【今年で?確実SSAA】×事例の後追い→○時流が求めるスキルの先回り

ネットの一部に流れる「診断士試験は、150hで確実AAAA合格できる」との不穏な噂。それは一体どういうことかなっ?

そりゃ「中小企業」診断士試験のクセに、最近やけに「グローバル大企業」人材から好んで採りたがる。それはズバリ、変化に強い人材だからな。

画像:Six Stars Consulting

そこで変化に強く、時流に乗れるキャリアを目指すあなたのために。高スコア当選者に教わった、「Ⅰ」70点、「Ⅱ」80点を取るコツを図解します。

「Ⅰ」70点を取るコツ~気が利く一言(コンセプチュアルスキル)

画像:mitsucari カッツモデル
コンセプチュアルスキル(概念化能力)

“「物事の本質を見抜く能力」のことです。コンセプチュアルスキルが高い人材は「ひとつの経験から多くのことを学ぶ」「合理的に業務を遂行でき、効率的に働く」といった特徴があります。”
出典:mitsucari

すぐ難しく考える間抜けはウンコ。(TBCが優れているかは別として)コンセプチュアルスキルとは、R3「Ⅰ」第4問を’互恵関係’と言い当てる語彙=言い換え力な。

「Ⅱ」80点を取るコツ~マーケティングスキルマップ

画像:MarkeTECH
戦略家のための”マーケティング”全体像

“マーケティングって領域が広いし、領域ごとに奥が深い。(中略)今までの自身のマーケ実務経験や、仕入れた情報を基に、”マーケティング”の全体像を図解してみました。”
出典:MarkeTECH

もう10年以上、(ダ)×(ナ)組み合わせの当てっこしか作問できないクニヒコのダナドコ。バカの一つ覚え事例と小馬鹿にするほど、80点に近づく皮肉な事態に。

「事例Ⅰ」70点、「Ⅱ」80点の狙いは?
①事例Ⅲ・Ⅳが難化で60点に集める隣でⅠ・Ⅱで点差をつけるのは、②従来型ノウハウでは60点を上限とし、③Ⅰ語彙、Ⅱマーケでの診断士に足りない強みを促す狙いと考えられる。(100字)
「1次」緩和の効果:学習時間を縮めて初学勢を積極採用
①国語の試験に過ぎない「2次」の過勉強は逆効果になり、②語彙を磨くためには英語学習も、③マーケの強化には成長力あるグローバル企業の人材を採るのが上策。(100字)

試験を受け続けさせる「愛顧」も大切だから、ふっる臭いD社ノウハウを絶叫しても2割で受かる。そっちと違う視点を持つとⅠ70、Ⅱ80点にゲタを履かされSSAA当選へ。

今日のまとめ

Q
企業も資格も「変化に強い人材」を求めるイマドキ。100字手書きのお受験ノウハウを珍重するウチは、人生一生お豆の一発合格道場送りの刑?
A

ビジネス界の日陰を歩きたくなければ、あのうすっぺらな事例の後追い自慢はほどほどに。それより時流が求めるスキルで先回りする方が人生愉快だろ?

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。