この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【初学ストレート特集】勝利の条件~12月は勝負月

<勝利の条件>
知力・コミュ力・時の運

来年に延期された東京オリンピック・パラリンピック。いずれ来る戦いに、日本はどう挑み、勝ち抜くのか?データと最先端技術、そして専門家の知見を得てその「勝利の条件」を明らかにする!

出典:NHK 勝利の条件 Sports Innovation

さてコロナが来ると、なぜ診断士の人気はダダ上がり?
その理由は、①消費行動の変化により産業構造のデジタルシフトが進むと、②古い年功序列企業から大量の構造的失業者が溢れ、③供給面での資格人気+需要面の診断士ニーズが合致し、新たな雇用や働き方を創出するため。(100字)

ふむ、①・・②・・③・・やら、(100字)やら、このヘンテコサイトの文章はクセが強ぇな。

いえ、このヘンテコ文章がストンと理解できると合格ライン超え。その理由は、この参考書に詳しく書いてあります。

一発合格まとめシート~当試験のイノベはここが始まり

消費行動・・マーケティング
産業構造シフト・・技術経営
古い年功序列・・組織論
構造的失業・・マクロ経済学
供給+需要・・ポーター5Forces
画像:2021年度合格目標版 まとめシート

ちな、「まとめシート」とは、要するに東大生が作ったサブノートな。

「2次」対策+後編暗記の印象が強いのですが、最新の科目別セオリーを知るだけでも、これからのマストバイです。

【初学ストレート特集】勝利の条件~12月は勝負月

ご存じの通り、診断士「2次」は出題傾向&採点基準が毎年変わる
そこで①与件国語読みで暇つぶし=AAS、②1.5倍盛りのキーワード+似顔絵=ふぞ先輩から、③試験に要らないふっるいノウハウを押し付けられては堪らない。(100字)
そう。当試験では挑戦初年度に、①さっさと受かるか(まとめ) ②たまたま受かった者(ふぞ)が勝ち
そこでリモート全盛の今なら、学習時間は十分使える。そんなヤル気のあなたのために、たまたまなふぞろいではない方=試験をさっさと受かるコツを3つ紹介します。

1⃣知力~カコの経験則やノウハウが通用しない時代

“グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変わりつつあります。これまで想定すらしなかったことが、明日にでも起こり得る状況にあります。そんな不透明感漂う時代を生き抜くための「コンパス」として注目を集めているのが、「経済知力」(ビジネス知力)です。”
出典:日本の人事部(日経TEST)

この試験でおっもしろいのは、たまたま合格先輩たちが、こぞって押っ付けたがる去年のノウハウ。そのふっる臭さには、心底笑えます。

2⃣コミュ力~乱世を生き抜くビジネスパーソンに贈る

“「キングダム」は6000万部を超える発行部数を誇る、超人気漫画。
・主人公・信は、なぜ強いのか。
・コミュニケーションの達人・蒙恬の会話から学べる人間関係を円滑にする「フレーズ」
・彼らが持つコミュニケーションに欠かせない、「究極の視点」とは?”
出典:馬場啓介公式サイト

ペーパーテストの国家試験で、なぜ「コミュ力」がマストに? ふぞ先輩が一生知らない、その答えに気づくことが合格ラインです。

3⃣時の運~受験年により合格難易度は大きく変わる

“勝負はその時々の運によるもので、必ずしも実力通りに決まるものではないということ。”
出典:ことわざ辞典ONLINE

採点基準は試験後に決めるから、どの答案を書けば受かるかは天任せな。

ところが「時の運」など書こうものならムッキッキー。「実力通りに決まらない」と言い換えてやっと納得するのがゴーカク自慢のふぞ先輩です。

今日のまとめ

そう、診断士試験の合否は時の運
その射幸心で多年度ループさせ、合格に縁遠い層が何年も受け続けることで、見掛け上の難易度を保ってきたのが、これまで。
需要×供給の相乗効果で新規参入が増加し、多年度AAS+キーワードふぞろいが要らない子になるのが、これから。

つまり当試験は、終盤になるほど「運」「たまたま」要素が強まる

そこで、2021年にさっさと試験を受かるには、①知力×②コミュ力を普段から意識し、前倒しで鍛えておくこと。

そしてそれを怠ったツケをブログで日々露呈するのが、多年度AAS+キーワードのふぞ先輩。そう、ああなったら、試験の合否どころか、この先のキャリアが一生ショボンに。

そこで診断士になるには、12月が最初の勝負月。まず、①さっさと受かるタイプ(まとめ) ②たまたま受かるタイプ(ふぞ)の違いをブログで知ること。これが来年のリードをおっきくするコツ、つまり勝利条件の第一歩です。

ふぞ発売で戦いスタート
これまでと違う勝負はここから
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP