【ワンチャン】初学有利の「2次」筆記。2019⇔2020どちらを選ぶ?

【ワンチャン】

「ワンチャンス」(ONE CHANCE)の略で、『可能性は高くないけど成功するかもしれない』という期待を込めた気持ちを表現する用語

出典:キーワードノート

「2次」は初学有利のワンチャン試験。
今年受けるかどうするか。

最近どうも学習ペースのノリが悪い。今年の「1次」を受けるかどうしょう、あるいはもう断念しようかな。今日はいつもと趣を変え、「1次」対策が不調な方むけの内容です。

診断士「2次」は、2019より2020年の方が受かりやすい。それなら無理に2019「2次」を受けるより、計画1.5年で2020年のワンチャン狙いを。

「1次は予選で2次が決勝。1次は420点取れば良いのです!」。そこそこ大手なスクールにそんな講師を見かけて苦笑いに。違うよ、イマの「2次」はうすっぺらな国語ノウハウで勝てるほど甘くない。試験対策を1年延ばすなら、むしろ「1次」の暗記を鍛える方が得策なのです。

【ワンチャン】2019試験⇔2020試験、与しやすいのはどちら?

1⃣2020「2次」が2019より受かりやすくなる材料

ミライの予想は、いつもの「風が吹いたら桶屋」式で。

  • 2019「2次」はまだ混沌。どう変化するか予測不能。
  • 2020は試験日程が変わり、「スト有利」と大手校が集客熱心。
  • その変化を嫌った、受験継続断念者が増える。
  • 「2次」受験者5,000人確保のため、「1次」が易化する。
  • 「1次」知識の薄い受験者が増え、知識が厚いと「2次」有利。
  • 五輪イヤーで気前が良くなり、合格枠がもしやの増加?
解説
つまり例年なら8/8(土)の筈の「1次」が7/18(土)に3週間早まるのに、出題側は「2次」日程を変えない。その理由は①一度変えるとメンドウなるお役所発想なのか、②初学有利をアピって受験者増と受験者層の入れ替えを目指そうなのか。国語力でその行間を読み取ります。

へぇ、「2次」初挑戦を2019⇔2020のどちらにするか? それは計画的に決めるのか。

はい、「2次」は毎年難化するため原則早い方が良いのですが、2019→2020は上記の特例に注目です。

2⃣0.5~1年合格:それでも2019合格を狙うケース

「財務」「Ⅳ」が得意な場合→2019合格が狙い目です。

「1次」促成栽培逆転合格法

今年の受験をどうするか思案中だが、「財務」なら得意な方な限定で。

①スタディング法
独学or通学を選んだけど、どうも成果が挙がらない。
→学習法が間違っています。今の業界新標準スタディングの効果(60点狙い・速聴・デジタル問題演習)に注目すれば、今からゼロで始めても8月試験に間に合います。
②超・速学法
とにかく時間がないけど、この試験は1年で受かりたい。
→「1次」は暗記の試験なので、時間をかけることが基本です。そこで時間が取れない方は、「過去問を当てる」までの時間ロスを省き、解かずに答えを先に見て、テストに出る所を覚えます。得点力は下がりますが、420点ならこれで届きます。

「財務は毎日コツコツ」「1日1問」のムダを省き、朝昼各30分+夜1hをフルに暗記に使うと、今から週14h×18週=250h。暗記に絞って言えば、十分な学習量です。

3⃣1.5年合格:2020年目標に切り替えるケース

「財務」「Ⅳ」が不得意な場合→2020合格が狙い目です。

診断士の「1次」は暗記で、「2次」は国語の試験。1年でスパッと受かるのは「もともと国語が得意な方」だから、ここは慌てず、むしろ長期計画で力を鍛えます。

このとき、2019「1次」は無理に7科目一発合格ではなく、「財務」「経営」「運営」以外の4科目の60点科目合格狙いに。

「1次」科目合格狙い+2020逆転合格法

①科目合格狙いのメリット
「1次」低スコア+「Ⅳ」不得手で2019「2次」を通過する見込みは限りなくゼロです。であれば2020年は、「2次」専念より「1・2次同時学習」で基礎知識を鍛え直す。最近の注目はそっちです。
②2020年逆転合格の鍵は「Ⅳ」のヒト並み
8月「1次」を終えたら診断士の勉強を一度止め、11月の簿記2級に専念します。2級は最近そこそこ難しいとされますが、ここを受からない様では「2次」合格はない。背水の陣は効果と結果の自信を高めます。
今後の「Ⅳ」出題は計算→理論にシフトするので、「1日1問計算練習」の弊害を回避できることもメリット。そして12月以降は、「経営」「運営」「2次」の強化に専念です。

今日のまとめ

仮説:2020「2次」は2019より受かりやすい。

この試験は、猫も杓子も我先にゴール目指せば良いってものではなく。「2次」とはどうやら、先入観のない、初見のワンチャンの方が受かりやすい。

そこで、自分の「2次」初挑戦を、2019⇔2020のどちらにするか。競争のゲームは、そんな所から始まったりします。忙しい年度始め。嫌々暗記を詰め込むより、むしろ「1次」の知識欲を満たすのも、悪くないのです。

ボタンを押して今日もイタダキ↓。
試験の進化は待ったなしです。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村