読みにくいキーワードを詰めんじゃねーよ(by 採点係)。そんな得点開示の行間を読みたい時は、2/8(水)21:00持ち寄りカンファにGOです。

キャリア&スタイル

【当選カウントダウン】登録後の期待にようこそ〜国語×美術の優等生

2割のクジを人生で一度当てればかなりバラ色。そのバラ色をさらに黄金色に変えるチートをシリーズで紹介します。

活躍診断士~独占業務がない分やり放題

①診断士は○○しなさい等の制約はゼロで、②自分のやりたい所で診断士カードを切ればほぼ万事が上手く行き、③話題のデザイン経営もそれって戦略+組織論+マーケ?の一言で。(100字)

合格前と登録後で何が違う? それは「職業上の守秘義務」~ギルドの仲間入りをすることで、リアル儲け話の声がかかる点です。

診断士:キャリア⇔スキルの2択が可能
①キャリア志向ならこれまでのジョブをリセットして本腰を入れ、②スキル志向なら自分の手持ちカードが1枚増えて、③両者共通の強みは話し相手の思考を手に取る様に読み取れる。(100字)

相手の思考の読み取り力=国語(ロジカル)×美術(デザイン)の優等生
思考の文章化(コンセプチュアル)やビジネス鳥瞰図を描く力(グランドデザイン)は上級マネジメントスキルとされ、試験を上手に使うとそれが備わる。(100字)

登録後の黄金チート=知識×知人を網の目状
①ニューラルネットワークとは脳神経細胞の構造を指し、②与件→答案までの変換作業は知識を扱うスキルを高め、③自分のやりたいコトで多様な知人とツナがるとコミュ力UPへ。(100字)
もう一つの登録後チート=目的に応じ仲間を募る
①診断士=×キャリア、○スキル志向の時は、②ビジネス上協力を求めた時に正しい答を返す知人が不可欠になり、③自称合格者様なら誰でもとはいかずノウハウ系はお断り。(100字)

何を隠そう、当サイト調べによる「相手の期待を裏切るNo.1」=ふぞろい10年データブック。あんな断片知識を持ち出されたら、ツナがる話もフイになるだろ?

今日のまとめ

Q
今年で試験のクジを当てる幸運なあなたに、今日はお祝いメッセージ。世の中のデジタル進化がさらに加速するとき、「戦略論」「組織論」「マーケ」をたまに解き直す。すると世間的に望ましい方向に知識がツナがる?
A

登録診断士の強み=情報の入口⇔出口までの処理が素早く迅速。10年データブックで試験はたまたま2割受かるかもでも、競争上のコアコンピタンスを外注するのは感心しません。

■■ここからテンプレ■■

-キャリア&スタイル

PAGE TOP