★To-Be目指す答案

【40分でA答案】80分で解けない仕組み+対応

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■

採点係目線で数をこなす→デキる:団子:クソ答案比率は1:8:1に

①当サイトが秘密裏にキャッチしたネットの噂によると、②2:6:2でなく1:8:1では団子8割が残る1割の椅子を争い、③試験当落は噂通りのサイコロコロコロ運ゲーに。(100字)

そのデキる上位1割の書き方をタイプ分けしたのが「構文」先手を取り同友館のパクリ厳禁を宣言しておいたのは、今年の大正解な。

構文で答案が揃うと採点精度&レベル向上
①「理由は」で始め文尾を締めると採点係が読みやすく、②キーワード数でなく与件理解度や納得性で評価できるため、③受験ノウハウお莫迦を一掃し本来の実力通りの順当勝ちに。(100字)
試験=面接化するとき落とす順序はベテ→ふぞ→パクリ
ベテをうっかり採用するとヘタクソ国語で人類の格を下げ、②ふぞが当たるとキーワード布教が社会問題化し、③あのパクリ主義は時流が求めるVUCAや変化の妨げに。(100字)

ベテやパクりは一目でわかるが、ふぞ布教の社会問題化は深刻。巧妙な手口がAmwayより質が悪いとネットの噂に。

ベテふぞパクリの共通点=試験はノウハウ!
①作問採点が毎年変わる試験でノウハウ熱が冷めないのは、②デキない君が2割当たると喜び余って吹聴するためで、③そこに試験側が繰り出す施策が頭まっ白問題の連続出題に。(100字)

今日のまとめ

1事例中、当選⇔落選組で答案が最も違うのは正答率Cの期待効果問題。①ここの答案品質Qを最重視し、②助言はCコスパ重視で殴り書き回避、③情報整理はD納期重視でタイムロスを避けるのが、40分でAを取るセオリーになる。
Q
ほぅ、QCDを「事例Ⅲ」答案の決め付け解答でなく、「事例Ⅰ~Ⅲ」答案作りの指針に。こりゃ決め付けQCD一辺倒の同友館パクリちゃんでは、一生思いつかない発想だ。
A

そう、あんなパクリに合格者様面されては社会の迷惑。そうでなく教わったフレームワークを縦横無尽に使いこなすと、採点係一同尻尾を振って喜びます。

■■ここからテンプレ■■

-★To-Be目指す答案

PAGE TOP