【ふぞ15の絶賛進化】国語の試験は最初に言ったもん勝ち

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
学習指針や答案の書き方を過去問に教わる→ベテの詰め込みはOUTで確定

そして○○かな、△△だな、××しよう! ベテ特有のヘタレな思考遠回りを避け、要素を落として60字で書く骨子を固める。ノウハウと真逆方向の国語の試験に、ゲームのルールが進化します。

”皆さんはスマホゲームをやったことはありますか?
ヘルプ(説明書)をすべて読んでからゲームを始める方はかなり少数派でしょう。とりあえずゲームをやってみますよね。(中略)試験勉強も同じです。
出典:DIAMOND online 資格試験の勉強法
スコア開示を奇禍として、ベテ落としの牙を剥く主催側
余計な一言が多い間抜けはDにし、キーワード羅列お馬鹿は残念賞のBにし、キレイな国語をAにして、たまに気まぐれ80~90点も。その狙いは「答える指針」だ。(100字)
それは収穫逓減になる100点を目指さない・試験勉強は準備が9割・問題集を一冊潰して収穫逓増。従いまず動画で情報収集し、ふぞをやりこむ一発戦略は合理的。(100字)

今日のまとめ

試験対策=YouTubeの公式は当試験だけでない
それはお手頃な簿記から診断士や会計士などの国家資格、果ては司法試験まで動画の波は止まらない。選び方は視聴数の多い動画を観ることで、すると常に最新ネタから手に入る。(100字)
Q
過去問に学ぶと、「1次」はどこを覚えるか、「2次」はどんな答え方をするかの指針。それをズバリで紹介するのが、人気動画のYouTube?
A

そして60字に絞る国語の試験は言ったもん勝ち。当サイトがそちらで先行した以上、ふぞ+パクリに許されるのは長文ノウハウ一択です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。