設問解釈

【朝3分の思考訓練】2-1設問解釈

【今日のフェイクニュース】
あの恣意的な「高得点答案」により、「与件文の国語読み」「キーワード盛り盛り」に退場宣告。
5,600人が一列横並びにされ、コロコロ転がされる試験では、誰でも70~80点答案を探して真似をする。その時、最初にOUTになるのが、上の2つだ。
画像:「まとめシート」流掲載のものに一部加筆

80分間のプロセス? 5,600人が本試験で一斉に取り組むとき、青:赤の比率はおよそ2:8な。

ゆとり国語のバトンでも、図解と色分けなら気づく。悔しいやら恥ずかしいやら、答案と顔がセットで真っ赤に。

朝3分の思考訓練【2-1設問解釈】

今日の記事も約1,600字。3分測って読み込むと、のれんバトン信者と大差が開く
そう、となりのサイトは30秒で流し読むのに、与件文にはウンウン唸って珍解答をひねり出すのがふぞ先輩。
彼らを反面教師に、3分かけて読み取る癖をつけると、3か月で国語力の差が開きます。

そこで当サイトが今朝用意したのは、1⃣「レイヤー×解答要求」の2軸に絞ったデジタル設問解釈と、2⃣カコ問でなくスクール演習事例を使う設問解釈カンファの話題です。

1⃣AIの時代:アナログだった設問解釈さえデジタルに

80分のバトンの合格自慢をいくら読んでも、病気やケガの理由がさっぱり不明。そこでまず、設問解釈を2軸にデジタル化しました。
①レイヤー→与件の根拠を想定して読める
②解答要求→答案構成が浮かぶ
画像:ニコニコ静画

①レイヤーは与件の根拠を想定するため。②解答要求は記述パターンを決めるため。ズバリ割り切って使います。

そりゃ変数を2つに絞れば、グループワークもサクサク進むな。

2⃣設問解釈カンファレンス

お医者様は尊敬されるのに、同じ様でも金型様は鼻つまみ。その違いに注目したのが、自称なビジネスドクターではなく、本物ドクターの向学心に着目しよう。全員対等で症例を検証するカンファレンススタイルです。

合格者様なんてちっとも偉くない。全員対等の立場で、リアルタイムの受験対策で使った事例を持ち寄ります。

3⃣症例Ⅰ:レイヤーまぜこぜ

「事例Ⅰ」失点の最大の理由であるレイヤー外し。でも複雑にせずシンプルにすると、どの辺でひっかけてくるかの手口が、見えてきました。

出題側の手口で言えば、例えば「組織構造」の正解を用意した上で、設問文であえて「組織行動」に誘導な。

4⃣症例Ⅲ:生産管理と生産現場

「事例Ⅲ」失点の最大の理由であるコンタミトラップ。だが事件が起きたのは、生産管理か生産現場か。ここはスクール主導で対策が進んでいます。
元記事:「Ⅲ」の第2、第4問でなぜコンタミ?

あのオラオラオーラを敵に回すと手ごわい。恐れ多くてのれん&バトンでさえパクらないのが、EBAの強みです。

今日のまとめ

猫でもやってる設問解釈をデジタル化したら、①レイヤー ②解答要求の2軸で済んだ。ではその期待効果は?

そりゃ①与件を読む速度+精度がWで上がるから、80分で事例を解ける。②さらに余計な考えるブレが減るので、回答が安定。③答案の再現性が上がるから、④再現答案は当日スラスラ作って試験を確実卒業だ。(95字)

そうだよ。240点なのれんバトン⇔260点まとめ派では、なぜ?それで?を因果で示す国語力が段違い。ではこの【2-1設問解釈】を起点に、【2-2~5】を読み直すとどう?

通して読み終え、これなら5割イケる手応えを掴んだあなたなら。この続きとご意見感想は、設問解釈カンファの中で承ります。

わかりやすさがマスト、具体的ならベスト
ワンクリックで国語力UPの実感を↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

サイト内検索

カテゴリー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

-設問解釈

PAGE TOP

© 2020 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 Powered by AFFINGER5