界費用がとても高いので市場が成立していない。
〇b 左図では、技術進歩によって供給曲線 S がシフトするにしたがって、この商品の市場が成立する。
〇c 右図では、代替品の登場によって需要曲線 D がシフトすれば、この商品はやがて市場から姿を消す。
×d 左図では、市場への新たな生産者の参入で需要曲線 D がシフトすることにより、市場が成立する。
×ア aとb
×イ aとd
〇ウ bとc
×エ cとd

超イージーなサービス問題。×をつけて落とすクセがあれば、aは×右図→○左図、dは×需要曲線D→○供給曲線Sに直して、○ウbc一択。

パターン③面積:余剰分析や外部効果など、ミクロの超定番

H29第21問 貿易と関税 Bランク
昨今、WTO を中心とする多国間交渉はうまくいかず、FTA のような比較的少数の国の間の交渉が増加している。
図は、関税引き下げによって輸入品の価格が P0 から P1 に下落する場合を描いている。この図に関する説明として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
×ア 関税引き下げ後、国内の生産者余剰は、引き下げ前より三角形 FGH の分だけ減少する。
×イ 関税引き下げ後、消費者余剰は、関税引き下げ幅に輸入量 CG を乗じた分だけ増加する。
〇ウ 関税引き下げによる、国内の生産者から消費者への再分配効果は、四角形P0FGP1 である。
×エ 関税引き下げによる貿易創造効果は、四角形 BCGF の部分である。

当問はいつもの面積パズルで解くので、○ウが正解。アは×△FGH→□P0FGP1、イは□P0BCP1、エは×□BCGF→○△FGH+△BCI(死荷重の解消)です。

そう。ここ5年の「経済」はテキストレベルの易問揃い。しかも視覚で思い出せるグラフ問題なら、経験者の学び直しにうってつけです。

今日のまとめ

理解を焦ると難しい「経済」も、解き直しならスラスラ解ける。

直近5年の「経済学」は、わざと当たる様に作問するからです。

それを実力と勘違いせず、テキストに戻って「周囲に説明できるように」「要するに」と一言でまとめとけ。

それでは、「経済学」の誤答パターン別ボケにツッコミシリーズは、次から7回に分けてバツをマルに。もちろんその期待効果は、「2次」でマストのロジカル力を「1次」知識とセットで一から鍛え直すコトです。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP