【発売遅延に全員苦笑】ド苦学相手のマウント自慢

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■

Q
ブログで隣の自慢に迫害されて、その自慢の舞台をバカッターに移したふぞ吉先輩。アレに「共感」「憧れ」るド苦学ちゃんとは、全人類の下位2割?
A

同じ情報が延々とループするエコーなチェンバーで知られるバカッター。ド苦学お莫迦がいよいよ猛加速と、9,000人が失笑です。

ド苦学相手の自慢・マウントは感心しねぇ。そこでふぞ吉がどんだけ雑魚かを解説な。

受験技術が進化し答案おそろい化。易問では有意な差がない
そして作問係交代の檜舞台を予想以上の難化で乗り越え、期待に応えたR3「Ⅰ」。第1~3問のコピペなど読み流し、第4~5問の対応に注目するのがデキる君。(100字)
記事や動画を読み進めると、事例の解答手順は年々二極化
ネットやSNSで見かけるふぞろいヨイショのたまたま合格ちゃん。いや、ソレ鵜呑みにしたら80分では間に合わなくね?と疑問を持つと、想定読み+設問別マーカーに。(100字)
80分では解けない事例の勝負は、思考速度と納期の順守
その時過去問お馬鹿のベテ思考は、覚えた答を直接思い出す検索速度が一々トロい。そうでなく、設問を抽象化したインデックスから素早く知識を想定するのがデキる君。(100字)

今日のまとめ

ふぞ15の注目点は、「Ⅰ」第4、「Ⅱ」第2の超難問でどんだけ盛ってくる?
試験から発刊まで7カ月ありそれなりに周囲の期待が。その結果が予想以上なら支持は続くが、期待を下回ると今でもゼロの支持がさらに凋落へ。(100字)
Q
ボク達の意見に唯一賛同してくれる全人類の下位2割なド苦学を相手に、tweet自慢で忙しいふぞ吉。アレのどこに「共感」すれば良いか、80分悩んでも答が出ません。
A

ふぞろいが共感されないのは、80分では出来ない盛った手口を吹聴するから。そして年1回の告白戦、今年はどんな自慢が飛び出すかに主催者側も注目です。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。