【ぼっちを避ける7つのコ】高度化した国語を効率的に構成するには、構文利用で個性を殺して孤立回避

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。

鴨川のほとりでのほほんはんなり暮らすサイト主。この秋は手土産に京菓子携え、全国行脚に乗り出します。

ド苦学がからかわれる理由は、ド勘違いした合格自慢
試験合格の共通目標があれば、マイ答案を互いに持ち寄る貢献&コミュニケーションで効率的に組織学習。ギョーカイ常識をさも新発見のように自慢して、採点係の失笑を買う事態も回避できます。

目指す答案はふぞろいでなく、お揃い。この試験に個性と狐は不要な。

高度化した国語を効率的に構成するには、構文利用で個性を殺して孤立回避【ぼっちを避ける7つのコ】

YouTube様の大暴れ:解答手順にド苦学不要
①ド苦学悪戦苦闘の末のマイインテグラルが珍重されたかつてと異なり、②動画の大暴れで解答手順はモジュール化へ。③作問変化に併せた現場対応力を競う、素早い組み換え力が今年のマストに。
画像:ビジネス+IT

公開セルフ模試では、互いの構文を素早くチェック。①②③・・のナンバリングを使う最大理由は、隣の答案と揃えて個性を殺す狙いです。

❶共通ルール
◆100字マス目の基本は30字×3センテンス
◆同内容を60→40→20字にまとめるドリル
◆文章は原因→結果の因→果で必ず順接
◆読みやすさ=採点係への配慮=わかっている感
❷解答要求別(情報整理・期待効果・助言)
◆設問解釈時点で、文章構成が頭に浮かぶ
◆想定読みした根拠を、マス目に当てはめ
◆記述で悩まない→時短+再現性UPのW効果
❸事例別対応
事例Ⅰ:どのレイヤーで解答したかの姿勢を明示
→全社・事業・組織・人事の’わかっている感’
事例Ⅱ:ダナドコ
事例Ⅲ:環境分析→生産現場→応接室お帰りなさい
Syntax構文集

試験合格が目的化してムキになるほど、いざ本番の難問にアツくなり、気づいた時にはヘンテコ答案。その反省を踏まえて作られたのが、誰でも使える構文集です。
※著作権フリー。パクリん以外は使用自由です。

今日のまとめ

答案の個性を殺す、本番2週前でのピーキング
採点係45名がベテを確実に落とす目印が、おじさん文章特有の余計な個性=一言多い。経験者組はセルフ模試活用で直前2週は肩の力を抜き、周囲に揃える意識を強めて個性を殺します。
逆に初学組は、数多くミスを出すほど有利
初学モデルカーブが示す通り、実力は直前2週で大きく伸びる。そもそも初学有利の採点をする以上、「真の上位5%」の作る答案を眺めておくと、もう不安は要りません。

ベテ・ふぞ・パクリ=ノウハウ3大莫迦の参加は当然一切お断り。ブログの伏線はこうして次々回収されます。

そうか、では俺の答案も周囲に見せてやろう
そう。「真の上位5%」を自認する自信満々なあなたの参加も、積極歓迎中です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。