【(TAC新作)みんなが欲しかった】4巻セット10,000円ちょいで「1次」合格?

低価格を叩くには低価格。
ついにTACが本気を出した?

診断士といえば難関資格。講義週2コマ&週25hのストイック学習がマストで、それでたまたま合格20%!そんな通学スタイルが陳腐化し、スタディング(旧:通勤講座)や超速短時間合格に支持が移ると、ついにあのTACが本気を出した?

画像:CYBER BOOK STORE

TAC通学 295,000円
スタディング 44,980円
スピテキ+過去問 30,996円
みんほし+過去問 10,714円

うん、どう見ても競争意識むき出し。

しかし、フルカラーの新作テキストが従来価格の1/3と聞くと。「そんな本では合格できないよ」「ボクの様に辞書より分厚い過去問でなくっちゃ」。とにかく自分の成功体験と異なることは、手当たり次第に「すっぱい葡萄」にするのが試験サークルの掟です。

いやいや、当試験の題意の一つがイノベーション。当サイトらしい、少し変わった書評でどうぞ。

【(TAC新作)みんなが欲しかった】4巻セット10,000円強で「1次」合格?

1⃣「みんなが欲しかった」はどんなテキスト?

要するに、最強「スピテキ」の姉妹版。
60点への絞り込みと分かりやすさが特徴。

重要度:当サイト独自評価によるランク
S:1次頻出+2次で使う最重要知識。理解するまで解き直し。
A:1次60点に必要な重要知識。理解できなきゃ暗記でOK。
B:学習前提または派生論点。暗記できなきゃ鉛筆コロコロ。
C:過去に出題例があるが、もう出てこない捨て論点。

ではどこがどう絞られた?実際に買って比べた、論点数・重要度・収録ページ数の対応表でどうぞ。

2⃣主観レビューの前に定量比較

「ボクの意見!」のネット自慢の前に、客観的な定量比較を。
※上記「論点数・重要度・収録ページ数」をピボット集計。するとデータ上の傾向が浮かび、そこから仮説が出てきます。

データ①収録論点数+ページ数比較(重要度ランク別)

データ+解説

■収録論点数

  • 「経営」「財務」ではスピテキ上おまけ扱いのBランクをばっさり。
  • →「1次」通過にマストの「60点論点」への絞り込みが明確。
  • 「2次」で使うSや重要なAでも、分かりにくい論点は後回し。
  • 「運営」は絞り込みが進まず、スピテキコピペの劣化版に。→でも「運営」スピテキそのものが「2次」対応上はクソなので、現状はこれで我慢。

■収録頁数

  • 「経営」「財務」はS、Aランクの中でもさらに重要論点に絞り、ページ数減を実現。
  • 出題頻度が低いBランクの頁を減らすことで、暗記効率UPへ。→テキストを一読したい独学者には、スピテキより良い。
  • 「運営」は、「経営」「財務」より頁数が多く、暗記にはまだまだ非効率。→まずパラパラめくり、問題集に早めに移る。

データ②収録論点数+ページ数比較(出題領域別)

データ+解説

■収録論点数

  • 「経営」のうち、20論点中16論点を残した「戦略論」を最重視。
  • 「マーケ」は半分ちょっと。「1次」で点を取りにくい「組織論」はバッサリ。
  • 「財務」は、「管理会計」「ファイナンス」論点のテキスト理解が、「2次」対策上マスト。
  • →ここを飛ばして計算ばっかすると、「Ⅳ」落第の多年度コースへ。
  • 「2次」で問われない「制度会計」は33論点→17論点にバッサリ。
  • 「運営」は全く絞り込めていない。スピテキ本体の改訂待ち?

■収録頁数

  • 「経営」「財務」とも、「わかりやすい」「理解できる」範囲への絞り込みが進む。 →過去問の答えが「載っている」とは限らないため、併用する過去問の選び方がポイントに。
  • 「運営」はヤル気があるのかないのか。カラーである以外、スピテキとの差が不明。

この時点で、当テキストの性格がある程度読めてきます。

  • スピテキ準拠により、低価格+互換性の一石二鳥。
  • その分図表やカラーを多用し、わかりやすさを重視。
  • 「1次」60点クリアに向け、「2次」用の参考知識は切捨て。
  • もともと知識がある方には良いが、「2次」対策には物足りない。
  • つまり試験合格より、「勉強に興味を持った」ライトユーザーむけ。

3⃣このテキストを「欲しかった」のは、主に今から学習をスタートする方

データで眺めると、自分への向き不向きも見えやすい。
「1次」60点通過に的を絞り、フルカラーでわかりやすい特徴が説明で、コストも格安。すると以下に該当する方は、本屋で立ち読みしておく価値がありそう。
①これから学習スタートの方
・今年の「1次」はお試しで、手応え次第で本格チャレンジ。
・他資格持ちなど「試験慣れ」。「1次」は軽くイケる自信あり。
②既に「1次」対策中の方
・前半3科目と違い、後半の暗記科目はサラリと済ませたい。
③再受験/保険受験の方
・スピテキよりわかりやすいテキストで、「流れ」を学び直し。

4⃣HPの宣伝文句を鵜呑みにしたら負け。「!」を見たらすかさずツッコミ。

でもね。要はスピテキベースの焼き直し。辞書より分厚い問題集やスピテキが苦手な方が、当テキストで魔法の様にすらすらわかる? そんなことは200%起きない覚悟が必要です。そこでHP上の「!」だらけの宣伝文句に、ツッコミドリルを。

教科書の中身をご紹介!

こだわりのフルカラー図解は、わかりやすいさだけでなく記憶に残りやすい!
→図だけ見たって、問題集で反復しないと覚えません。

充実の脚注!
→要は「続きはネットで検索してください」。

過去問ナンバーで重要事項が一目瞭然!
→過去問マーク数が多い所をつまみ食いするとドボン。知識を「2次」で駆使するには、過去問ナンバーの傾向を自力で分析。

理解度を確認しながら進められます!
→ミニテスト?薄っ!

独学者にうれしい機能がまだまだあります!

学習ガイダンスで科目の全体像や対策が早わかり!
→この薄さで早わかりする神がかり的なセンスがあれば、確かに合格。

科目ごとにバラして使える!
→分冊本とは、中古販売されない対策。

暗記用赤シートに対応!
→暗記をするならポケットブック。

実力養成には同シリーズの問題集がおすすめ!

スピ問の代わりにはなるけど・・。
→しかし収録問題数が中途半端で、帯に短し襷に長し。

世の中、モノゴトには何かメリットがある時、同じ数だけデメリットがあります。メリ・デメを客観評価し自在に上げ下げできないと、「合格さえすりゃ言い放題」扱いなので気を付けて。

今日のまとめ

低価格を叩くには低価格。

当サイトの売りと言えば、TACスピテキ+過去問準拠の「1次」対策。つまり①正答率A~Eランクを意識し、②誤答選択肢の誤りを1つずつ自分で直す。③するとそれが血となり肉となり知識セオリーとなって、「2次」をスルリと最速合格へ。

でもそんな机に齧りつく学習スタイルじゃオジサン臭くてもう古い。だって「1次」はスタディングで済ませ、「2次」はふぞろい+勉強会で十分合格実力に。そこに古典派通学スタイルの典型、TACが割って入るのは、大変興味深いものです。

正直こんなチョロいテキスト2冊で受かるほど、「1次」の暗記は易しくない。ところがTAC出版は何やら勝算ありげ。そこで次回はより辛口モードで、その狙いを探ります。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村