この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

新旧ハッカー白黒対決【覚えよう、サクラ受験の八か条】

【サクラ受験コラム⑦】
試験の歴史を振り返ると、①スクール全盛→②得点開示→③ふぞ流キーワード採点→④それって違くね?「2次」採点は常にその年の多数派を狙い撃つので、年間で最も合格自慢をした流派の逆を選ぶのが安全策になります。(100字)

そして鎬を削って発展した出題⇔受験技術の白黒が、意外な所で決着へ?

ホワイトハッカーとは?

ハッカーとは本来「コンピュータについて高度の技術・知識を持つ人」を指します。その中でもサイバー攻撃を仕掛ける人をブラックハッカーやクラッカーと呼び、反対に知識と技術を善良な目的に使う人をホワイトハッカーと呼びます。

出典:OCA大阪デザイン&ITテクノロジー専門学校

試験に2回落ちた腹いせに、長文ノウハウで試験を攻撃するのがブラックハッカーな。

新旧ハッカー白黒対決【覚えよう、サクラ受験の八か条】

そして世の中、黒に近いグレーが一番儲かる
それは①周囲が知らないグレーを最初に攻めて、②収穫逓増・先行者利益・参入障壁をイタダキし、③それで主催側の願う受験者増→自由競争→合格枠増なら採用選考で優遇へ。(100字)

どうみても正直者には見えないこのサイトが、合格枠を拡げるまさかのホワイトハッカー? 日曜劇場以上の謎が謎を呼びます。

では秋に白黒つけるため、まず8月試験をピンクに染めよう。サクラ受験に役立つチェックリストを用意しました。

覚えよう、サクラ受験の八か条

  1. 完全マスター使用禁止
  2. 使う知識は直近5年分
  3. 超絶尖がり要らない子
  4. 解き方変えて縦横無尽
  5. 自分の言葉で言いカエ(同等)
  6. 対にして語彙を増やす(対比)
  7. A→B,B→Cの順で説得力(因果)
  8. Ⅳは問題集の連続回転

「2次」一発卒業のコツは、教わるよりもかんガエル。上の8つを自分の言葉40字で説明してみます(5点×8=40点)。

回答例①:完全マスター使用禁止

暗記苦手の原因は、市販過去問集のヘタクソ解説。2年目はネットを使い自分で調べる。(40字)

回答例②:使う知識は直近5年分

「2次」のサプライズ知識は初学者優遇のため、直近5年の「1次」過去問から出す。(39字)

回答例③:超絶尖がり要らない子

反面ベテを優遇する気はなく、仮にスクールが予想を当てても配点を変えて没問扱いに。(40字)

回答例④:解き方変えて縦横無尽

「1次」を領域・年度・難度別に数回解くと、知識がツナガりそのまま「2次」用知識に。(40字)

回答例⑤:自分の言葉で言いカエ(同等)

国語力UPへの最初の基本は、要所を掴み・冗長表現を避け・知識を増やす短文要約を。(39字)

回答例⑥:対にして語彙を増やす(対比)

語彙=世代を超えるコミュニケーション力であり、対比を使って効率かつ計画的に磨く。(40字)

回答例⑦:A→B,B→Cの説得力(因果)

オジサン文に多い逆接・倒置は読みづらく、A→B→Cの因果でキレイな日本語を書く。(40字)

回答例⑧:Ⅳは問題集の連続回転

「Ⅳ」対策に限りランダム解きは逆効果。問題集を1冊選んでまずひたすら回転学習を。(40字)

今日のまとめ

サクラ受験八か条のワンポイント

  • 主催側は合格スタイル多様化狙い。昨年のベテ一掃で初学ゆとりが殖えた反動で、今年の事例は再び変わる。
  • 受験生支援と称する「2次」ノウハウは主催側への敵対行為。そこで「1次」知識を世間に広めるサクラ受験を。(100字)

我こそが白と譲らない、長文オジサンvs.評論ベテ。そりゃ今年の採点基準でサクラ咲く方が、ホワイト確定です。

そして主催側の好みは創意と工夫
ふぞ一本でも2割たまたま受かる理由は、これまでの受験技術が中途半端なせい。40×8=320字で最新のコツが広まると、今年は猫でも採用して競争の質を上げ、合格枠をおっきく拡げます。(100字)

ふぞ発売で戦いスタート
これまでと違う勝負はここから
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP