スゴロク暗記表

2019年2月27日

蛍の光に窓の雪?イマドキ精神論では周回遅れ。

大学の受験勉強は自宅でしたのに、なぜ社会人になるとカフェ勉、自習室に通勤講座?それは諸説あるけど、「脳の成長に伴い、適した環境が変わる」とするのが有力です。

画像:Business Insider Japan

試験勉強でやってはいけない「寝落ち」。
逆にやると良いのが「仮眠学習」。

社会人の資格学習は、一般に仕事を終えた夜、脳が疲れた状態でやるもの。自宅でつい寝落ちやダラダラしないよう、閉店時間のあるカフェや自習室を選ぶのは正しい選択です。

【脳医学的に正しい暗記】
そして暗記するなら夜寝る直前。①ひたすら詰め込んだら ②ガバっと布団を被りひと眠り。③睡眠は脳をリフレッシュ(デフラグ)する効果があるため、④翌朝見直すとスキッと頭に入ります。

【脳医学的に誤った暗記】
では「寝落ち」はなぜダメ? それは脳の①覚える+③デフラグ整理機能を活かすには、②勉強終わりっの掛け声が必要だから。つまり「寝落ち」は学習効率が悪いばかりか、不適切に記憶が断片化され、ダブルに損です。

ふぅん、さすが4択マーク暗記で国内最強の診断士。暗記も理詰めでするんです。そこで数ある暗記法を、スゴロク風にまとめてどうぞ。

【スゴロク暗記表】スゴロク使ってくだらなく

PPTファイルダウンロード (無料)
使用法(改変自由)
今の自分の暗記は全体のどの位置? 終えた所、これから取り組む所が一目でわかる工夫をしたのが今回の「スゴロク表」です。

当サイトらしく、DL無料、著作権フリーで改変自由。A4で印刷しラミネートすれば、これからの暗記シーズンの下敷き代わりに。これは幸先良く抜け駆けチャンス?

レイヤー1 記憶の構造と暗記の仕組み

記事リンク

暗記をするならマンガがベスト。なぜベストかの説明に頷くと、暗記がスルスル進む特典付きです。また右側はブログ頻出のエビングハウチュの忘却曲線。ちょっとした言い換えで可愛らしく、暗記が楽しく。

レイヤー2 テストに暗記法

記事リンク

「1次」における暗記の出題ウェイトから、新旧様々な学習スタイルを紹介したまとめ記事。こまめに加筆していますがさすがに古臭いので、近々改訂予定です。

レイヤー3 暗記の実際3段階

記事リンク

一発合格まとめシート(後編)にヒントをいただいた、基本的な暗記動作の3段階。こちらの方が最新です。

レイヤー4 「2次」につながる暗記法

記事リンク

「2次」で国語を競うとき、「1次」知識(暗記)が武器になる。「1・2次並行学習」普及につれて広まった、「2次」につながる暗記法がこちら。

レイヤー5 暗記力と「2次」合否

暗記力と、国語の試験の「2次」の合否は関係するのかい? いや、これだけ思わせぶりに書く以上は、何かウラがある。続きは近日公開予定です。