アンチふぞろい

【わかりやすいキレイな日本語答案】これからのmust 5

さぁ今日から試練の10月。月替わりはブログの注目度が高いから、どのサークルも、今日にベストの記事をぶつけてきやがる。

図:地頭5要素×ビッグファイブのつながり
当サイトオリジナルであり、のれんバトンのパクリは厳禁

協調・外向・誠実・開放・精神安定性(今日が正解やん)=ビッグファイブ。のれんバトンにゃ欠片もないトコを、品揃えです。

ビッグファイブ
(今日が正解やん)
内容や特徴
出典:mitsucari
地頭5要件
協調性他者への配慮や共感能力❶コミュ力聞かれた事に答える
外向性新しさ、ポジティブへの反応度❷直観力知的好奇心
誠実性真面目、責任感、やりきる力❸理解力ロジカル
開放性連想力や感受性。非パクリ❹発想力デジタル(モジュール)
精神的安定性不安、ネガティブへの反応度❺応用力耐性、冷静

ところが合格者様が群れて、傷を舐め合い→褒め合い→同友館ステマ。試験サークルの内輪受け+不誠実さには、もう読み手一同呆れるばかりだねっ。

わかりやすいキレイな日本語答案【これからのmust 5】

試験サークル? あんなヘタレと下手にツルむとビッグファイブの真逆へ。まともな社会生活を送りたきゃ、アレはやめとけ。

そこで今年必ず試験を卒業すると、心に決めたあなたのために
当カンファの誰もが頷いた、ふぞベテのれんが一生パクれない解答スタイルをまとめて紹介します。

解答スタイル:今年の勝ち方を2択

最初の2択:今年のチョイスは、キーワード⇔まとめのどちら?
のれんバトン:キーワードさえ盛れば2割で受かる。
まとめ派:設問解釈×想定読み→構文を意識したきれいな日本語
出典:「まとめシート」流!を前提に、許可を得て加筆

もし悩んだり・訊かれたら、「まとめシート」流参照で手間要らず。勝ち馬に乗るとは、こういうコトな。

次の2択:スコアUPに重視するのは、読む?書く?
のれんバトン:秘伝の与件国語読みを発動し、設問文にまっしぐら
まとめ派:昨年世間をあっと言わせた、座席指定方式。今年は当サイト独自の構文として、みるみる発展中だ。

ふぞベテのれんノウハウは、伝統的に「読む」ことに偏重。その逆をやる=構文を先に決め、与件文は探すだけ。

最後の2択:後輩相手の合格自慢⇔高単価のパラワーク
で、結局、のれんバトン⇔まとめ派はどこが違うのさ?

そりゃ、考え方やライフスタイルの全てが真逆。
①半年かけてやっとわかった「ボクが試験にうかった理由」自慢=のれんバトンとすれば、②そんな所はさっさと通過し、パラワークのヨコでつながるのがまとめ派だ。

具体的解答手順:①設問解釈→⑤設問別マーカー

全体像 overview

①デジタル設問解釈
+②レイヤー

のれんバトン:設問解釈とは、設問文を一字一句国語読み。
まとめ派:レイヤーから、与件に書かれた知識を浮かべる。

ありがとう1,000DL。レイヤー×抽象化ブロックシート知識のギョーカイ標準は、当サイトがイタダキな。

③解答要求

のれんバトン:EBAが折角3つにまとめてくれたのに、少し目を離すとすぐパターンを殖やす。
まとめ派:答案再現性確保のため、パターンは安易に増やさない。必要に応じミックス対応で。

A) 情報整理B) 期待効果C) 助言
主な時制:カコ現在ミライ
解答難度:BCD
主な要求語:
SWOT
理由
説明
メリット
課題
対応策
解決
新規
提案
助言
中小企業診断士として
As-IsTo-Be
To-Do
How to
Should do
社長が知っていること社長がやりたいこと社長が知らないこと
与件を整理し、因→果で並べる用意した因→果の構文に、根拠をコピペ1次知識の並列列挙
(転載)「まとめシート」流!による、解答要求定義の3パターン
  • A)情報整理:与件文に書いてある情報を読み取り、整理して記述する問題です。
  • B)期待効果:事例企業が何らかの行動をとったときに、今後事例企業にどのような効果や影響がもたらされるのかについて与件文の記述と1次試験の知識を元に考え、記述する問題です。
  • C)助言:与件文に書かれている情報や1次試験の知識を元に、今後事例企業がどのように行動すれば良いのかについて助言する問題です。

これからマス目に書くのは、A~C社長も知る与件のコピペか、診断士だから知るセオリーか。後者=助言は当たりにくいので、箇条書きの知識乱打も辞しません。

④構文(syntax)

のれんバトン:解答構成? それは、与件キーワードをコンプしてから考える。
まとめ派:わかりやすいキレイな構文を用意し、当てはまるキーワードを与件で探す。
画像:基礎から始める英語学習

①文頭②箇条書き③因→果④文末
初頭効果:
聞かれたことに答える
読みやすさ分かりやすさ
説得力
終末効果:
わかっている感
・理由は~
・課題は~
・~に対応する。
使う
使わない
※センテンス数
30字×3
50字×2
100字×1
含めない(列挙)
含める(因→果)
読点内(~により~する)
読点またぎ(①であり、②~する)
期待効果を書く
書かない
座席指定方式

7,000枚の採点に忙しい45人のオトウサンのために、読みやすさを追求した成果が構文な。

おまけ:80分で解くには要らない子

×与件文の国語読み(AAS)
×多面解答(MMC)
×時制処理
×解答の一貫性(LEC)
×キーワード豪華主義(ふぞ)
×オジサン同士のディスカッション

こらこら。でもなぜこんなふっるいノウハウは要らない子? その理由が知りたい方は、明日の記事に注目です。

今日のまとめ

のれんバトンといえば、あの噂の丸パクリ。でもなぜ急速に読み手が呆れた?

そりゃYouTubeで全て丸わかりの時代に。あのクソな長文ポエムは、読むだけ時間のムダだろ?

ほう。この動画は「1次」向けだが、東大地頭ブームの時流=これからのマストを、ちゃっかり押さえてやがる。

そして80分では解けない試験では、全ての回答をわかりやすいキレイな日本語=因→果で書くのは難しい。でもそこを諦めてキーワードに逃げるのはまだ早い。

それは、常に自ら考える姿勢をあきらめなければ、地頭が良くなり、ビッグファイブもオマケで付いてくる。そして試験に受かるスベるより、ビジネスで組む相手に選んでもらえるか。そちらの方が200%重要なのは、一々書かなくても、当ったり前なのです。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

-アンチふぞろい

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5