この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

秋の変化は想定範囲【祝開幕、サクラ受験】

【サクラ受験コラム⑧】
試験要領の窓口配布は本日17:00まで、大きな郵便局なら今夜一杯受付可。受験者を増やしたい主催側&合格枠を増やしたい受験側が手を組むサクラ受験では、「2次」採点を「1次」受験者有利にシフトさせる効果もあります。(100字)

世に巻き起こるドラゴン桜2ブーム。バランスよく頭を良くするには、英語学習も欠かせません。

たまたま受かって一年自慢(ふぞ)⇔確実卒業を決めてさっさと稼ぐ(デジタル)。同じ人類扱いされたら、ムッとしてOKな。

秋の変化は想定範囲【祝開幕、サクラ受験】

そこであのたまたま合格サークルが、逆立ちしても出来ないトコから始めよう
なぜ「1次」初受験&サクラ受験をすると「2次」採点で優遇されるか、3つの変化を想定します。

想定❶ スト合格者の本格増加

頭がキレると普通に受かる

解説

五輪開催を口実に「2次」対策期間を11→15→11週に変動させると、「変化に強い層」から順に卒業へ。
具体的には、①R2は「2次」対策を伸ばして初学者を優遇し、②R3は「1次」をよりしっかり学習させて初学者優遇へ。(100字)

想定❷ つられてサクラ合格枠も増

「1次」学び直しがプラスの効果

解説

ふぞ200hで受かる「2次」は実質くじ引き化し、勉強するほど落ちると判明。
また「2次」作問&採点基準=初学者優遇シフトと猫でも気づくと、経験者組も競って「1次」の学び直しを進め、競争の質を今年で大きく高める。(100字)

想定❸ 8割落とす試験の本領発揮

解説

くじ引き「2次」でも8割落とせば、見掛け上の難関試験
その時、ふぞ&ベテが「わかってない」とされるのは、合格手順・ノウハウばかり書きたがるから。違うよ、落とす試験は「1次」同様、落とし穴の方に注意します。(100字)

今日のまとめ

サクラ受験の開幕ワンポイント

  1. この日程変更の狙いに気づくスト組は、例年以上に「1次」習熟度を高め、優遇措置も併せ大量スト合格へ。
  2. 主催側の狙いは、「2次」より「1次」を勉強しておいで。2年目組が「1次」を学び直すと競争の質が高まる。(100字)

たまたま合格(will)⇔確実卒業(be going to~)の差。それは計画的な「1次」受け直し、つまりサクラ受験で開幕します。

うん、初学優遇&「1次」シフトが年々進む当試験
その進化すら見逃すベテに、秋の新作事例は容赦ない変化で待ち受ける。それなら話は簡単、今日まで間に合う「1次」を受け直し、初学と同じ位置から出直すことです。(100字)

ふぞ発売で戦いスタート
これまでと違う勝負はここから
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP