この星で一番最後の過去問解説。毎朝ウルっとするか、イラっとしてガバっと跳ね起き学習するか。夏の朝は2択で始まり。

ダウンロードセンター(資料集)

診断士試験は、基礎からしっかり学ぶと1年かかりますが、試験の性格上合格率は低めに設定されます。一方で効率良く学習を進めて先に最速合格し、実戦を通じ後から知識を補う手もある。

そんな不思議な試験では、いま現役診断士として活躍する方の受験時代の工夫が、全員共通の「セオリー」「コツ」としてネットに掲載され誰でも無料で使えます。ブログ形式で日々更新される最新・先端のコンテンツを、こちらのページからどうぞ。

【調整さん】※会員限定ページ

>増枠時代の採用面接試験への備え

増枠時代の採用面接試験への備え

ノウハウ君と多年度ベテの合格自慢を一掃すべく、難関国家資格の称号を投げ捨て、「1次」合格時点で〇〇診断士を名乗ってOKとした出題側。ふぞろい200hでコロコロ2割受かるなら、最新ふぞ14の発売を待ち、その真逆をすれば確実5割はイケるだろう。新たな仮説が始まります。

CTR IMG
PAGE TOP