【学習ツールが完全無料】ダウンロードセンターで最新・先端

ネットに溢れる試験対策や無料の学習ツール。でもどれが最新だ?

年々発展する受験技術を活用し、涼しい顔してスラスラ合格。その成功要因が①全体感をまず掴む ②「要するに」と一言メモに ③過去問使ってインプット、の順であると知られてきました。

そうして日々進化する試験で、ブログの読み手+書き手に共通する悩みは古い情報をどう消すか。その解決に独創かつチャレンジ精神で挑んだのが、当サイトのダウンロードセンターです。

前年度の7科目+4事例の試験情報なら一覧化済。
→ブログ形式で日々上書きすれば、古い情報を消せる。

過去問で対策するのは一般に過去5年分。
→H30を追加したら6年前のH25は消す。

「1次」で年20,000人、「2次」で年5,000人が鎬を削り受験技術が日々発展、時に破壊的なイノベーションが起きる当試験。この方法なら常に試験の最新・先端を口コミできるかも? ではその中身をどうぞ。

【学習ツールが完全無料】ダウンロードセンターで最新・先端

1⃣ダウンロードセンター「1次」

初学者がTACに1年通うと勉強量はどれ位? その「どちらかといえばやり過ぎ」な目安の1つが、ダウンロードセンター「1次」です。

【1】受験当時のツールシリーズ

①自作論点チャート

→チャート作りは時間がかかり一般的でありませんが、「経営」「運営」などの「2次」知識科目では一見の価値あり。2009年作成?うわ、古すぎっ! いえいえ驚くのはそっちではなく、使う知識が10年前と大差がないことです。

②スピテキ論点S~Cランク表

→TAC診断士講座では補助レジュメを配ってしまいますが、他資格では「ここがS、ここがB」と人気講師が教えてくれることがしばしば。独学の方の参考にどうぞ。

③講義サブノート

→「要するに」と一言にまとめたシート。後日思い出しやすいことがメリット、作成にのめりこむと暗記がそっちのけになりドボンするのがデメリット。暗記が基本の当試験で、サブノートはオーバースペックです。

【2】サイト過去記事シリーズ

スピテキ斜め読み

→②のS~Cランク別に、③要するに、と一言でまとめ直した過去記事シリーズ。自分の言葉で説明ができれば細かい所の暗記は不要。そんな目安にどうぞ。

過去問タテ解き

→年度別のTAC過去問を論点別に解いていく。元祖争いはしませんが、過去問完全マスターの初版は2013年らしいので、論点別に解く効果はそれ以前から当たり前に知られています。

TAC過去問タテ解き表

→TAC過去問を論点別(スピテキ頁順)に解けば最強じゃね? 「経営」「財務」が2019年度向け更新済で、次は「運営」をやります。

過去問A~Eランク斜め解き

→ヨコ解き、タテ解きなんてもう古い。正答率ランク別に解くと、ひっかけパターンが掴め、周囲に頭一つも二つも抜けてハイスコア。6~7月最直前期向けの解き方です。

2⃣ダウンロードセンター「2次」

「2次」を知るため、最初に入手したいのが「5,000人にマストの入門書」として評判のふぞろい。その真逆の値動きをするため、上手に組み合わせると価値が出るのが当サイトの「2次」記事です。

【事例Ⅰ~Ⅲ対策】

①一発合格もくじシート

→独学系合格者に根強い人気のTBC「抽象化ブロックシート」の知識を「2次」レイヤー別にプロットしたシート。ここに含まれる知識を「要するに」と一言メモにしておくと、「2次」で威力を発揮します。

②要求分類エクセル

→「2次」対策では、過去問の設問文をエクセル一覧にして自ら分析します。誰でも当たり前にやることを、自力でどこまで深めるか。最新体験記の意見に注目です。

【事例Ⅳ対策】

③エクセルダウンロード

診断士の「財務」「Ⅳ」対策が初見問題にからっきしなのは、電卓パチパチに夢中になりすぎ、理論がお留守になっているから。逆にファイナンスっぽくエクセル式に入れていくと、理論がスッキリ頭に入ります。

ねぇ、数年がかりの電卓パチパチ学習ではなぜスコアが伸びないの?それは答えを当てて満足し、それ以上考えようとしないからです。

④出題領域表

1次「財務」合格後に2次「Ⅳ」対策を始める様では、周回遅れ。第1問「経営分析」対策、第2問「CVP分析」対策・・。簿記の仕訳を毎日コツコツやってる場合ではなく、12月から「Ⅳ」対策をスタート。ストレート合格に必要な最新・先端とはそっちです。

3⃣「1次」対策セオリー

当サイトが数年がかりで一覧にした「1次」「2次」の学習ツール。「講師数人がかり」でなく、「1人の頭で理解できる範囲」を示すことがメリットでしたが、その強敵現る・・。というか一瞬で抜き去ったのが、一発合格まとめシート(ネット専売)です。

悔しいので転載許可をもらい、要点を無料で紹介しています。

【学習ツールが完全無料】まとめ

試験対策や学習ツールの最新・先端は、なぜ無料なの?

それは対価を取って顧客の支持を集めると、その顧客の要望に応えるため当試験での破壊的な進化に出遅れる。そんなイノベーション・ジレンマが起きるためです。無料なら、そこを気にせず常に試験の最新・先端を口コミできます。

いや、ネットで評判のあのテキストは、対価を取りつつイノベーションもしているよ?

む、ここは負けてはいられない。では次から3回シリーズで「評判のあのテキスト」を研究します(別名:ステマ)。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村