この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

200%ミライスタイル~サイト改題のお知らせとこれから

さぁミライを始めよう

診断士って、補助金申請業のことでしょ? こらこら、それでは視野が狭い。①診断士が助成金パラワークまっしぐらなのは、②国家施策としての複業定着の一環に過ぎず、③目指すのはその先にあるミライの働くスタイルだ。(100字)

そして改めまして、新年あけましておめでとうございます
①前年にステマ系旧弊サークルを葬り、②新年は複業パラワーク専念かと思えば、③見据えるのはその先にある人材ニーズのデジタルシフト。つまり複業先と本業でWにモテモテなのが、当サイトが今年目指すスタイルです。(100字)

世の中、デジタルだトランスフォーメーションだと騒がしいが、デジタルを使いこなせる経営者や人材は全く足りねぇ。

そこで診断士といえば、①7科目の知識をロジカルに使いこなし、②ICTのデジタルだって引けを取らない。③その活躍可能性に目をつけない手はありません。

200%ミライスタイル~サイト改題のお知らせとこれから

さて今年の当サイトは、診断士の活躍範囲拡大や地位向上に力を注ぎ、そこに求められる知識セオリーの習得手段に試験対策を使う
そう、サイト名や色合いの他にも、これまでにないこれからが今日から始まります。

では2021年の始めにあたり。これからの診断士のミライを占う、3つのスタイルを並べて行きます。

スタイル1⃣ 試験対策のデジタルシフト

■便利なものは一度使うと味を占め、使いこなせないと情弱扱い
Studyplus:時間+進捗管理、SNS機能も
Studying:音声講義は暗記に有利
iPad類:重たいテキスト不要で隙間学習
PDF添削:「2次」通信添削はスピード命へ
Zoom:「2次」面接対策にコミュ力UP
facebook:オジサン専用SNSもまだ現役
Googleスプレッドシート:学習内容共有
画像:Google Play

アルファベットが付く学習ツールはデジタル物が多い。こいつらを使いこなすほど、短時間でスコアがUPな。

スタイル2⃣ 試験の情報コストをゼロにする

■「1次」対策は研究し尽くされ、蟻一匹這い出る余地なし。「2次」対策は旧弊ノウハウの無効化が宣言され、多様なニーズに応じた乱立時代へ。
スクール動画:技術を鍛えて競って発信
YouTuber系:本人の楽しむ姿が憧れに
試験サイト:ブログが廃れサイトに移行
画像:マイナビBOOKS

「2次」合格者の多様化を目指し、作問&採点基準がサイコロ化すると、ネット情報がピンキリに氾濫してまとめるコストが増える。そこを下げてゼロにするのが、ここのサイトの役割です。

スタイル3⃣ 情報発信力~100字一段落のキレイな日本語

■YouTube全盛になっても、サイトは残る。その理由は、士業開業にはHP保有がマストであり、試験対策コンテンツは入門編として集客しやすいため。
さらに「2次」は原則「国語の読み書き」であるため、わかりやすいキレイな日本語を使う訓練になり、情報発信力も上がります。
画像:BANK ACADEMY

もちろん複業・開業が軌道に乗れば、試験コンテンツとはサヨウナラ。10年以上居座りやがるのは、当サイト・あの先生・合格サギおばさん位な。

えっへん。読まれるブログを書くには、一発パクリ野郎が一生知らない決まったコツがある。一番大事なのは、①1記事3分で読める様に原則1,800字で構成し、②100字一段落のキレイな日本語の因→果で構成すると尚可です。(100字)

今日のまとめ+新年の抱負

さぁ今年のミライを始めよう
作問技術が進化し受験技術が一巡すると、これまでの試験対策や過去問を繰り返す必要が年々薄れる。そしてアフターコロナのこれからの診断士への期待は、デジタルを使いこなし、ロジカルに周囲を味方につけることです。(100字)

そこで今年は、①試験対策のデジタルシフトを加速し、②カンファ形式で集めた情報を常に無料で発信。③それが100字一段落かつ1記事1,800字=毎朝3分で読める内容であれば、YouTubeとの棲み分けで試験のイノベーションに。(99字)

しっかし、いちいち(100字)、(99字)と、新年そうそう鬱陶しいな。

いえ、どうせ相手が情弱だからと、読み手を無視した長文自称ノウハウを日々垂れ流すあの支援サークル。アレは一から十まで何一つ世間をわかっていません。

そしてこの記事はほぼピタリ1,800字に。そう、100字一段落メインの3分で読める記事がこれから作る試験のミライが、今日から早速始まります。

暗記で伸びる夏が来た。
朝の跳ね起きついでにクリックを
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP