【受験スタイル(上)】アーバンスポーツな試験にようこそ

昨年まで40,000円必要だった「TACの赤本」がより使いやすくなって、乗り換え割引2,600円(税別)の驚きキャプティブ・プライスに。そのベストな使い方を、当サイトがさっさと決めておきました。

キレイな国語路線一択の「Ⅰ〜Ⅲ」のベストな使い方が揃うのは、まだまだこれから。今日からまず「Ⅳ」の週10h×3wで、正しい解答プロセスを身につけます。

「Ⅳ」はどうせ猫でも60点で、かつ70点を狙う上値は重たい。そこで最初に得意化すると、12週の後半は「Ⅰ〜Ⅲ」のキレイな国語に集中できます。 ■■テンプレここまで■■
都市とスポーツが有機的な融合を果たし、日々進化を遂げていくアーバンスポーツ
次世代のスポーツとして今後大きく発展していくことは間違いない。そしてその軌跡はアスリートたちの努力や活躍と共に、スポーツの歴史に深く刻まれていくことだろう。
出典:SEIKO HEART BEAT Magazine
Q
TOKYO→PARISへとタスキがつながり、大ウケ間違いなしのアーバンスポーツ。資格試験情報サイトのクセに、その人気にあやかる気で満々?
A

そしてネットの3大コンテンツとは、恋愛・占い・(試験に)モテたい。恋愛以外の2要素をフルカバーする、このヘンテコな評論サイトの活躍の場が拡大な。

【受験スタイル】アーバンスポーツな試験にようこそ(上)

試験合格枠が1,200→1,500→1,800へ爆増すると、「試験合格だけでは」ふぞろい・パクリ=試験サークル以下のゴミ扱いに

そこで①たまたまくじ引きに過ぎない試験の当落に目くじら立てず、②自分がやりたいスポーツを楽しみながら、③高く・早く・遠くに加えて美しさも競う。

もちろん、その日本語がキレイであるほど、「2次」で加点される。そんなこと、「ふぞろい先輩以外には」常識すぎます。

2022年に挑む学習スタイルは4通り
①通学(お布施30万円)
②ド苦学(テキスト代2万円)
③ネットワーク(通信講座で6万円)
④他資格
スタイル①~③の合格率はどれも2割前後で変わらず、デジタルネイティブが主流な時代では、どれだけお布施するかのコスパ重視になります。
評価軸❶:五感と語感
人間は、五感を使っているとき、思考できないのです。そこで思考が止まり、すぐに”今ここ”に戻ってこられる。それをマインドフルネスと言います。
出典:mindful.jp

この試験のクエストは、×今のアンタがどれだけデキるかより、〇変化を受け止めどれだけ成長するか。そこで音声講座・コミュで傾聴・リスクの嗅覚など、五感を高めて語感を磨きます。

評価軸❷:自立型
世の人類を2つに分けると、自立=情報発信型と、他律=郷に入れば郷に従う他律型。どちらが好みかはお任せですが、試験問題の作問上、他資格保有者は優遇させる設定です。

弁護士なら余禄、会計士ならステマを見破る視力、社労士なら辛抱強い気力。いずれも「2次」試験での加点要素な。

今日のまとめ

仮にも難関国家資格の、裏情報No.1サイトでありながら
正直言って、資格試験に受かりたいのに、アーバンスポーツやら五感を持ち出されても、何が何やら。ところが伏線が見事に回収される、推理小説顔負けのハラハラに、クセになる読み手も続出です。
Q
そうか、野郎共。2022年の試験がどう変化・進化するかはイマ現在進行形で決定中。スポーツクライミング並みにドキドキするね?
A

特に、これ以上勉強のしようがないのに、5人に1人しか合格させない「2次」筆記。「苦しい」「ド苦学」など弱音を吐くから負けで、「楽しい」「ネットワーク」が主催側好みのスタイルです。

当記事はYouTubeでも配信中

■■記事はここまで。以下は固定のバナーです■■

最新の都市伝説=近年AAAAや270、280点超えの高スコア合格が爆増し、その共通点はキレイな国語。そこで今年最初に事例を解くときは、あえてWord打ち+推敲のキレイな書き方に時間を割きます(詳細後日)。
あの一言多いクセを改め、短文で発信するとなんだか上手く行く。それは読み手の時間を取らせず、単位あたり情報発信量が高まるからです。