R1以降のド易化した「1次」は、「2次」の最新テキスト代わりに使うと正解。そこで「正解を先に見てしまう」新たな発想に、業界全てがざわめきます。

★To-Be目指す答案

【最速で受かる教科書】ChatGPTなら即答 / 誤文訂正→問題発見 / 3文因果のキレイな国語→課題解決

Q
いまからAIに代替される業界・職業のトップといえば、資格スクールとその講師業。年30万円のお布施不要でいますぐ使えて、その回答は期待以上だ。
A

診断士=AIに代替されない職業No.1だったはず? こらこら、それはAIを使いこなせるスキルがある方に限った話です。

ChatGPTはメルアド+携帯番号があれば今すぐ猫でも登録OK。業界ガリバーD社のバイアスすら排除した、包み隠さぬ裏事情がダダ漏れな。

ChatGPTなら中立公平に即答~試験の疑問はAIへ

ChatGPTに訊いてみた~Q1 中小企業診断士とは?

中小企業診断士とは、経営コンサルタントの一種で、中小企業の経営支援を専門に行う資格です。経営戦略の策定や業務プロセスの改善など、経営上の課題解決に向けたアドバイスや支援を行います。

中小企業診断士は、国家資格であり、中小企業庁によって認定された診断士試験に合格することで取得することができます。試験には、企業経営全般や財務会計、経営戦略、経営情報システムなど、経営に関する幅広い知識が必要とされます。

中小企業診断士は、中小企業の現状分析や問題点の洗い出し、改善策の提案などを行うことで、企業経営の改善・発展を支援します。また、中小企業診断士は、中小企業の海外進出支援やM&Aの支援など、グローバルな視野に立った経営支援も行っています。

【他にいくつか訊いてみた】Q2 ふぞろいな合格答案とは?

「ふぞろい」とは、ばらつきがある様子を表す言葉です。

例えば、試験の合格答案について言えば、「ふぞろいな合格答案が出た」ということは、合格者の中にばらつきがあることを表します。つまり、一部の合格者は優秀な答案を書いている一方で、他の合格者はやや不十分な答案を書いている可能性があるということです。

このような場合、合格したとしても、より優秀な答案を書けるように努力することが重要です。また、不十分な点を補完するために、模擬試験や過去問演習などを通じて、自己の知識やスキルを向上させることが必要です。

Q3 ふぞろいな合格自慢とは?

「ふぞろいな合格自慢」というのは、他の合格者と比べて自分が優れているとアピールするような自慢話をすることを指します。これは周りの人を不快にさせる可能性があり、避けるべき行為です。

試験に合格することは素晴らしい成果であり、誇りに思うべきことですが、他の合格者と比較することは意味がありません。人それぞれに学習環境や知識レベル、受験の目的や背景が異なるため、比較すること自体が無意味であると言えます。

合格したことを周りに喜んでもらえると嬉しいものですが、自分が優れているとアピールすることは避け、他の合格者との交流や情報共有を通じて、刺激を受けたり新たな知見を得たりすることが大切です。

Q4 ふゆかいな合格自慢とは?

「ふゆかいな合格自慢」というのは、周りの人に対して不適切な自慢話をすることを指します。例えば、試験の成績や合格した大学や企業など、自分が優れていると思われることを自慢するような話をすることが含まれます。

このような自慢話は、周りの人を不快にさせる可能性があり、信頼関係を損なう原因にもなります。また、自分自身も、自分が優れているという思い込みから、学習意欲が低下するなどの弊害が起こる可能性があります。

試験に合格することは素晴らしい成果であり、誇りに思うべきことですが、周りの人に不快な思いをさせないように、控えめな姿勢を心がけることが大切です。また、合格したことを通じて、周りの人に喜んでもらえたり、学びの場として共有することが良い方法と言えます。

Q5 診断士試験のノウハウとは?

診断士試験に合格するためのノウハウをいくつか紹介します。
※当サイト注)診断士試験に公式テキストはないので、どこか別の資格試験の話をパクってコピーしているとわかります。

  1. 公式テキストの押さえ方 診断士試験の公式テキストは非常に分厚く、内容も膨大なため、すべてを完璧に理解することは困難です。そこで、重要なポイントや過去問でよく出る問題など、合格に必要な部分に重点的に学習することが重要です。
  2. 過去問の活用 診断士試験の過去問を解くことは、合格に向けて最も効果的な学習方法の1つです。過去問を解くことで、出題傾向や問題の難易度、問題の解き方などを把握することができます。
  3. 模擬試験の受験 診断士試験には、公式の模擬試験があります。模擬試験を受験することで、実際の試験と同じ雰囲気を体験することができます。また、模擬試験での誤答を分析し、自分の弱点を把握することも重要です。
  4. スケジュール管理 診断士試験は、膨大な量の学習が必要です。学習計画を立て、スケジュール管理をしっかり行い、定期的に学習時間や進捗を確認することが大切です。
  5. 受験前の準備 試験当日の体調管理や、試験会場へのアクセス方法の確認など、受験前の準備も重要です。また、試験当日は緊張してしまうことが多いため、リラックスする方法を事前に準備しておくこともおすすめです。

以上が、診断士試験に合格するためのノウハウの一部です。合格に向けて、自分に合った学習方法やスケジュールを見つけ、着実に取り組んでいきましょう。

Q6 全知識・全ノウハウはもう古臭い?

全知識や全ノウハウが古臭いというわけではありませんが、時代の変化や技術の進歩に合わせて、常に新しい知識やノウハウが必要とされることは事実です。

例えば、情報技術の進歩により、デジタルマーケティングやデータ分析などの分野で新しい知識やノウハウが必要となっています。また、新しいビジネスモデルやマネジメント手法が登場することもあり、これに対応するためにも、常に最新の情報やトレンドをキャッチアップする必要があります。

つまり、全知識や全ノウハウを把握することは困難であり、常に新しい知識やノウハウを学ぶことが必要不可欠であると言えます。しかし、古くからある基本的な知識やノウハウは、今後もその重要性が変わらず、基盤となるものとして大切にされていくことでしょう。

Q7 ノウハウが時代遅れと気づいた時は?

時代の変化に伴い、ノウハウが時代遅れになることはあります。この場合、以下のような対応が考えられます。

  1. アップデート ノウハウが時代遅れになった場合、最新の情報をキャッチアップし、ノウハウをアップデートする必要があります。例えば、テクノロジーの進歩により、マーケティング手法やビジネスモデルが変化した場合は、最新の情報を学び直し、ノウハウを更新することが必要です。
  2. 新たなノウハウの習得 時代遅れになったノウハウに代わる新しいノウハウを習得することも重要です。例えば、SNSの普及により、従来の広告手法ではなく、インフルエンサーマーケティングなどの新しい手法が必要になった場合は、新たなノウハウを習得する必要があります。
  3. サポート 時代遅れになったノウハウを利用している場合は、サポートを受けることも一つの対応方法です。例えば、旧バージョンのソフトウェアを利用している場合は、サポートに問い合わせることで最新バージョンにアップデートすることができます。
  4. 自己評価 自己評価を行い、自分が保有するノウハウが時代遅れになっていないかを確認することも重要です。自分で時代遅れなノウハウを発見し、アップデートや新たなノウハウの習得に取り組むことで、時代の変化に合わせた対応ができます。

以上が、ノウハウが時代遅れになった場合の対応方法の一部です。常に最新の情報をキャッチアップし、自分自身もアップデートすることが必要です。

Q8 ノウハウとセオリーの違いとは?

「ノウハウ」と「セオリー」は、似たような意味を持つ言葉ですが、微妙に異なる使い方があります。

「ノウハウ」とは、ある目的を達成するための実践的な知識や技術、またはそれらを習得するための方法や手順を指します。つまり、ある特定の分野での経験や技術を蓄積していることを指します。例えば、マーケティングのノウハウや、プログラミングのノウハウなどがあります。

一方、「セオリー」とは、一般的に通用する考え方や原理、あるいは理論的な枠組みのことを指します。つまり、ある分野において一般的に認められた、正しいとされる考え方や理論を指します。例えば、マーケティングのセオリーや経営学のセオリーなどがあります。

ノウハウは、ある分野において実践的な知識や技術を持っていることを指し、セオリーは、ある分野において通用する理論や枠組みを指します。ただし、両者は密接に関連している場合があり、ノウハウを身につけることで、セオリーを理解しやすくなる場合もあります。また、逆にセオリーを理解することで、より効果的なノウハウの習得ができる場合もあります。

Q9 試験ノウハウはAIに代替されるの?

資格試験においても、AIがノウハウを代替する可能性があります。例えば、過去の試験問題の傾向や出題範囲をAIが自動的に分析し、それに基づいて出題内容を予測することができます。また、試験の模擬試験や過去問題の解説などの分野でも、AIによる解説やフィードバックが可能になっています。

しかしながら、試験においては、単に問題を解くだけでなく、問題を理解し、適切な解法を選択する力や、独自の視点やアイデアを生かす力が求められます。このような要素に基づく試験においては、AIが完全に代替することは難しいとされています。

また、資格試験に合格するためには、単に試験対策をするだけでなく、実際の業務において必要とされる知識や技術を習得することが重要です。このような実践的な知識や技術に関しては、AIによる代替は不可能であり、従来通りの学習や研鑽が必要となります。

したがって、資格試験においても、AIがノウハウを代替する可能性がある一方で、試験に求められる能力や実践的な知識・技術に関しては、人間の独自性や創造性を生かすためにも、人間とAIが相互に補完しあいながら学習することが重要であると言えます。

Q10 資格試験でベテラン受験者の存在が問題化していると聞きました。

資格試験において、ベテラン受験者が問題化することはあります。ベテラン受験者とは、何度も受験しているが合格できていない、あるいは合格しているが合格基準に満たないレベルの受験者を指します。

ベテラン受験者が問題化する原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 過去の経験に固執することで新しいアプローチができないこと
  2. 受験回数が多くなるにつれて、本来必要な知識や技術を習得するための学習時間が減少すること
  3. 受験に対するモチベーションが低下すること

これらの問題を解決するためには、以下のようなアプローチが考えられます。

  1. 過去の経験に固執することを避け、新しいアプローチを模索すること
  2. 受験回数が多くなるにつれても、必要な学習時間を確保すること
  3. 受験に対するモチベーションを保つために、目標を明確に設定し、周囲のサポートを受けること

また、ベテラン受験者が苦手とする問題については、対策を立てることが重要です。例えば、受験回数が多くなると過去問に偏ってしまい、新しい問題に触れる機会が少なくなることがあります。この場合は、新しい問題にも取り組むことで、受験レベルを上げることができます。

総じて言えるのは、ベテラン受験者でも、適切な対策を講じれば合格することは可能であるということです。受験に対して冷静に向き合い、自分に合った学習方法や受験スタイルを見つけることが大切です。

試験や仕事の疑問はまずAIに訊く。その答がまだイマイチな時に役立つのが、診断士の誤文訂正&コミュ力です。

AI時代の受験2年目~1次過去問活用法

初学有利の試験制度~2年目の利点=暗記が不要
①AI時代のビジネススキル=大量情報処理やミス発見と分かっているので、②1次解き直しは不要で自分にとっての要否を見極め、③足りない点だけ追加で理解すると有利に。(100字)
TAC過去問未使用のあなたに朗報
TAC過去問は1冊1,600円(税別)で経営・財務・運営の3冊買えば済み、②当サイト収録順に「読んで」誤答選択肢を正しく直すと、③一生使える知識&採点係好みの国語力がセットで身につく。(100字)
①国家試験のセオリーは正解のどこかを変えて誤答選択肢にするので、②国語の制約上主語・述語・目的語・形容詞・因果のどれかが、③AIのミスと思ってボケを直すと正しく覚える。

仮にAIの発展が予想以上でも、ヒトが果たす役目は変わらない。それは100字をノロマに手書きなどせず、機械のミスを正しく直せるスキルな。

今日のまとめ

Q
大抵のことはAIに訊けば済む時代へ。そしてヒトの役目は、①機械のミスを修正すること、②AIが苦手なミライ予想の2つだ。
A

こらこら、試験委員はその程度はお見通し。イマ試験で訊かれているのは超絶知識やまとめ力(帰納)ではなく、知識をミライに当てはめる(演繹的な)国語力です。

■■ここからテンプレ■■

-★To-Be目指す答案

PAGE TOP