この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【構文Syntax集】読者全員プレゼント

ねぇ。ふぞ200hで受かる試験で、ベテはなぜ毎年スベる?

そりゃヘタクソ長文の行間に漂う、加齢臭。アレに60点やる採点係は即クビだ。

知って驚け、これがベテがやらかす構文エラー。

昨日食べに行った渋谷で熱い麺? 5,000人が80分でムキになる「2次」本番は、こんな構文エラーが飛び交います。

読者全員プレゼント【構文Syntax集】

構文Syntax集? それは先日の500点フォーラムで最後に紹介した、アイツです。

参考:500点フォーラム資料抜粋版

❶構文Syntax集

自分はわかってるつもりが、他人が読むと意味不明
①そんな多年度ループ確約珍解答を避けるには、②予め書く文章構成を決めておき、③そこに与件表現を当てはめる。そのニーズから昨年リリースしたのが構文Syntax集です。(100字)
Syntax構文集

試験合格が目的化してムキになるほど、いざ本番の難問にアツくなり、気づいた時にはヘンテコ答案。その反省を踏まえて作られたのが、誰でも使える構文集です。
※著作権フリー。パクリん以外は使用自由です。

ふぞリンでもこの程度は分かる。パクれるものならやってみろと、いっかにもな評論クソベテ発想です。

❷文章力向上は、予想以上に前途多難

※注:ライティングスキルの紹介例。語呂合わせ↑は暗記不要です。

残念ながら、文章力は場当たり的な努力で簡単に向上するものではありません。文章力を高めるためには、文章を書く上での土台となる「思考力」を高めることが必要なのです。

出典:記事作成代行なら㈱YOSCA 文章力の前に思考力

同じ日本語のハズなのに、受け手の反応は大違い。読まれる文を書くのはラクじゃないだろ?

❸読み手の反応を予測。ゆとりに理屈は通じない

例えば、日本語の文章構造を示すとこう↓。でもふぞリン先輩は100回読んでも一生分かりません。

  1. 同等関係→言いカエル(具体⇔抽象)
    ・(具体)試験に受かるとは→(抽象)人生のコマを一つ進めること。
  2. 対比関係→振りカエル(語彙、優劣)
    ・(劣)試験合格が目的化したふぞと、(優)手段の一つに過ぎないデジタルシフト。
  3. 因果関係→並びカエル(納得、演繹)
    ・(A)ふぞは5,000部売れるので→(B)うっかり信じると→(C)8割ショボンに。

対比関係(優劣)

ふぞリンデジタルシフト
帰納演繹
目先のことで精一杯ミライを当てに行く
ふぞを使ったボクが合格!(※)ふぞの逆やりゃ5割で受かる

因果関係(説得)

  1. ふぞの採点基準詐称は悪目立ちをし、
  2. ムッとした採点係が8割狙い撃つため、
  3. (※)アレの逆やりゃ5割で受かる。

そう。今年のサイコロの目とは、キーワード!皿回し!を奴らが連呼する時、採点係が何割落としにくるかの想定次第な。

近頃はふぞリン先輩すら「皿回し」連呼は自重。隣のパクリに絶叫されて、迷惑顔です。

今日のまとめ

【対比】場当たり文をでまかせに書くベテ⇔キーワードのふぞ
ヒトとして五十歩百歩でも、採点係はふぞに加点。それは合格平均年齢を下げる時、前者には加齢臭が漂うから。それを消臭するのが、誰でも使える構文集です。(因→果100字)

ふぞリンはそもそも国語が苦手で、まともに文すら読めない。
そして小難しい組織論を苦手にし、いい年こいて会社ごっこを。ではなぜふぞ200hでたまたま受かる? それはこの試験は分を弁えてキーワードを揃えれば、後は並べカエルだけだからです。(因→果100字)

暗記で伸びる夏が来た。
朝の跳ね起きついでにクリックを
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP