【As-Is】論点解き直し:仕事に役立つ3大アプデ

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

Q
当試験ではスト生ばかりがスラスラ受かり、ベテがムキになるほど2割コロコロ8割ショボンへ。ついでにアプデ前のふっる臭いノウハウをひけらかすベテとは、主催側にとって目障りそのもの?
A

試験の変化を見落とすベテは、その合格自慢=業界の旧弊扱いに。そこで常に知識の更新を怠らないか、「3大アプデ科目」の紹介な。

2022年注目:マーケを学べる国家試験
生き馬の目を抜く如く毎年アプデされるマーケの資格は星の数ほどあるが、国家試験ではド先端よりある程度こなれた安心感が好まれる。その中でここ挙げた4つ↑は、時流のマストに。(100字)
バツマルドリル「経営」
キラキラ★twitterは大いに活用すべ ...
続きを読む
マーケだけなら他で学べる。診断士の真骨頂は戦略&組織論
岩崎尚人先生退任で危ぶまれた「Ⅰ」作問は、没問級の難問を繰り出して評価と支持を高める結果に。年1作の「Ⅰ」でカバーしきれない世界観は「1次」で補う。(100字)
意外と最近までキモヲタのブラック労働と社内や社会のゴミ扱いだったIT業
それがDXとコロナ禍で脚光を浴び、デジタル活用次第で企業の優勝劣敗まで決まる。さらにアジャイル始めの組織学習論点を加えてアプデが進む。(100字)
カテゴリ「情報」
Q異種?総合? 全く違ったルールで殴り合 ...
続きを読む
視野を拡げる情報技術 この投稿をInst ...
続きを読む
カビの原因は、温度・湿度・汚れ じめじめ ...
続きを読む
さぁ、試験のミライはABどちら? そりゃ ...
続きを読む
あけっぴろげ開放性~土壇場の勝負に強くな ...
続きを読む
ノウハウは持たないほど有利(仮想化の時代 ...
続きを読む
毎日暗記で嫌になる? 毎日同じことばかり ...
続きを読む
Q:ふぞ先輩は、何を見誤ったか? A:見 ...
続きを読む

今日のまとめ

「1次」は予選で「2次」が決勝!? みっともないからそれは止めとけ
そりゃふぞ活先輩の如く、試験合格が最大目的ならそれはアリ。でも資格マウントよりビジネス活躍を優先するなら、役立つ所を常にアプデする工夫は欠かせない。
Q
要するに、常に新作知識を出題する「マーケ」「組織論」「情報」は、毎年解き直すと良い。試験評論13年のベテなら、遠回りせずハッキリ言いやがれ。
A

嘘つき4択試験では、必ず3つは選択肢の国語のどこかがバツに。そうやって知識×国語をWで高めるついでに仕事に役立つドリル。それが論点別の「1次」過去問解き直しです。

「2次」評論専用と思われがちな当サイト。明日はひっさしぶりに「情報」の最新4択バツマルドリルな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます