【As-Is】ふぞろいにAをつける肝試し

ふぞろい=主催者・スクール・隣に総スカンの原因は、人類下位2割のヘタレが布教するから。そうでなくtwitterで自主隔離する分には誰も興味を示さない。
ふぞ吉はなぜ隣に日々からかわれる? それはド苦学相手にマウントさせるほど、解答手口をゲロして自ら狙い撃たれてくれるから。

喜べ野郎共。ふぞろい自慢が今年でブログ撤退らしいぞ?

1,600人大量採用時代が問うのは合否ではなく、登録してから何ができるか。ただキーワード至上主義の手口ゲロ=狙い撃ちターゲットNo.1を惜しむ声が絶えません。

■■テンプレここまで■■

罰ゲーを恐れると、やはりふぞ答案のアラが目に付く
その行動特性とは、①合格自慢はするけど試験の話題をひたすら回避し、②何かさせてもせいぜいふぞ活。③トドメに80分間の合格自慢を活字化して周囲が大ウケに。(100字)
Q
うは。ふぞ答案にAをつけると特定されて漢字100回書き取りの刑。こりゃ旅館にカンヅメで9,000枚を採点するより、死んでも嫌な罰ゲームに。
A

こらこら、ふぞ発売が1ヵ月も遅延し、学習計画を狂わされた腹いせにしては出来過ぎ。クッソ面白いからもっとヤレと話題が沸騰です。

歴代ふぞの自慢といえば、「1次」苦手で虹逆転!
その迷言=「1次」は予選!「2次」が決勝!勉強するほど収穫逓減、答覚えて逆効果と9,000人が知る時代に、到底80分では書けない自称100点答案の品質管理には疑問の声が。(100字)
「1次」は暗記で済むが、虹では要領・コツも問われる
ふぞ活=合格自慢しかすることがない不器用さはご愛敬として、ロクに暗記学習すらデキない癖に、一体どうやってあのワンチャン課金ガチャを当てたか知りたい位。(100字)
ふぞろい⇔TACの意外な共通点。格安バイトが事例を採点
あのTAC合格者数ダダ減りの原因は、バイトル採点講師の口の緩さ。労働集約型のヘタレ採点基準をふぞにパクられ、片や本試験では試験委員45名が快刀乱麻のベテ退治を。(100字)
メリットと同じ数だけデメリット。ふぞ活の国語力=ゼロ以下
受験対策のYouTubeシフトの理由は、動画=順接でわかりやすく語る=話し言葉のですます調。片やふぞろい自慢=似顔絵・タメ口・合格自慢の3点セットで悪目立ち。(100字)

今日のまとめ

使おう、同等・対比・因果の論説文3パターン
中学程度の国語から一歩も伸びないふぞ活先輩⇔ビジネス文・論説・英文の構造まで視野を広げるデキる君。その差はズバリ一言で、キーワード採点「だけの」はずがない。(100字)
Q
そうか、年1万円のお小遣いで24匹のブラック奴隷労働を強制できるふぞ活ビジネス。そこから自慢を取り上げたら、漆黒の闇?
A

おぅ、記述式採点=キーワード説は猫でも頷く。だがキーワード「だけが」採点基準と言い張るふぞに、Aをつけるにゃ勇気が要るな。

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

4/30発売開始。入手はamazonから、ご本人の告知動画も追加しました。

前年を反省した経験者勢+デキる初学が手を組むと?動画限定で先行公開中です。 ※音が出ます