これまでのアナログをこれからのデジタルに。知識・スピード・当てはめ力を加速します。

さぁ、ステップとキャリアをWでUP【試験と仕事にモテるスタイル】

驚きのホワイトサイトへ

名古屋のネイリストの顔より下品な文章を書き殴るここのサイトが、なんとホワイトを詐称しくさる? それは情報過多の時代は常に二極化する一方、主義・主張・干渉しすぎは外部効果を生み、社会的厚生を損なうためです。(100字)

そして試験や仕事のスタイルは一つじゃない
①全国統一・天下布武を合言葉に同友館布教に励むのれんバトンさえ蹴倒せば、②その先には多様なステップやキャリアを自ら選べる、③オトウサン的に好ましい社会の実現へ。(100字)

ちな、外部効果とは要するに公害・口害・迷惑行為な。

こらこら、天に唾するとバッチいぞ。ついでに年30万円するスクールノウハウを無断でパクるのれんは、迷惑行為そのものです。

さぁ、ステップとキャリアをWでUP【試験と仕事にモテるスタイル】

そう、主義・主張・干渉しすぎを止めれば、試験と仕事でWにモテる? では本当にそうなのか、自分のステップやキャリアのスタイルとセットで検証します。

❶モテる男、10の特徴

①常に自分をアップデート
②清潔感が抜群
③自然体、一緒にいて心地よい
④素直に爽やかな好意
⑤昆虫っぽい動きがない
以下省略
出典:kaigaihanno.com

ほう、女性と仕事と試験にモテるコツ? まぁ手っ取り早いのは、モテない奴の逆をすることな↓。

❷肩肘張らない自然体~やれば出来る子?一発道場

①単なるゆとり②いけ好かないクソガキ ③長文ポエムおじさんなる3バカを揃え、今月たっぷり隣のサイトにいじってもらえた一発道場。でもマウントを止め、自分をアップデートした自然体なら、今年はモテを再現可能に。(100字)

今時facebookバカじゃあるまいし、自分を盛ったり、友達自慢に夢中になるから周囲が呆れる。そうでなく、素直に自然体の方が仕事でモテます。

❸スタイルやUI重視へ~Webビジネス誌に学ぶ

「TBCのヒヨコ」「取材の学校」モデルで知られる通り、診断士の複業先にWebライティングが有望なのは、ビジネス知識を求める読者ニーズ⇔士業の威光が合致するから。そして試験ブログも、よりビジネス誌に近づきます。(100字)
画像:Money Lifehack

日経ビジネス~読者数最大、幅広く俯瞰的

日経ビジネスは書店が取り扱わない、定期購読専門の週刊誌。だいたい誰かが「ウチでも購読しよう」と言い出すので、会社に備え付けてあるのを見掛けた方も多いはず。

今時、ビジネス週刊誌を読み漁るゆとりはない。そこで以下3誌のコメントは、こちらの記事を拝借したぜ。

週刊ダイヤモンド~エンタメ性が高く、グラフやランキングが得意

“誌面には、データや分析の資料をたっぷり掲載。図版やチャートなどが多用されているので、少ない時間でも効率よく内容がつかめますよ。”

東洋経済~やや硬め、深めに斬り込むリベラル派

“専属の記者集団が徹底取材し、独自データによる鋭い分析のもと、ランキングや図解を用いたわかりやすい記事をお届け。”

PRESIDENT~隔週刊。学歴や教育ネタは世継ぎを意識?

“国内外の経済評論家・投資家・スポーツ選手などが登場するコラムや連載企画が充実しているため、難しく思われがちな内容でも飽きずに読めるでしょう。”

今日のまとめ

ほう、何か? ここのクソなサイト主は、ぬけぬけとホワイトを自称し、次はビジネス週刊誌でもリプレースする気か。

ちげーよ。診断士が逆立ちしても、株式投資で奴らにゃ勝てない。それよりレスポンシブなサイトデザインや、ですます調のキレイな国語の書き方を、頭を下げて学びます。

そう、①ビジネス誌に負けずに診断士が日本経済をリードするには、②キンキラキンの修飾解読不能系タメ口ポエムの相手をする暇はない。③そこで試験と仕事にWでモテるスタイルを選び、2月からいざ突っ走ります。(100字)

これまでのアナログをこれからのデジタルに
クリックする度に試験が進化します↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>人物本位の採用面接試験への備え

人物本位の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテを狙い撃つべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「ムキになって勉強するほど受からせない」姿勢を明らかにしてきた採点側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP