これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。

【スタイル】「1次」高得点のコツ~勘所を掴んでスッと駆け抜け

「1次」高得点にはコツがある。

コツ(骨) 【英】tip(s), trick 
【意味】物事をするための大切なポイント。要領。勘所。
【語源】骨は体の中心にあり、体を支える役目を果たしていることから、人間の本質や素質などを意味する。そこから、コツは勘所や要領も意味するようになり、物事の本質を見抜き、自分のものにすることを「コツをつかむ」と言う様になった。

出典:語源由来辞典

最近の初学者はヤケに短時間で合格するな? しかも「1次」は500点超えのハイスコア。

勿論それにはタネも仕掛けも大ありです。「1次」とは、7科目分の知識を4択マークで暗記ゲー。要は脳をうまく騙すインプット作業であり、脳の記憶のメカニズム上、必ず全員共通の「コツ」に至ります。

参考まで、「2次」はちょっとオトナの国語の試験。このアウトプットは個人の素養・知識に左右され、「ノウハウ」を追い求めると百花繚乱に。しかも毎年変わるし。。

そこで当試験をスッと駆け抜けるため、サッと掴んでおく「1次」の勘所はどこかな? 最新体験記の中で探してマークしておく「全員共通でマストな高得点のコツ」はここ。ではどうぞ。

【抜け駆け2019】#2「1次」高得点のコツ~勘所をサッと掴んでスッと駆け抜け

最新体験記に出てくる「1次」全員共通のコツがこの3つ。自分が狙うスコアに適したスタイルを。

1⃣学習計画+記録~スタディプラス

「1次」対策では、学習時間の記録がマスト

Studyplus

Studyplus(スタディプラス)は学習する人が集まる総合プラットフォームです。あなたもStudyplusを使って学習…

①暗記対策に、細切れスキマ時間の活用が有効。
②学習時間(1次知識)を「貯金する」と、2次で有利。
③週間学習パターンが決まると、自然と机に向かう。
④7科目の好き嫌いによる、時間配分の偏りを防ぐ。
おまけ:周囲の参考になったり、互いの刺激になる。

当試験は断定・決めつけNGだから、勿論学習時間を記録しないのもアリ。でもそれは「個性」「好み」であって、メリットが客観化され全員採用しておかしくないものを、当試験では「マスト」「セオリー」と呼びます。

2⃣テキスト+問題集選び

テキスト+問題集のスタイル選びが次のマストに

「経営」は辞書より分厚い同友館の 過去問で。「財務」ならTACで、「法務」ならLECがいいかも?

いえそうでなく、テキスト+過去問選びは自分好みの出版社のものをシリーズで揃えていくことが上策です。

学習パターンの基本は7科目共通なため、経験効果が働くから。

周囲は自然にやることでも、いちいち自分に理屈で説明しておく。すると学習効果も高まります。では代表的なマストを、今後の伸びしろ順にどうぞ。

①スタディング(旧通勤講座)
→要は試験に合格できる。スキマ時間や音感を活用し、重要論点に絞る指導は理論上否の打ち所がなく、今後ますます伸びます。

もっとも凶悪化、劣化が年々進むステマ商法は国内限りで。我が国の国際評価を下げないよう間違ってもアジア進出などは企まないで欲しいものです。

②同友館過去問マスター
→過去問を10年分論点順に並べたら、テキスト代わりに。ごくコロンブスな卵ですが、過去問INPUTの先駆けとなった、独学者にマストの過去問集です。

③TACスピテキ+過去問
→業界最大手、「1次」「2次」を両方教える有力講師を多数抱えるTACならではの、「2次」対策にそのまま使える「知識の体系図」が売り。

30万円近い通学クラスのテキストをB4→A5に変えただけで数千円で入手できるコスパは驚き。ですが、長年改訂をさぼった「運営」スピテキはクソです。

3⃣過去問回転+4択間違い探し

「1次」の誤答選択肢に×をつけ、正しく直すことがマスト。

4択の誤答選択肢とはランダムに出題者がその日の気分で作るのでなく。1問で4~5つの知識を効率的に「教える」ために、正解選択肢から日本語のどこかを変えてきます。

例を挙げると、「技術経営」の誤答選択肢の×を1つずつ○に。すると「事例Ⅰ」「Ⅲ」にまるっと使える最新の「経営セオリー」を、1問で4つも入手できます。

国家試験としての整合上、「経営」過去問選択肢の内容に反することが、「2次」筆記の正解になることはない。だから、この「経営セオリー」を沢山覚えておくほど、「2次」のドボンを避けられます。

参考:「2次」対策

「2次」に受かる「コツ」はないけど、全員共通のマストはこちら。

1⃣ ふぞろい~5,000人にマストの入門書

最初に買うならマストのふぞろい。

当サイトでは辛辣な扱いですが、「2次」学習のスタートに欠かせないのが、5,000人にマストな入門書の「ふぞろい」。だって、いかに周囲と同じ答案を書くかで合否が決まるなら、周囲の平均的な受験者/合格者のやり方を見逃す手はない。

1.5倍に盛った似顔絵をはじめ、悪い所を挙げたらキリがないけど。信者⇔アンチが半々と知っていれば、怖い物はありません。

2⃣ 2018年8月革命

周囲の出方を伺う「2次」では、5,000人が出そろう8月が本当のスタート。

最新体験記の話題をさらった、あの泥船コンビの2人組。当サイトの後日談でも示した通り、

240枚の240点答案と格闘するより、
2枚の80点答案を較べる方に答えがあった。

採点基準が毎年変わる仮定では。古びたノウハウで重装備より、後から来て手ぶらの方が、突然変化に対応しやすいものです。合格者をガラリ入れ替えるほどのインパクトがあったこの記事シリーズ。当サイトは勝手に「8月革命」と呼びますが、今年の8月も何かが起きそう。

今日のまとめ

何だ、この試験。要するに、

「1次」ではコツを活かした知識のインプット。
「2次」は訓練で鍛えた国語のアウトプット。

だから高得点のコツがあるなら、使わにゃ損。そして「1次」の勘所があと一つ。当試験は「1次」=インプット、「2次」=アウトプットと表裏一体で捉えることができる。すると「1次」でアウトプットしたり(笑)、「2次」でインプットし直すムダが省けます。

容易に真似できないので、「コツ」ではないけど。最近ヤケに短時間で合格する方が増えた理由は、ここでしょう。

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP