この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【ラスト2週のピーキング】学習時間をやや削り心技体を整える

試験2週間前から本気スイッチ。

診断士試験対策では「1次」「2次」を問わず。スクールの講師や周囲の学習仲間から、試験は2週間前からピーキング、と聞いた方が多いのでは?

そしてこのピーキング、200%間違っても「ラストスパート」とは別物です。

でもでも。この試験には、ピーキングなど呑気なことを言わず、あと2週間死ぬ気でスパートする方たちがいます。そう、「まだ合格実力に届いていない初学スト生」のことです。

そして特定のスクール・サークル・合格スタイルを贔屓せず、5,000人全員に合格チャンスを上げたくってうずうずしている当試験。ラストスパート!派⇔ピーキング派を問わず使える、「ラスト2週の過ごし方」の技術的側面を紹介します。

【ラスト2週のピーキング】学習時間をやや削り心技体を整える

技術側面1⃣ピーキングを使い「本番対応力」を高める

心身のバイオリズムを考えると、試験直前2週間は学習時間をやや削り、試験当日に向けて意識を高める。それは確かにその通りで、リンク先のページにはこんな意見が書かれています。

①当日から逆算したプランニング
②頭と心のバイオリズム
③不安要素を書き出す
④本番当日のチェックポイントのルーティン化
⑤自己効力感を高める刺激の活用

技術側面2⃣ 朝型生活への転換期間

事例Ⅰが始まる当日朝9:40に思考のピークを持ってくる。診断士「2次」の対策の前倒しや外段取り化が年々進み、事例は「80分一本勝負」でなく、前半40分勝負、さらに要求解釈の最初の10分勝負。そう突き詰めると、朝がどんどん早くなります。

リンク先のページには、夜早く眠れるコツがまとめてあります。

技術側面3⃣ 集中力を高める「引き金」効果

物事に集中するには、1週間では短すぎ、4週間では長すぎる。そこで資格試験はその競争度が上がるほど、「最後の2週間」の集中力、見方によっては火事場の馬鹿力への注目が高まります。

リンク先では、「締切を意識した集中力の高め方」を詳しく説明しています。

【ラスト2週のピーキング】まとめ

ラストスパートとピーキングの違いとは何だい?それは前者が「まだ合格実力に足りない」と感じる方、後者が「合格実力ならもう十分」と感じる方が採る作戦です。

ところがその優劣を競う意味はなくって。全員が「人並みでほどほど」答案を目指す試験では、ラスト2週で実力差がほぼなくなります。

試験に勝つ正しいやり方がある、のでなく、
自分に合うやり方を正しく選んだ方が勝つ。

「2次」は5,000人全員に合格チャンス? この噂、どうも本当っぽいです。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP