読みにくいキーワードを詰めんじゃねーよ(by 採点係)。そんな得点開示の行間を読みたい時は、2/8(水)21:00持ち寄りカンファにGOです。

★As-Is競争

【1,500名採用説】脱・名目上の難関→本気で三大士業へ

昨年合格=1,600名として、R4当選数は?

そこを手堅く予想すると、①協会系の実務前提なら900でも大幅超過で、②R3バブルと実需の間を取ると1,200が妥当になるが、③今後の三大士業入りに期待して1,500名採用でお願いしたい。(100字)

採用枠が多いほどみんなでハッピー。1,500名採用をお願いする根拠を示します。

少ない根拠を使って採用数予想?
①ミライ予想はPDCA同様に数をこなすほど精度が上がり、②補助金バブル崩壊で既得権層がうんざりでも増員を狙える根拠は、③協会系キャリアに加えて現職×スキルUP効果が見逃せないため。(100字)

★当たらなくて良いので、自力で当選数予想を★
するとR4採用数から試験の競争状況への主催側の思惑を推定できて、①1,200名に大幅減ならR3合格はやっぱりバブル、②1,500キープならスキルUPコースへの期待が大と推測できる。(100字)

200%予想:養成→キャリア、試験→スキルで役割分担
①協会系キャリアや補助金ギルドは養成組で足りる前提なら、 ②試験合格が目的化したベテ系外発受験より、②当選の先を見据えた内発受験(スト組)優遇に納得できる。(100字)
採用数から一歩踏み込む→今年の採用基準は?
①ここ4~5年作問採点を毎年変える狙い=外発的受験冷遇と捉えると、②このくじ引きガチャをもっと良くする内発受験が求められ、③その期待に応えて1,500名採用の目がある。(100字)

クジが当たる程度ではしゃぐより、自分が受かるついでに競争試験をもっと良くする。その位の内発的動機がマストな。

今日のまとめ~口述チートへようこそ

Q
どの士業でも採用増の妨げになるのは既得権層の反発。そこで診断士の三大士業入りを目指し、当選者全員が口述をスラスラ答えて度肝を抜こうぜ
A

試験当選枠をそう簡単に増やせないのは、口述で押し黙る間抜けなベテが多いため。そこで猫でも口述を2分スラスラ話せるチートを続々紹介します。

■■ここからテンプレ■■

-★As-Is競争

PAGE TOP