これまでのアナログを、これからのデジタルに。試験のイノベーションが加速します。
  • 2017年6月18日

【2018年合格目標】数字で眺める診断士試験

平均合格所要年数=2.54年 2018年合格に向け、診断士受験を開始、または検討中の方、ようこそ当サイトへ。 「200%ストレート合格」なる挑発的なタイトルが示す通り、「知ってる知らない」だけで合否が決まらないよう、ふだんちょっと隠されがちな所まで土足で踏み込み、日々最新の情報を口コミすることが、当 […]

  • 2017年5月30日

【中小スタートアップ】おや、こんな資料が無料でネットに

TACが太っ腹とは知っていたけど。 出典:TAC動画チャンネル  こんなPDFを無料でネットに掲載されては、試験ブログの出番がない。 ・出題傾向分析と対策 ・H28年度 出題分析表 ・上級講義第①回 中小企業白書 第1~2部 ボクたち自称先輩のノウハウが、受験校のパクりとバレバレ(汗)。 せっかくネ […]

  • 2017年5月17日

【学習仮説】クロスオーバー×インターリーブ

カタカナが四字熟語になった時、 試験のミライを変えるゲームが始まる。 ミライとかゲームとかいつもウザいよ。今忙しいんだよ、後にしてよ。 いえ、そうでなく。目の前の完成答練に一意専心する時期。そときあえて別のコトを考え、投入した努力・実力以上のスコアを叩き出すのがインターリーブ学習効果。 クロスオーバ […]

  • 2017年4月19日

【暗記試験のイロハのイ】暗記のメカニズム+4択吟味○×△法

暗記するならマンガがベスト。 診断士「1次」といえば7科目知識の暗記ゲー。ですが実は暗記するにはマンガが一番。例えば上のイラストを見れば ①百人一首の暗記がテーマ ②恋愛・スポ根・成長要素も盛りだくさん ③広瀬すず可愛い。記憶がスラスラ出てきます。 でも残念。「1次」知識全てをマンガ化するには、診断 […]

  • 2017年4月10日

【2次の闇】誰が受かり、誰が落ちたか

この試験の勝ち方は1つではない 今年の「2次」受験生、特に初学スト生はラッキー。 2016年度合格者数の800人台への絞り込み。 経産省方針たる副業解禁を見据え、診断士受験者増の見込み。 「2次」受験者5,000人確保のため2017年「1次」は確実に易化。 「1次」通過者が予想外に増えると、倍率5倍 […]

  • 2017年4月7日

【不得意科目削減】早送り暗記法 (過去問2日目)

問題集の「答え」を 覚えちゃいました・・ それは素晴らしい。では、問題集の答えを覚えてからが勝負。 不正解時は、正解に一度×をつけたので、心理的な壁がある。 正解するとその壁がなく、正解知識を受け入れやすい。 同時に不正解選択肢にどこか優越感。ここも知識を受け入れやすい。 すると1問で、4~5つの知 […]

  • 2017年4月6日

【不得意科目削減】早送り暗記法 (過去問1日目)

問題集はなぜ「回す」のかしら? その鍵は、「まず答えを覚えてしまう」こと。 問題集を2回、3回解き直すと、自ずと答えを覚える。 3回解いて3回当たる○問題は記憶完了。だから復習不要。 そして連続ハズレ、また当たりハズレの△×問題に注力できる。 それを周回させ、苦手を潰し、得意知識を徐々に増やす。 そ […]

  • 2017年4月5日

【不得意科目削減】早送り暗記法 (スピテキ2日目)

テストにポケテキ 画像:amazon 早送り暗記時の必携ツールがポケテキ※ポケットテキスト。現:要点整理ポケットブック。 なぜそんな本が必携なんだい? ボクはこんな分厚い問題集やテキスト持ってるよ。 その疑問の答えが、「試験に出る所から覚える」。 ポケテキの赤字箇所とはつまり、過去問で問われた所。 […]

  • 2017年4月4日

【不得意科目削減】早送り暗記法 (スピテキ1日目)

忘れたんじゃないよ。 思い出せないだけだよ。 普通の月初でさえ忙しいのに、新年度となればなおさら。すると「あぁ勉強しないと・・」と焦りがち。でもそうではなくって。 時間が取れる時はじっくり、逆に忙しければゆっくり。緩急をつけ、ちょっとした細切れ時間にトライしたいのが、「経営」など他科目で一度解いた問 […]

  • 2017年4月1日

【事例Ⅱのトリセツ】変化を捉える、楽しむ

受験者減+年齢上昇局面で出題側はどう対応? A:出題傾向の変化を加速。 当試験に限らず、資格試験の出題側は「どんな人を合格させるか」を予定。実際の合格者層がズレたら、出題傾向を操作して差異を埋めに行く。 この時、毎年変わり映えしない古典派復古調の他事例と異なり、「Ⅱ」だけはミライを先取りする方向に進 […]

>200%ミライスタイル

200%ミライスタイル

たまたま受かったあの合格自慢は要らない子。これまでのやり方では努力するほど8割落ちると当確した試験で、最低5割で勝ち上がるこれからのスタイルとは何か。
そして合格者様や支援サークルを一掃した先の、次のミライはどうなる? ぜひアイデア・ご意見をお寄せください。

CTR IMG
PAGE TOP