これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【診断士は新しモノ好き】Zoomを選ぶ7つの理由

すごいぞ、ふぞ先輩。

いつものひた隠し癖を捨て、273点エステ様が再現答案を解説すれば、素直に支持が急上昇です。

今年イチの良記事? みゆきち先輩の再来? 野郎共と採点者のオトウサン達の胸は期待で膨らむ一方です。

そうだよ、ふぞ先輩はやればできる子
では今日は、2月デビューから2か月かけてやっと眠りを覚ました獅子=ふぞ先輩とセットで当ギョーカイを変えてくれそうなツール、ZOOMの人気に迫ります。
画像:ZOOMアカデミー

さてZOOMが普及すると、従来型のスクールが頼みの綱にした、①プロ⇔アマ ②都心⇔地方 ③一方通行⇔双方向の3つのカベが全て吹き飛ぶ。

誰でも気軽に講師役や、有料無料のセミナーが開ける。

録画と配信のタッグで、YouTuberを超えるかも。

そうだよ。あの国語読み一点張りのクソ国語スクールに、もう情報非対称性のカベは作らせない。あらゆるサークルやコミュニティから個人ブログまで、モテモテなZOOMの強さに迫ります。

ZOOMを選ぶ7つの理由【診断士は新しモノ好き】

1⃣引用:Web会議室ZOOMが選ばれる7つの理由

少額の有料会員になるだけでこれだけメリットがあると、他の選択肢が浮かびません。
画像:ZOOM革命

その1:1クリックでつながる

面倒なIDとか必要ねぇぞ。

その2:1クリックで録画できる

面倒な設定要らずで録画。今注目の機能です。

その3:接続が安定している

仕組みは詳しくないけど、とにかく安定していやがる。

その4:50人まで同時接続可能

会場費要らずでセミナーを開催できます。

その5:ブレークアウトルーム

分科会ができる機能もありやがる?

その6:スマホからもつながる

データ量が小さいので、スマホからつないでも安心だそう(※要検証)。

その7:ものすごく多機能で使い方無限大

使い方を教えるセミナーがある位。いろんなトコに顔出しして、イイトコ取りだ。

2⃣試験対策にZOOMが与える影響予想

ほう、ZOOMが普及すれば、デジタルに弱そうな岡崎の学習塾の息の根を止められる。

いえ、使い方自体は簡単。そのうちZOOM診断士はウチが元祖とか、商標登録しかねません。

怖っ。そこで今日は眠りを覚ました獅子=ふぞ先輩とは真逆、いまだに受験者相手の小遣い稼ぎに夢中なのれんのトレードマークを冷かしておきましょう。

パクって1,000円マネタイズなんてしてんじゃねーよ。

従来、のれん先輩が1,000円マネタイズの口実にしてきたのが、会場費用。

ところが月会費2,000円のZOOMで100人参加なら、1人あたり20円。これで1,000円ふんだくったらサギ確定な。

昨年払った1,000円を取り返そうとしたサークル先輩は、お生憎様っ。

そうだよ。それに1,000円セミナー特有の合格自慢な懇親会に出ずに済む。

セミナー懇親会のメリデメとこれから
〇メリット
→アルコールが入らなきゃ言えないような裏話が聞ける。
×デメリット
→聞きかじりの耳年増。アルコールは嫌なことを忘れ、都合の良い記憶だけ強化する。例えば昨年のふぞセミナーにうっかり参加すると、ふぞ信者に一直線。

合格発表後にアルコールを過剰摂取。脳ミソが耳から溶け出したような合格自慢を聞かずに済むのは、ギョーカイ挙げての朗報な。

そうでなく、ZOOMオンラインセミナーなら、「誰でも気軽に複数サークルのセミナーを聴き比べ」できる。選択肢がそう広がると、合格自慢な順からのれん+バトンの淘汰が始まります。

今日のまとめ

ZOOMは地域格差の他に、スクール・サークルが築いた「情報非対称性のカベ」も蹴飛ばした。

会場に出かけるコストがゼロなら、好きなだけ聞き比べ可能に。

出たくもない懇親会で、息の臭いオッサンに説教される無駄も省けます。

さらにアルコールは嫌なことを忘れ、都合のいい記憶だけ強化する
そんな合格者様だけに好都合な、セミナー懇親会なるギョーカイの悪癖が解消される。

そうだよ、今年は眠れるふぞ先輩が目を覚ますだけでなく、セミナーの無料化と聞き比べが進み、質の悪いサークルから順に淘汰が進む。まさにZOOM様々の時代がやってきました。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP