1次Plan:学習計画

科目合格の狙い目とリスケジュール

更新日:

この試験の勝ち方は一つじゃない。

そもそも合格実力者をわざと落として喜ぶ「2次」試験で、誰かに教わる必勝法なんて、ある訳がない。すると先週末のTAC模試で思ったより結果が今イチ。そんな方にもチャンスが到来なのです。

「1次」の難しさ
→覚える量がハンパない。暗記する学習努力がマスト
「2次」の難しさ
→競争の倍率がハンパない。抜け目ない工夫がマスト

この時期スクール、サークルに相談すると、全員が今年の「1次」7科目通過をオススメ。もちろん「1次」合格ならそれで良いけど、その後の「2次」で多年度ループするリスクは、全員が口裏を合わせて教えてくれない。

さらに2020年は「1次」スケジュールが変わり、スト合格増加が必至に。そこで、2019年のうっかり420点合格はWで損だな。今日はそう読み解いた方のために、計画的な1.5年合格に切り替える、狙い目科目の紹介です。

科目合格の狙い目とリスケジュール

狙い目科目

1位:中小
泣く子も黙る丸暗記科目で、覚えた分だけスコアが伸びます。YouTubeはじめ無料の試験対策が充実し、何の不安もありません。
2位:法務
本来は難科目ですが、昨年+8点調整のヘマをして謹慎中なので、今後2~3年は超易化が濃厚です。産業財産権の暗記をまず固めれば、70点を狙えます。
3位:情報
H28得点調整のヘマ以降、2年連続易化です。そろそろ難化が怖いので、テキスト前半の基礎知識の暗記を固めて備えます。
4位:運営
「Ⅲ」で使う高度な知識に注目しがちですが、基本用語の暗記科目です。JIS定義などを深追いしないよう、ポケテキレベルの暗記が○。

今年は捨て・後回し科目

5位:経営
「戦略論」には注力し、「マーケ」は一般常識で。「組織論」は真面目にやっても鉛筆コロコロでも、スコアはそう変わりません。
6位:経済
公務員試験のような記述でなく4択マークなので、ブログで書かれる通り、グラフと知識の暗記でスコアが伸びます。そこに気づくまで時間がかかるので今年は後回し。
7位:財務
知識不足で下手に受かると「Ⅳ」で余計に苦労します。逆に1年基礎を固めると、相乗効果で「Ⅳ」が伸びます。

ふぅん。中小→法務→情報の順で狙うのね。でもそんなドヤらなくても、誰でも知ってるよ。

いえ、誰でも知っている時は、数字の裏付けで差が付きます。

科目合格狙いなら、難易度より標準偏差(バラつき)に目をつける。
①バラつきが大きい「法務」「情報」は早めの合格を。
②「経営」「経済」はスコアが安定するまで時間がかかる。
③来年は「経済」「財務」「経営」が残り、1日目が重たい。
④そこで11月簿記2級(or3級)を取り、「財務」を鉄板化。
「1次」科目別平均点の推移と標準偏差

今日のまとめ

そうか、総学習量は増えても、中途半端に「1次」を受かるより、「経営」「財務」をもう一年鍛えて鉄板化する手はアリだな。

もちろん科目合格狙いをオススメするものではないけれど。7月の学習努力で十分間に合う、暗記メインの「法務」「情報」「中小」はやはり今年でパスしておきたい。

そのメリットとして、2020年試験でこれら暗記系を免除できるので、「2次」に直結する「経営」他の理解に専念しやすい。「1次」知識が不足すると多年度ループ化しやすい現状で、ここは見逃せないのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

-1次Plan:学習計画

Copyright© 200%抜け駆けスタイル 診断士試験 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.