7/23のふぞ17発売を前に火ぶたが切られた、人類としての生き残りをかけた水面下の足の蹴りあい。同じふぞろい採点をするなら、ぼっちよりチームが良くね?7/18(木)から参加者を募集します。

★As-Is競争

数の力と数値の力【筆記合格発表編】

(前)6,161×17.7%=1,088名
(予)7,000×17.1%=1,200名
(実)7,082×16.6%=1,175名

目標1,500名に遠く及ばず、レンジ下限の1,200名すら下回る。コロナ試験でコストを掛けた割には、相変わらず茹で蛙のキョーカイ様は渋チンな。

いえ、あのチキンな茹で蛙にしては1,200名弱はよくやった。そして無事卒業を果たした方は、史上最大級の合格同期とヨコでつながるチャンスです。

そして12/20(日)口述試験は、コロナであろうが遅刻・欠席はご法度。合格浮かれポン吉になる前に、夜の街とクラスターには気をつけろ。

数の力と数値の力【筆記合格発表編】

巷で言われる通り、診断士合格は人生をプラスに大きく変える。そしてそのチャンスを最大化するのが、「数値の力」な。

1⃣筆記1,175名合格の読み方

・本来940名の合格枠比で大幅増
・過去最高(1,185名 2014年)の更新はならず

2⃣地区別合格数/率

※合格者番号の数/地区別受験人数により、筆記発表時点でおよそ推定可。
・東名阪では、名古屋が合格率トップへ
・大阪は合格数では前年増も、合格率ではドンビリに転落
・その他地区は順当に増加

地区別合格枠は、前年需給を反映して各キョーカイ様が恣意的に決めやがる?それは決して答えが出ない、都市伝説の深い闇です。

3⃣受験/合格平均年齢 (2次結果は口述結果発表後)

・経験上、合格枠増+出題傾向変化は年齢引き下げ効果が
・2020年「1次」合格年齢は大きく低下
・2020年「2次」の合格平均年齢に注目

速報まとめ~数の力と数値の力

2次の勝負は、知力・コミュ力・時の運。

本日、試験の卒業を見事に決められた方、この度は大変おめでとうございます
・この先、デジタルなロジカル重視がさらにラディカルに進むと、「知力」はビジネスを戦う上での大きな武器に。
・そこで企業経営者と対等に渡り合えるコミュ力を鍛え、ついでに時の運まで味方につけた。このチャンスを最大限に活かさない手はありません。

では、たまたまラッキーパンチにぬか喜びの浮かれポン吉多数派試験サークル勢を横眼に、数値の力を活かして先手を取ろう。明日からの当サイトは、最新合格体験記が早速始まります。

■■ここからテンプレ■■

-★As-Is競争

PAGE TOP