この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

【260点診断士座談会(下)】「2次」をどうすれば260点?

なんかヤバい試験に手を付けちゃったな。

これだけ苦労しているのに、「1次」は正攻法があり必ず受かる? そのうえ「2次」は正攻法がなく、正しくやっても受からない?

もちろんそんなネットの噂を鵜呑みにしてはいけませんが、

自分の力で正しく掴んだ危機感は、
自分をイノベーションするバネになる。

今回話を伺った、2人の「2次」260点合格者。その「2次」着手スタイルには、意外な共通点がありました。ではどうぞ。

日時:2018年5月22日(火)21:00~22:00
場所:TV会議
パネラー:Kさん(「1次」545点)、Dさん(「1次」540点)
司会F:ふうじん

2⃣「2次」をどうすれば260点?

F:それでは、「2次」対策に移ります。「1次」同様の「不合格になるパターン」の分析、次に受験者の関心が高い、「1次」「2次」ハイスコアモデルの話題です。

2⃣-1 「2次」で不合格になるパターン

試験の「機微」を掴めるか?

K:初学スト生の中で、並行して「2次」対策を進める学習スタイルが注目されています。「2次」を先に知っておくと「1次」の要所を掴みやすい効果もありますが、確実に合格できる「1次」に比べ、「2次」は合否の不確実性が高い。そこで早めに対策しておこうとする動きですね。

D:「2次」にも合格に必要な知識やセオリーというのはあって、「事例Ⅱ」なら4Pやターゲットマーケティングがそれです。でも正式解答が未公表のため、答案をどう書くか、対策をどう進めるかがつかみづらい。そこで自分自身で学習を進めるだけでなく、周囲の意見や見方を知って幅を広げる。その時間を確保するために、早めの「2次」着手が注目されているのだと思います。

F:初学スト生でも、早めの「2次」対策をすると、「不合格になるリスク」を意識し始めるのでしょうか。

K:「1次」の時からの勉強会仲間で、「2次」対策を早く始めた、「1次」本試験も高スコアだった。それでも「2次」不合格になった方は複数います。準備はしたのに不合格。本人に尋ねると、「想定外の出題で崩された」などの意見が出ました。

D:私も早い時期からスクール内外の勉強会に参加し、「2次」には「機微」のような何かが必要と感じました。視野の広さや柔軟性を欠き、自分流のやり方で固めてしまう。または突然の閃きや国語の深読み。実力のある方が不合格になる理由はこの辺でしょうか。

F:自分のスタイルを持って、事前に準備しないと80分では解けない。でもそのスタイルが、出題者の期待とズレても本人は気が付きにくい。その辺りは結構ありそうです。

D:初学者では、「必要最低限の知識の不足」が挙がります。H29「事例Ⅲ」でいえば、第1問は「生産管理(マネジメント)」、第2問が「生産業務(オペレーション)」の出題でした。生産管理といえば、計画・統制・QCD。そこは教わった筈なのに、本番になると思い出せないのは、練習不足が原因の様です。

F:練習不足はダメだけど、深読みしすぎもダメ。事前に想定しないと間に合わないけど、自分のスタイルに凝り固まってもダメ。「機微を感じる」のは、簡単ではなさそうです。

2⃣-2 「1次」540点⇔「2次」260点ハイスコアモデル

「1次」「2次」ハイスコアを両立させた真相は?

F:さぁ、ここでズバリの質問です。お二人とも、「1次」540点、「2次」260点のハイスコア合格ですが、「1次」高得点と「2次」合格には、なにか相関があるでしょうか。

D:教わった勉強法だけでなく、復習を通じやり方を自分なりに改善していく。ここをコーディネートする力が強いと、「1次」も「2次」も高得点になると考えます。

K:コーディネート力をわかりやすく言えば、学習PDCAです。このPDCAを早いサイクルで見直すことが大切ですし、CとAの改善では自分だけでなく周囲の意見を参考にする。ここができると、「1次」も「2次」も高得点になります。

F:「1次」高得点だから「2次」合格というより、「2次」に合格する力があるから「1次」も高得点、なのですね。

「1次」540取れば「2次」260点になるというより、
「2次」に受かる力があるから、「1次」540点。

D:過去問を後回しにせずまず解いてみる。「2次」なら敵を知らないと戦えないから、東名阪ならリアルの勉強会、地方ならWeb勉強会に参加する。このような行動力や大胆力も、「1次」「2次」に共通ですね。

K:まずやってみる、過去問を解いてみる。すると目指す合格ゴールと自分の現状のGAPを最初に明確にできますよね。すると、そこで使う知識は「1次」の中にある。それを使いこなすには、「自分の言葉で説明してみる」。ストレート合格とは、そんな因果関係やサイクルが上手く回った結果といえそうです。

2⃣-3 7月の過ごし方

高得点を目指すやり方は似てくる。でも予想を超える回答が。

F:あと、お二人ともTAC模試も高得点でした。ここも関心の高い所ですが、TAC模試でハイスコアを出した後の、7月の学習スタイルはどうでしたか。

D:実は「2次」対策に注力していました。

K:あら、私も。

D:7月も週35時間ペースで学習しましたが、うち10hが「1次」、25hが「2次」対策です。答練やTAC模試が予定通りのハイスコアだったことで、このペースで予定通り進めれば「2次」ストレート合格を狙えると考えました。

K:私とDさんは、模試や本番の点数がほぼ同じですね。私も同様に、「2次」は1回で受かろうと考え、具体的には7月中の「事例Ⅳ」対策に時間を使いました。

F:「1次」は独特の難易度のブレがあり、スト生の7月は「1次」専念とばかり思っていましたが、今はそうでもないのですね。今後の試験ブログで、そこがどう文章化されるかにも期待が大です。では最後に、本日の座談会の感想を一言お願いします。

D:「1次」や「2次」で高得点を目指すと、その行動パターンは共通してくる。その印象がより強まりました。

K:共通しているとの意見に、私も同感です。Dさんの話をこれだけ詳しく聞くのは初めてですが、本当によく似ていると思います。

【260点診断士座談会(下)】まとめ

「1次」540点→「2次」260点を取るコツを教えてもらおう。

そんな助平心で開いた座談会は、想定外の回答と意外な共通点が。

「2次」260点に奇手妙手はなく、人並み以上の「2次」対策をやっていた。

なんだがっかり、読んで損した? いえ、そうでもないです。このお二人、「高得点を目指すやり方は似てくる」と言ってます。そして、

成功パターンを言葉にすると再現性が生まれ、
それを組織内で学習するとチームの強みに

そう、この試験は独学でも合格するけど、組織学習力を上手に使うともっと面白い。では7月の試験ブログで最初にイノベーションを起こすのはどのチーム? そんな所にも注目です。

ふぞ採点は5,000人のマストに
競争を高めて今年でイチ抜け
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP