これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

本日AMで15名のご参加をいただきました【逆有料採点サービス】

計30名くらいなら面白くなる

試験当日なら1,000円、今回なら500円の図書カードをばら撒いて、かき集めた再現答案はどこに行きやがる?

  • 巨大コンピュータ様を年1回再起動するため?
  • 開示得点と紐付けて、採点基準の割り出し?
  • 採点者が好む言い回しを探して来年の指導用?

違うよ。口コミ野郎な当サイトは、完全無料で非マネタイズ。答案を研究する気も言い回しを探すつもりもないし、そもそも毎年変わる採点基準を自称してドヤるほど、ヒマなタイプじゃありません。

では参加した側のメリットは?
①周囲の生再現答案と比較できる
②当てる易問⇔外す難問の違いがわかる
③80分では時間が足りないと実感できる
参加特典の共有答案は個人を特定できないようシャッフル済に。そこで気の合う仲間と個人単位で答案を交換すると、こんな発見も
④当試験はサイコロコロコロ
・第1~5問を全問完答する方は稀
・80分でどの問に注力したか、または捨てたか
・「事例Ⅰ~Ⅲ」を万遍なく書けるか、あるいは波があるのか
・採点者のご機嫌は、ふぞ⇔まとめどちらの有利にコロぶか

15枚の生再現答案だけでも価値がある。それが30名に2倍増なら、分析精度は2×2=4倍は堅いね。

おやおや。再現答案を見るのに、1.5倍盛りの似顔絵や合格ポエムがついてきても邪魔なだけ。そしてこの再現答案PDFは、提出者全員の「共同著作」としているので、誰かが勝手にパクッってマネタイズもできません。

画像をアップロード

実質個人利用に制限されるので、祭りに例えるならば、踊らにゃ損です

締切は本日11/2(土)23:59まで。ぜひこの機会の参加をご検討ください。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP