使う知識は戦略論、解答手順はQCD【セオリーの箒を使うコツ②】

team学習は本当に有効?その「まさか」を「そうか」に変えるスタートに選ぶのが、ネットで易化した簿記2級。こちらにメールアドレス記入するだけで、好きな時からいつでも参加可能です。
10個の課題を解決するには、近似性でグループ化
自他が認める最終形である、YouTube様の80分。解決課題を10個挙げたとき、①1つずつコツコツやるのがふぞ+ベテ、②隣をすぐパクるのがパクりん、③GTでモジュール化して手際よく解決するのが当フォーラムです。

2割くじ引き試験をさっさと卒業するマスト=スピード感。長文ノウハウをからかう如く、compact & concise かつ業界一具体的に説明します。

使う知識は戦略論、解答手順はQCD【セオリーの箒を使うコツ②】

お悩みモジュール❶:80分で間に合わない

そりゃ過去問10年分の答を覚えたベテを8割落とすための嫌がらせ事例を、初見クンが動画だけ見て80分で解けたら、そっちの方がサプライズ。その解決策は、「事例Ⅲ」が教えてくれます。

Q
動画の通りにやろうとすると、80分では間に合いません。
A

いきなり全問解こうとするからそーなる。③助言×ミライ問を後回しに、①情報整理②期待効果のカコ設問から先に解け。

Q
YouTube様の解説は理解できるが、いざ実行できません。
A

そりゃ、主催側が「2次」に必要と認めた期間は11週間。その中で仮説検証PDCA→カイゼンの繰り返しです。

Q
過去問を解くほど、時間不足で消化不良に。
A

そりゃモジュール全てを一度にやろうとするから。今日は設問解釈、明日は与件の2回読みと、事例演習の度にテーマを決めて、ここはコツコツ改善だ。

Q
メモを作る時間が足りません。
A

寝言の前に動画をよく見ると、YouTube様はほとんどメモをしない。その仕掛けに気づくのが、俗っぽいけど’開眼’だがや。

お悩みモジュール❷:知識とレイヤー

「1次」で暗記、「2次」で国語を競う試験で求められるのは、「1次」知識を「2次」与件企業に’当てはめる’力。なお、当てはめ=応用ー主張であり、余計な私見を書かないのが確実卒業です。

Q
YouTube様は東大院卒理系女子。地頭の悪いボクにはできっこないよ。
A

その自己認識は正しいが、暗黙→形式知化されると猫でも使える。ここで泣き言を言うゆとりは、多年度ループが確定な。

Q
5分で与件は読めません。。
A

逆です。80分では解けない量のキーワード全てを拾うのでなく、5分で読める範囲のキーワードから使います。

Q
レイヤー使用がそもそも苦手。
A

まず「事例Ⅰ」の各段落を、全社⇔組織⇔人事の3つに分けて、各設問に対応づける。次に設問別マーカーで、それがホントか検証だ。

Q
「1次」対策はつい誘導館を皿回し。反省しなきゃダメですか?
A

過去問の答を覚えたボケが、過去問の答を覚えた奴から落とす「2次」に通用するか? 質問以前に反省しやがれ。

お悩みモジュール❸:曲芸まがいのマーカー使い

YouTube様でも解説しきれていない(?)のが、マーカー使いは▲解答手順というより、〇復習時に塗分けて根拠の配置を視覚化するツール。試行錯誤で順番を変えてみる(Rearrange)のも具体策の一つに。

Q
5色ペンの持ち替えが手間です。
A

第一段落から順にやるからそーなる。まず1回目の復習で答えを見ながら塗ってみて、2回目から自分で工夫な。

Q
塗分けをミスった時点で誤答まっしぐらです。
A

常識以前の愚問。本試験では消せるフリクションの使用がマストです。

今日のまとめ

魔法の箒に乗るもう一つのコツ~4つの事例を使い分け
「2次」対策をするときは「Ⅰ」戦略論からするのが良いが、答案品質管理に役立つのは「Ⅲ」で教わるQCD。

YouTube様の80分手順は、「Ⅰ」では超有効。ただし使い方の第一印象を誤ると、裸の王様まっしぐらです。

Q
ねぇ、ネットに溢れるたまたま様の身勝手ノウハウ vs. YouTube様が唱えるセオリー。今年の勝負はこれでイタダキ?
A

こらこら。前年合格者クラスを8割落とす、この試験のミライを舐めたらOUT。次回はYouTube様を上回る、「初見対応力」ネタな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。