【採点係の本気?~得点全員開示】相互採点の夜明け(詳細編)

隣のド苦学自慢~ヘッポコ当選者のクソな長文ノウハウに、うへぇとのけぞるあなたのために

猫でも2割で受かるくじ引き試験でどんな自慢も構わないけど、ふぞをヨイショの勢い余って試験を小難しくするのは感心しない。そもそもブログが長くて読みにくく、アレコレ手を出すようでは80分に間に合わない

キーワードの数こそ正義のD社ノウハウ vs. なぜ高スコア答案ほど「読みやすい」かの謎に挑む相互採点teamの宗教戦争。8週間の足の蹴りあい&ノーガードの殴り合いが開幕な。

隣にパクられないよう煙幕張るのは常套手段に。キレイな国語を書くコツでしたら、私の7分間の棒読みボイスでどうぞ↓。

当試験伝統の一戦:ボクたち受験生視点!⇔採点側目線の宗教戦争
さてこの戦争も今年で終わり。受験生視点など猫でも笑い出し、9,000枚採点の忙しさに配慮し、読みやすくわかりやすい答案を。そしてその手段が相互採点に。(100字)
ふぞ人気低下の原因:ターゲットの設定ミス
短期学習ほど受かると気づいて受験者数が増えた時、採点側の目線で採用したいのは頭がキレて国語も書けるデキる君に。そしてド苦学相手のD社ターゲティングは全てが裏目に。(100字)
受験生視点!の斬られ役代表:ふぞ吉先輩
時流がマーケ、主役が買い手にシフトの時代に、売り手視点はもうOUT。売り手→買い手、push→pullが自然であって、開示スコアからどんな答案が望ましいかを知るのが最初の一歩に。(100字)
ふぞ先輩の強み=合格、弱み=ヘタクソ国語
ふぞをからかうには、国語が上手になれば良い。それは難しいことでなく、同等・対比・因果の3つを意識して使い分け。そして多面的→対比力と直す語彙を鍛えて、ふぞ涙目に。(100字)

今日のまとめ

Q
ねぇ、ふぞろいヨイショに夢中なパクリのブログはひたすら長くて読みにくく、片やここのサイトはワケがわからない。この試験の正義はいったいどちら?
A

そりゃイマドキ短いが正義。マス目に書くなら3センテンスで100字、ビジネスチャットで好ましいのは端的60字です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

ふぞろいではない「キレイな答案」を互いに見せ合い。これから毎週土曜開催で、本物採点基準≠ふぞ採点と気づいたらどうぞいつでもお越しください。 →参加受付はこちら
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。