★As-Is競争

【当選数★占い】1,350名±150名採用へ。2,000人達成は3年後?

「2次」の作問採点が毎年変わり、過去問の答を覚える勉強=OUTと全員気が付く。そこで初学⇔経験者を問わず、2023年「1次」を受ける予定の方は、 答を覚えない方の過去問集を7冊セット1万円強で入手しましょう。
■■テンプレここまで■■

「2次」申込数9,110名で確定(前年9,180)

感染症蔓延以降、試験当日限定で公開される受験番号対応表。ここで申込数を数えることから、推理ゲームが始まります。

申込&当選数の推移を時系列にすると、今年の当選数は想定できます。

R4当選予想→1,350±150名。Min1,200~Max1,500に

前年1,600名採用はかなりのバブル。合格者様自慢のノウハウをパクった時点で2割コロコロに。

デジタル時代の世の中は、常に期待⇔実績の差で動く。1,350より多けりゃ期待以上、少ない時は採用態度の硬化な。

注意! お受験ベテ化は止まらない 初学2,100vs.経験者7,010名

当サイト推定:「1次」合格者数の受験科目数からの計算による

当初予想した8,000人を大きく超える9,110名の理由が、昨年R3「1次」合格からの繰越し組の増加。この浮動票がYouTube系のキレイな国語⇔ふぞ答案のどちらを書くかに注目です。

注目:キレイな国語⇔ふぞ答案のどちらを採用?

初学でふぞを採用する間抜けはまずいないが、経験者組がYouTube系のキレイな国語⇔ふぞ答案のどちらを書くかで当選ラインが変わってきます。
そして①ファクトに注目し、②自分の頭で考え、②ネットやSNSの噂に踊らされない。試験を通じて学んでおくのはそっちです。

■■ここからテンプレ■■

-★As-Is競争

PAGE TOP