設問解釈

【トリセツ】「現場対応力」を競う試験へ

更新日:

「現場対応力」を競う試験へ。

実力十分受験経験者に取り、今一つ面白くないのが今から2週間。

・実力十分経験者が本気を出すのは、ラスト2週のピーキング。
・手綱を緩めるこの時期に、初学スト生が続々合格実力に到達。
・実力差は歴然なのに、昨年「Ⅲ」の様な傾向変化で一発逆転。
どうせたまスト?いえいえ、当サイトの狙いはこう。

△アナタのストレート合格を応援します!ではなく、
○合格情報の非対称性を解消。努力・実力順に合格する試験に。

そして昨年「Ⅲ」の変化に気を良くし、今年狙う二匹目の泥鰌が、

「現場対応力」を競うこと。

スト合格の決め手仮説:設問分析→現場対応力

「2次」筆記の題意を最新口コミ情報でくくり直すと。

当サイトが得た、最新口コミによる合格条件

傾聴力(聞かれたことに答える)
×外段取り化
(鮭が来たらこうっ)
×現場対応力
(最後の2択がCランク)

言い古された受験技術も、少し言い直すとまだまだ新鮮。では初見パターンのびっくり問題に、過去のスト合格者がどう「現場対応」したかと言えば、

A:ボクたち多数派合格者はこう考えるのです!
B:設問分析の記憶を辿り、近いパターンにあてはめ。

受験者5,000人の多数派は、過去問5~10年分の問題と答えを全て暗記した。出題側がそこに気づくと翌年事例は、過去にない新作パターンを必ず用意。その時、

実力十分経験者
→「これは初めて見たでちゅ!」とあわあわ。
たまスト初学者
→過去問を知り過ぎず、「こんなことカナ」とあっさり対応。

過去問の分析、すなわち設問文のエクセルコピペを持ち歩き、一問一答力を磨く位は誰でも気づく。でもその時、

・自分なりの分類で、自由自在に分析。
・その分析を重ね、自分の勝ちパターンを決める。
・試験委員渾身の新作パターンを「現場対応力」で処理。

過去誰も言及したことのない、「現場対応力」の磨き方。それがごく当たり前な「設問分析」の仕方にあると実証すれば画期的。

そこで先々週(手法)、先週(分析軸)に続き、今週は「現場対応力」の視点で設問分析をトリセツ。

3軸マトリクス(1) 解答要求×難度×レイヤー

工夫次第で、タテヨコ2軸+1の3軸までを分析可能。

分析
  • (青)1全体戦略×1整理分析は必ず当てるBランク
  • (青)事業戦略まで含め1整理分析は当てやすいBCランク。ここを当てさせないと全員0点、足切続出だからだぞ。
  • (黄)2事業戦略は、「Ⅰ~Ⅲ」が一番問いたい事例の柱。ここの正答能力(傾聴力×回答パターン)が合否のカギ。
  • (赤)1企業戦略でもD難問、3付帯戦略のC問題など、通常から外れたパターンのカバー力もカギ。

3軸マトリクス(2) 解答要求×用語×難度

マトリクスは軸を自在に入れ替え。用語10分類が最重要。


分析
  • (青)SW・OT・メリットの現状把握3兄弟は根拠の抜きで必ず稼ぐ。
  • (緑)理由・説明・情報の現状分析3兄弟も十分稼げる。
  • (黄)課題・対応・提案では、アイデア次第で答えが割れる。この回答パターンをいくつ持つかがカギ。
  • (赤)助言問題は一般に時間も足りず、当てにくい。自分の回答スキルに応じ、対応を変える。

3軸マトリクス(3) 解答要求×用語×レイヤー

解答要求=用語10分類が使い易い。+レイヤーを組み合わせ。

分析
  • (青)軸をどう切っても、SW・OT・メリットは稼ぎ所。
  • (緑)機能戦略(Ⅰ=人的資源管理)は、「1次」知識を書けば点をくれるサービス問題BCランク。
  • (黄)事業戦略は、現状分析+根拠を的確に使わないと当たらない。ここが合否を決めるCランク。

さてここで、先読みモニターのご意見を紹介。

  • どうせ予約投稿済なら、先に見せてしまえばいいのでは。

はい、では今週の記事を、先読み公開いたします。

事例Ⅰ分析 事例Ⅱ分析 事例Ⅲ分析

今日のまとめ

事例出題は毎年どこかが必ず変わる。「それはあなたが現場で考えるのです!」「いやいや、最後まであきらめない!」で済ませてきたのがカコの1,000円ノウハウ。

いやいや違うよ。

誰でもやってる設問分析の深さの違いが、
現場対応力の違い。

それは単なるぶっとび仮説か、誰もが認める本質か。さぁ残り4週、一発逆転チャンスの仕掛けはまだまだたっぷり。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-設問解釈

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.