冬に始めるモーニングメソッド【相互採点メンバー募集】

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
診断士が羨まれるのは、×合格したからではなく、○頭がキレるから
常に頭がキレッキレで冴え渡る。その理由はいくつかありますが、試験準備の時間に追われて辿り着く、朝の学習習慣が最大の要因です。
Q
おっと危ない。①試験のデタラメ難化に加え、②合否は結局サイコロの目。③ついついフテ寝をしていたよ。
A

こらこら。よく当たる星占いによると、1,800人合格の時代では、×試験に受かるかどうかより、○頭がキレるかどうかで評価が決まるのです。

冬に始めるモーニングメソッド【相互採点メンバー募集】

教えよう。ノロマなサークル勢⇔200では、なぜ同じ人類と思えない格差がついた?
そりゃ、試験のくじ引き当落発表までの過ごし方。①ヒトの脳の働きの解明が進むと、②当選発表までの10週間で自分の当落を見極めておくことが、③これから人類として生き残るマストになります。
参加方法:Googleフォームにメールアドレスを記入するだけ。
現在のチームは当日再現答案のみで採点中。マイ再現答案の提出で、そこに仲間入りして相対評価が可能です。
記入フォームはこちら

今日のまとめ

1,800人合格の時代は、努力・実力⇔評価は比例しない
そして「たまたま合格できた君」だけが寄り集まると、あのみっともないたまたま合格応援道場の出来上がり。そうでなく、ヨコで素早くつながり、次のビジネスのミライをさっさと切り拓く。それがこれから求められるベストの診断士像です。
Q
そうか、試験を通じて備えた、朝の学習習慣。これを活かすか殺すかが、これからのミライ⇔合格自慢ウンコの違いだね?
A

そう、冬に始めるモーニングメソッド。その最大の狙いは、いつまでもサイコロ試験の当落にメソメソせず、次のミライをさっさと切り拓くメソッドな。

当記事はYouTubeでも配信中

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。