設問解釈

【スト生の弱点】事例Ⅰ~Ⅲの違いと対応

更新日:

「Ⅱ」はスト生有利、「Ⅲ」は経験者有利。
この噂は本当かい?

A:従来はそうでした。「事例Ⅰ~Ⅲ」をレイヤーで眺めると納得です。

事例の本質 戦略傾向 レイヤー1⃣
戦略レベル
レイヤー2⃣
解答要求
レイヤー3⃣
解答方針
知識適用力 互角 事例Ⅰ
全社戦略
組織作り
傾聴力
変化の認識
知識
物知り博士
上から見下ろす
変化対応力 スト生有利 事例Ⅱ
営業活動
儲かる仕組み
市場創造
拡大・成長
その場の機転
明朗活発
外向きハツラツ
安定品質 経験者有利 事例Ⅲ
生産活動
解決実行
原因追及
収束・安定
ノウハウ
無口で真面目
内向きコツコツ

 

「事例Ⅰ~Ⅲ」は伊達に3つ並ぶのでなく、
それぞれ違うスキルを受験者に課し、その合格価値を高める。

各事例の要求を突き詰めると、「その場の機転」のⅡ=スト生有利、「ノウハウ」のⅢ=経験者有利で確かに納得。ところが、得点開示世代=70点再現答案から学習を始めるスタイルが中心になると、こんな古臭いモデルは一掃。

そこで一歩先行くミライで自分が勝つために。①「事例Ⅰ~Ⅲ」をレイヤー化して自分の強みを探し、②そこから勝ち方を選んでみるのはいかがでしょう?

Part 1:自分の強みを3択~どの事例が得意?

レイヤー1⃣戦略レベル

Ⅰ→全社経営戦略、Ⅱ→営業活動、Ⅲ→生産活動で考える。

多数派が考える「事例の構成」
→「Ⅰ組織・人事」「Ⅱマーケ」「Ⅲ生産」とヨコに並べて考える。
「Ⅰ~Ⅲレイヤー」の捉え方
→「Ⅰ全社経営戦略」を一番上、「営業」「生産」をタテに従属させる。

※ただしⅣは今回考慮外。

レイヤー2⃣事例の解答要求

深く分析するため、表のタテヨコを少し工夫。

解決課題 解決姿勢 達成目標
事例Ⅰ 組織作り 傾聴力 変化の認識
事例Ⅱ 儲かる仕組み 市場創造 拡大・成長
事例Ⅲ 解決実行 原因追及 収束・安定

先の表の「解答要求」をさらに3分割すると、「Ⅰ~Ⅲ」はこう並ぶ。

解決課題
→組織作り、儲かる仕組み、解決実行の順
解決姿勢
→傾聴力、市場創造、原因追及の順
達成目標
→変化の認識、拡大・成長、収束・安定の順

すると。「Ⅰ~Ⅲ」の出題パターンじゃだいたい読める(=ストーリー化して覚えやすい)ぞ。

事例Ⅰ: 組織作り→傾聴力→変化の認識
今の組織が何かギクシャク。既に答えを持つA社長の自説を拝聴。
事例Ⅱ: 儲かる仕組み→市場創造→拡大・成長
市場創造至上主義。そのための根拠もターゲットも豊富に用意。
事例Ⅲ: 解決実行→原因追及→収束・安定
安定重視の生産部門は、環境変化に常に後手。さてどう改革するか。

 

レイヤー3⃣事例の解答方針

Ⅰ~Ⅲの違いをレイヤー化すると、解答方針にも違い。

必要能力 思考タイプ 解答態度
事例Ⅰ 知識 物知り博士 上から見下ろす
事例Ⅱ その場の機転 明朗活発 外向きハツラツ
事例Ⅲ ノウハウ 無口で真面目 内向きコツコツ
必要能力
→知識、その場の機転、ノウハウの順。
思考タイプ
→物知り博士、明朗活発、無口で真面目の順。
解答態度
→上から見下ろし、外向きハツラツ、内向きコツコツの順。

面白いのは、「事例Ⅰ」⇔「Ⅲ」を比べた違いは、過去の「初学スト生」⇔「受験経験者」の違いにピタリ重なること。得点開示前の傾向でいえば、

スト合格者
→主に「Ⅰ」タイプ。知識、博識、やや上から目線。暴れる。
他に「Ⅱ」タイプも。
受験経験者
→「Ⅲ」タイプ。ノウハウ、真面目、内向きコツコツ。堪える。

 

参考:自分の得意事例を決めつけるのは慎重に。

一般に「組織が得意!」「マーケが得意!」と自分で決めつけがちだけど、そうでなく。

  • 3事例が要求するスキルはそれぞれ異なる。
  • 得意は伸ばすが、意識して不得意事例に取り組む。
  • すると3事例バランス良く、自分のスキルが伸びる。

「2次」筆記はテストというより教育機関。この試験、知れば知るほど、意外と良くできてるな。そう感じ始めたらしめたもの。

Part 2 :今年の合格スタイルを仮決め

最初の表に戻ると、「2次」筆記で観察される能力は以下の3分類。
  1. 知識の適用度 ~聞きたい知識を知ってる・使える。
  2. 変化の対応度 ~不測や初見の事態に対応できる。
  3. 安定品質 ~同じ問には同じ答えを返す(答案の再現性)
「2次」のミライは、2.変化への対応度 重視へ

ぶっちゃけ極端な話。今の「2次」は、「1知識」なら全知識、「3安定品質」ならふぞろい。合格レベルの受験者は、この2つ(またはそれに準じるモノ)をフル活用して「2次」に臨むから、ここではもう差がつかないぞ。

それでね。「2変化の対応」方針は、主に以下の2パターンある。

ノウハウ重視派:
私たち合格者はこう考えるのです!
知識重視派:
そんなの大きなお世話。お前と一緒にするな。

初見や不測の事態に直面した時。

  • 過去のパターンに沿って処理するか
  • 自分の知見から新たな組み合わせで対応するか

この2つは相反し、最後の局面では相容れない。10月本番でどちらにするか、どこかで決めなきゃいけないぞ。

今日のまとめ

「スト生の弱点」。そう大層なタイトルつけても、「事例Ⅰ~Ⅲの違いが不明なまま本試験突入」なんて、得点開示前のカコの話。

70点再現答案の入手から始まるイマの「2次」対策では、レイヤーレベルの技術の違いは本試験の点差にならない。

するとこれからミライの点差は、いよいよ「現場対応力」の勝負へ。さぁ、努力・実力順に合否を決める時代まで、あと一息。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-設問解釈

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.