【As-Is】光と闇の対決構造

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■

Q
ほう、秋のコロコロ試験をスターウォーズ化? さらに新作4本立て同時ロードショーと来ては、この祭りに参加しない手はないね?
A

ところが虹は近づこうとするほど遠ざかり、ベテがムキになるほど5回に1回受かるかどうか。そのAs-Isを映画モドキで紹介です。

勝てば官軍のことわざ通り、当たれば光でスベると闇へ
そして試験はノウハウ!と勘違いぶっこくヘタレが後を絶たない隣で、8割を占める闇の敗戦の弁など猫も喰わない。そして今年も再び、確率2割のコロコロ抽選会が。(100字)
ふぞ15発売後、「1次」が明けるとネットの景色は最新学習ネタ一色に
その一瞬だけノウハウベテが我が意を得たりと頷くが、自分好みのバカッター+ふぞろいステマダンスの悪目立ちばかり読み漁り。だからその逆だって。(100字)
光と闇が対決すると、なぜ光の4勝1敗?
そりゃベテがまぐれで受かってしまうBadEndもたまにあるけど、主催側が決める後出し採用基準は情報発信力やキラキラ★度。ヘタクソ国語のベテを仲間に入れるゆとりはないだろ?(100字)

今日のまとめ

課金ガチャのくじ引き試験を、たかが試験と舐めたらOUT
2割採用するが残り8割は必ず落とす。虹に必勝法もノウハウも必要ないけど、実力者が落とされると闇の世界にまっしぐら。その闇から漏れだすノウハウなどお断りです。(100字)
Q
そうか、ベテ→ノウハウ自慢→狙われてショボン。ふぞろい級の世間知らずのゆとりが、闇に落ちた賢者に4勝1敗できる。それがこのヘンテコ試験のAs-Is?
A

おぅ。ハリウッドの世界では、闇とは選りすぐった強者揃い。そりゃふぞろいお莫迦を何年やっても、単なる雑魚だろ?

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。