【相互採点どうでしょう】デキるアイツとマッチング 6名×4チーム=24名限定公募

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
Q
試験が終わって1週間、事例難化の問題意識も施策もゼロ以下の3大支援サークル。あのみっともないヘタレに、差し伸べる手はないの?
A

仕方ねぇ、よせば良いのに支援の夢をあきらめないヘタレのために。ウチの手の内を、1つだけならパクって良いぜ。

そう、業界初第2弾は、お揃い化した当日再現答案を使った相互採点
さらにパクリ⇔200の同じ人類と思えない情報量の差は、PDca⇔pdCAの差。つまりやりっぱなし⇔しっかり振り返るかの違いに。
Q
1年365日360度喧嘩を売るスタイルで、試験に要らないベテ・ふぞ・パクリなノウハウ要素を200%排除。してやったりとは、このことかい?
A

そして情報化の時代は、PDcaよりpdCA。ノウハウ溢れて試験で差がつかなくなると、振り返って次のアクションを起こす力が、同じ人類と思えない差を生み出します。

そして明日からはサービス第3弾、①事例別採点基準 ②今年どうトラップに誘導されたかの作問傾向を詳細解説。ベテふぞパクリの誤ったノウハウ偏重をどう見事に一掃するか、ライブで知りたい方はぜひ相互採点にご参加ください。

申込は↑のフォームに記入するだけ。折り返し、Slackの招待メールが届きます。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。