統計データ

2018年12月3日

合格者数データなど、当サイトが集計してきたデータのまとめです。

1⃣受験・合格者数の推移

H30「1次」試験の申込者数・合格者数はおよそ予想できます。

【予想】

21,000人申込、14,500人完走×19%=2,740人合格

この予想ができるのは、こんな前提があるため。①「2次」受験者定員を4,600人にすることを、半ば公言
②経験則上、前年「1次」合格者の6割が「1次」免除で「2次」へ。
③すると今年の「1次」合格枠は、4,600-1,860=2,740人。

さらにH22、H25の「経済」やH28「情報」の様に、得点調整レベルまで爆弾難化するのは、前年「1次」合格数が多く、今年の合格数を絞りたい時。
そこまで読むと、H30「1次」試験の難易度も予想できます。

・「1次」合格者数が多い翌年の「1次」は前年比で難化。
・しかしH22、25、28の様な得点調整科目はない。
【結果】
・「財務」「法務」など、全体的に難化傾向となる。
・しかし「法務」で全員一律+8点の調整が行われ、合格者数は前年よりさらに増加。
 
【表1】 H21 H22
経済
調整
H23 H24 H25
経済
調整
H26 H27 H28
情報
調整
H29 H30
(予)
法務
調整
  2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
【1次】                    
申込 20,054 21,309 21,145 20,210 20,005 19,538 18,361 19,444 20,118 20,116
受験①出走     17832 17,168 16,627 16,274 15,326 16,024 16,681 16,434
受験②完走 15,056 15,922 15,803 14,981 14,252 13,805 13,186 13,605 14,343 13,773
完走率②/①     89% 87% 86% 85% 86% 85% 86% 84%
1次合格③ 3,629 2,533 2,590 3,519 3,094 3,207 3,426 2,404 3,106 3,236
申込者比 18% 12% 12% 17% 15% 16% 19% 12% 15% 16%
受験者比③/② 24% 16% 16% 23% 22% 23% 26% 18% 22% 23%
1-5科目受験 1,622 1,258 1,416 1,836 1,693 1,627 1,771  1,015  1,481 1,638
6-7科目受験 2,007 1,275 1,174 1,683 1,401 1,580 1,655  1,389  1,625 1,598
1次免除④ 1,860 2,363 1,552 1,513 1,984 1,851 1,704 2,135 1.347 1,860
(再挑戦率)   65% 61% 58% 56% 60% 53% 62% 56% 60%
【2次】                    
申込 5,489 4,896 4,142 5,032 5,078 5,058 5,130 4,539 4,453 5,096
受験 5,331 4,736 4,014 4,894 4,922 4,901 4,955 4,394 4,279 5,096
合格 951 925 790 1,220 910 1,185 944 842 828 1,019
申込者比 17% 19% 19% 24% 18% 23% 18% 19% 19% 20%

2⃣「1次」受験科目数別人数・合格率

統計的手法により、受験科目数別人数を割り出すこともできます。

    Posted by ふうじん