【TAC診断士講座ブログ引用】三枝 元 先生「コンサルの型が問われる試験」

R3「Ⅰ~Ⅲ」口述対策×全根拠収録。 レイヤー×ブロックシート

口述試験で10分4問をスラスラ完答するデキる君は、与件をビジュアル化して右脳でイメージ記憶。筆記当選したら慌てずほほぅと眺め、足したい根拠があれば自分で加筆も。ギョーカイ最新・先端・最強の口述対策とは、もちろん完全無料で利用・改変・再配布も自由です。※パクリを公言する試験サークルを除く。


R3「Ⅰ~Ⅲ」口述出題可能性のある与件の全根拠を収録↑。2200DLの実績は伊達ではないです。

「事例Ⅰ」の神髄。

本試験までラスト1週。試験に向け鍛え上げた力で、磨かれた文章を読むと。

それが例え長々と意地悪に書かれた与件文であっても、ある特定のフレーズが、キラリと光り浮かび上がって見えることがあります。

ふむ、これが事例の「神髄」か。

そしてその「神髄」を軸に、100字×5つのマス目を予定した通りに埋める。するとあの「事例Ⅰ」で安定55点以上を取れてしまう。来週そうなる目安は、今のこの状態。

蒙が啓かれたが如く視界が広がり、
世の中全てが自分の味方に思えて仕方がない。

そして、こちらのブログ記事も味方に思えて仕方がない。

三枝 元 先生「コンサルの型が問われる試験」

毎年、本試験を受けられた受講生の方から、
「今年は傾向が変わった」と言われます。

一年一年が勝負の方から見れば、
そう思うのかもしれません。

ただし、十数年試験を見続けている人間からすると、
試験の傾向などそう変わるものではありません。

見慣れない図が提示されたり、
出題のなかった業種であったりしても、
いつもどおりの対応ができるかで合否が決まります

この試験は「コンサルの型を求めている試験」であり、
その場で新しい試みをするのではなく、
習得したパターンに当てはめることを意識してください。

今日のまとめ

ほら、試験に向け鍛え上げた力で、磨かれた文章を読むと。特定のフレーズが、キラリと光り浮かび上がって見えることがある。

来る10/22(日)の朝9:50過ぎ。「事例Ⅰ」の設問文→与件文を一目見たとき、この状態を再現すると。その先に待っているのは、当選確実80%のスト合格。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■
試験の最新ミライをどうぞ。YouTubeではサイトコンテンツを先行配信中です。※音が出ます
合格体験記には業界標準。掲載先をあなたの好みで選ぶ時代に。

書くべき合格体験記の項目はどこでも同じ。周囲とお揃いはもう沢山、言いたいコトを好きに書かせろなあなたの分は、当サイトが喜んで掲載させていただきます。