【運営】過去問タテ解き #8 物流・輸配送管理

今日のタテ解き

#8商品補充・物流はテキスト知識レベルがAB、実務レベルがCランク。

物流論点は学問でなく、現場現品の扱いをどう効率化するかの実学。したがい難しいことは問われず、知ってる⇔知らないの差が基本。

商品在庫管理 →H23第34問(C)、H24第33問(A)、第39問(B)
輸配送管理 →H23第36問(B)、第37問(C)、H24第38問(B)、H25第34問(B)、H26第36問(C)、H27第36問(D)
物流センター(DC) →H23第33問(B)、H24第32問(C)、H26第34問(C)
物流センター(作業) →H23第35問(A)、H25第35問(A)、H27第34問(B)
物流センター(ABC) →H23第38問(B)、H25第35問(D)、H25第36問(B)、H26第35問(A)(A)、H27第37問(C)

商品在庫管理

テキスト知識または一般常識で良く、またここ3年出題なし。パス。

輸配送管理

H26第36問 Cランク

静脈物流に関する説明として、最も適切なものはどれか。
×ア 原材料を産地から工場へ輸送すること。
○イ 再使用や再資源化を目的に廃棄物を回収すること。
△ウ 物流センターから店舗まで配送したトラックが、返品商品を回収すること。
×エ ひとつの企業内で工場から物流センターへトラックで貨物を輸送すること。

#8商品補充・物流論点はテキストレベルABランクが主体、例えば輸配送管理なら、ユニットロード、共同配送など。そこで今日はあえてCランクに注目し、当てに行くか、捨て問かの判断力を磨く。

筆者はなんとなく・・のイメージでウを選んでドボン。テキスト外知識は初見で解けなくて良いので、正解イがそういうこと、とふんわりイメージすれば十分。

物流センター(DC)(作業)

この2論点は、両方を同時に問うケースを含め、年2マーク出題。

H24第32問 Cランク
日本の物流センターに関する記述として、最も適切なものはどれか。
×ア 小売業の専用センターで共同配送を行うと、店舗への配送頻度を高めてサービスレベルを高めることができるが、物流コストは増加する。
○イ 小売業の専用センターは、卸売業者により運営されていることが多い。
×ウ 小売業の専用センターは、クロスドッキングの機能を持つ通過型センターである。
△エ センターフィーは、小売業者の得る利益等を勘案して合理的であると認められる範囲であることが「大規模小売店業告示」で求められている。

当問はエを選びたくなるが、解説によると「そこまで具体的に書いてない」ので×となり、イが残る。大規模小売業だと自前で専用センター運用している!と文句言いたくなるが、地方の小売業まで含めると、数の上では「卸売業者に運営を委託」している数が多そうなので、文句も言えずだんまり。

H26第34問 Cランク 良問

物流センターに関する用語の説明として、最も適切なものはどれか。
×ア 小売業が物流センターの運営を卸売業に委託した際に、小売業が卸売業に支払う費用をセンターフィーという。
×イ 顧客から注文された商品の総数をいったん集めて顧客別に商品を配分するピッキング方法を摘み取り方式という。
○ウ 物流センターで商品を加工し、付加価値をつけることを流通加工という。
×エ 物流センターの在庫を仕分けし、各店舗に配送する仕組みのことをクロスドッキングという。

当問は、仮に「流通加工」の知識がなくても、アイエの間違いにツッコミを入れ正解ウを選べる。このようにテキストレベルの知識を4つ揃えて教えてくれるのが、良問の条件。

物流センター(ABC)

H27年第37問 Cランク

物流センターのコスト削減を目的にアクティビティごとの作業時間分析を行い、下表を作成した。
[#IMAGE|a0354838_20120834.jpg|201608/03/38/|mid|535|259#]
この分析結果から、以下に示す4つのアクティビティのうち、物流コスト削減余地が「最も大きなアクティビティ」と「2番目に大きなアクティビティ」の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
○a ケースピッキング
×b ピースピッキング
×c 段ボール箱梱包
○d 行き先別仕分け
×ア aとb
×イ aとc
○ウ aとd
×エ bとc
×オ bとd

物流ABCは毎年出るし、「事例Ⅳ」の出題候補なので、過去問を全問解いて体得しておく。なお同じ論点が出るが同じ問題は出ないので、当問であれば、

△削減可能時間×数量×人件費単価の積を求める・・と公式風に暗記するより、

○計算方法は現場対応とし、コスト削減余地の高いものから着手。

・・の如く、ふんわりイメージする力を持ちたい。

なお全く余談だが、なぜ物流ABCが必要か?物流ABCを導入するとどうなるか・・?まで自問自答するクセがあると2ヶ月合格レベルに仲間入り。

ポチっと押して「アイデアいただき」。
スッと爽やかにページが閉じます↓

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村

    コメント

    1. 匿名 より:

      ○今の自分が試験対策に「興味」を持ち、日々楽しく「練習」していることが、スト合格の目安。
      ⇒馴染みのない科目ですと少々難しいですが、生産管理は特にイメージがわかないですね(汗)

      • ふうじん より:

        はい、その方の職業により興味を持ちやすい領域が異なります。「運営」は苦手にされがちですので、その分どう興味を持ったかの記事は、今後他ブログの中で紹介されると思います。